肺腫瘍の手術ができる場合とできない場合について

view68

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肺腫瘍の手術は、治療法として必ず行われる訳ではないようです。
    どんな時に手術が行われ、どんな時に手術以外の治療が行われるのでしょうか?

  • 良性の肺腫瘍の手術

  •  
     

    良性の腫瘍の場合は、何らかの障害が出た時にだけ手術を行います。
    生活に支障がなく、悪化が見られない場合には経過観察をします。

  •  
     

    たとえ良性の腫瘍でも、生活に支障が出る場合もあるようです。

  •  
     

    良性の肺腫瘍の手術後は、以前と特に変わりない生活が送れます。

  • 悪性の肺腫瘍の手術

  •  
     

    手術は、このうちの外科療法に当てはまります。

  •  
  •  
     

    小細胞肺がんの中でも、限局型と進展型で治療法が異なります。

  •  
     

    放射線と抗がん薬による治療なので、手術は行われません。

  •  
     

    こちらも抗がん薬による治療なので、手術は行われません。

  •  
     

    小細胞肺がんの場合は、早期発見以外はほとんど薬による治療と考えて良いでしょう。

  •  
     

    非小細胞肺がんの場合は、早期であれば手術を行います。

  •  
     

    治療後の治癒の確率は、このようになっています。

  •  
  • このように、肺腫瘍の種類によっても手術ができるかどうかが変わります。
    また、悪性の肺腫瘍の手術は、あくまでも早期の治療法です。