終身保険は必要か!?

老後の(死亡した際の)必要保障額。インフレとの関係。老後の生活資金。

  • S 更新日:2014/05/17

view226

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 老後の(死亡した際の)、必要保障額とは何か?

  • せいぜい出てく る回答は「葬式代、、かな??」くらいではないでしょうか??さて、葬式代ですが、 いくらくらい必要でしょう??よく聞く話が300万云々とかいいますが、ぶっちゃけ「どんな豪勢な葬式やればそうなるんだよ!」と突っ込みたいです。
    出典 :終身保険の是非
     

    老後の必要保障額について。以下に続きます。

  • まぁ、どんなものでも銭をかけようと思えばいくらでもかけられますが、大半の人はそういうのは望まないのではない筈。話がそれますが、 互助会など入っておくとそれだけで葬式代はかなり安くなりますし。(所によっては、入会金数千円程度で○割引、とか普通にあります)
    出典 :終身保険の是非
     

    老後の必要保障額について。以下に続きます。

  • 「じゃぁ、、子供に少しでも銭を残したいから、、、かな??」
    別に死亡保障じゃなく、現金でも同じお金です。
    「じゃぁ、、、一体なになのさ???」
    これが答えです。
    出典 :終身保険の是非
     

    老後の必要保障額について。以下に続きます。

  • はい、少 なくとも終身保険で1000万や2000万もかける意味、、一体なんなんだ?と。。(これがそこらのFPやらがコンサルと称して自信もって提示しているから問題。。)皮肉な話ですが、まだ国内生保の定期付き終身のが利に叶ってます。(定期保険の厚さはおいといて、老後は葬式代程度で終身は薄く~というもの)
    出典 :終身保険の是非
     

    老後の必要保障額について。上記の続きです。

  • ファイナンシャルプランナーによるアドバイス。

  • 「インフレ」というものが、深く関係しているそうです。
    以下が、詳細になります。

  • このインフレと終身保険には密接な関係があります。例えば、お葬式代のために300万円くらい終身保険で準備したい、と考えているとしましょう。その300万円が必要になるのは、何年後くらいですか?もちろん突然の事故などで急に必要になる場合もあります。
    出典 :終身の生命保険って必要ですか? - Yahoo!知恵袋
     

    インフレとの関連性について。以下に続きます。

  • だけど多くの方が平均寿命まで生きられると考えてみると、
    ・30代の方であればおよそ50年後
    ・40代の方であればおよそ40年後
    ということになりますよね。
    出典 :終身の生命保険って必要ですか? - Yahoo!知恵袋
     

    インフレとの関連性について。以下に続きます。

  • はたして40年後、50年後も今と同じ300万円でお葬式ができると思いますか?もし今後インフレが年平均2%で進んでいったとしたら、50年後のお葬式代はいくらになるでしょうか?なんと807万円になってしまうんですよ。そうなると、せっかく終身保険で300万円準備していても、ぜんぜん足りません。
    出典 :終身の生命保険って必要ですか? - Yahoo!知恵袋
     

    インフレとの関連性について。

  • ファイナンシャルプランナー

  • ↓それでも、一応メリットはあります。↓

  • インフレのリスクまで考慮出来る人であれば、
    ・お葬式代は保険ではなく他の貯蓄の手段で準備する
    ・突然の事故などで急に必要になる場合もあるので貯蓄が貯まるまでは掛け捨ての保険で準備する
    といった方法がムダがなく合理的な選択だと考える事もできます
    出典 :終身の生命保険って必要ですか? - Yahoo!知恵袋
     

    インフレのリスクを考慮しても、存在するメリットについて。

  •  

    お葬式にお金をかけたくない!と、誰もが思うはず。。。

  • 結果。老後の生活資金にはなります。

  • 勢いが止まらない少子高齢化により、日本の公的年金制度は数十年後に限界がくると考えている方は少なくありません。公的年金に頼れないとなると、自助努力で老後の生活資金を準備する必要があります。
    出典 :2/3 終身保険のメリット・デメリット [生命保険] All About
     

    以下に続きます。

  • まだ、20代、30代の方には老後の生活資金などピンと来ないかもしれませんが、40代、50代にくらべ、公的年金がより厳しくなるのは間違いありません。しかし20代、30代には時間があります。時間を味方にすることにより、多くの老後の生活資金を作ることができます。終身保険は老後の生活資金の準備としても利用することが可能です。
    出典 :2/3 終身保険のメリット・デメリット [生命保険] All About
     

    上記の続きです。