ストレス社会で患者急増?ドライマウスの対処法とは

ストレス社会とも言われる現代、ドライマウスに悩む人が増えているそうです。そんなドライマウスの対処法について、まとめてみました。

view144

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ストレス社会とドライマウス

  • ストレス社会とも言われる現代。ドライマウスに悩む人が増えています。
    「職場が変わって口が乾くようになった」「人間関係のトラブルで舌の表面に溝ができた」
    出典 :自分でもできる!ドライマウスの対処法|自律神経を鍛えると口は乾かない
  •  

    ドライマウスはストレスも要因であると言われており、ストレス社会の現在、患者数が増加しているとのこと。

  • など、ドライマウスの原因がストレスと疑われる場合は、心因性の理由によって唾液の分泌が低下していると考えられます。大きなストレスに遭遇して緊張状態が続くと、いつも口の中が乾くなどドライマウスの症状が見られます。
    出典 :自分でもできる!ドライマウスの対処法|自律神経を鍛えると口は乾かない
  • ドライマウス(口腔乾燥症)とは?

  • ドライマウスとは、何らかの原因によって唾液が出にくくなったりお口の中が乾燥して、様々な症状を生じることをいいます。
    出典 :ドライマウスその1
  •  

    ドライマウスは口が乾くだけではなく、様々な症状を引き起こします。

  • ドライマウスの主症状であるお口の乾燥感について、10~90歳までの男女1400名余りを調べた研究によると、「常に乾燥している」あるいは「ときどき・少し乾燥している」と答えた方は全体の42%もいると報告されています(柿木ら、2001年)。
    出典 :ドライマウスその1
  • ◇口が乾く、カラカラする(唾液が出ない)
    ◇口が乾いて話しにくい、あるいはネバネバして話しにくい、会話が長く続けられない
    ◇食事のときに飲み物が必要である、クラッカーなど乾いた食べ物を飲み込みにくい
    出典 :ドライマウスその1
  • ◇夜間、起きて水を飲む
    ◇舌がひび割れる、口の中が痛む、口角炎ができる
    ◇味覚が変わった、味がよくわからない
    出典 :ドライマウスその1
  • ◇耳下腺(耳の前下方)が痛む、繰り返し腫れる
    ◇口臭が気になる
    ◇むし歯がたくさんある、または急に増えた。あるいは入れ歯が何度調節しても合わない、粘膜が痛い
    出典 :ドライマウスその1
  • とくに女性がなりやすいといわれるドライマウス。文字通り口の中が乾いてしまう症状です。これはおもに唾液の分泌不足によって発生するもので、虫歯や口臭の原因になるといわれています。
    出典 :ドライマウス対策方法
  • 唾液は口内の衛生環境に非常に重要な役割を果たしています。唾液によって歯や歯間に挟まった食べかすを除去することができるほか、唾液に含まれている殺菌成分によって細菌の繁殖を防ぐ作用も持っているのです。
    出典 :ドライマウス対策方法
  •  

    唾液は多くの役割を果しており、唾液の量が減少すると、様々な症状を引き起こします。

  • この唾液の分泌量が少なくなると細菌の繁殖が活発になり、虫歯や歯周病の原因となります。
    さらに厄介なことには口臭の元となる臭いも発生することになるのです。口臭をもたらすおもな原因と言われる硫化物も唾液分泌量の減少によって増えてしまいます。
    出典 :ドライマウス対策方法
  • ドライマウスの対処法とは?

  • ドライマウスと診断された場合は、原因を取り除くことが大切です。糖尿病などの病気がある場合は、その病気の治療を行います。薬の副作用の場合は、処方した医師と相談のうえ、薬を変更したり量を減らします。ストレスが原因の場合は、上手に気分転換を図り、リラックスする時間を確保するようにしましょう。
    出典 :ドライマウスの対処法
  •  

    ドライマウスの対処法には、まずその原因を治療する必要があります。

  • 舌の粘膜の再生は2週間なので、保湿を2週間きっちりしてもらうことで味覚障害や平滑舌が改善されることが多い
    出典 :ドライマウス(口腔乾燥症)の原因と対策|小倉歯科|墨田区、錦糸町の歯科
  • ★ドライマウスの対処には、唾液の分泌を促進することが重要です!
    ・味覚刺激:あめをなめるなどで唾液の分泌を促します。
    ・咀嚼刺激:ガムをかむことで、唾液の分泌を促します。
    ・筋機能療法:舌や唇の運動を毎日行って、唾液腺の機能を高めます。
    ・保湿スプレー・保湿薬・保湿ジェル:口の中に塗布することで、口の中を保湿します。
    ・保湿装置:はぎしり防止装置のような形をしており、中に保湿剤などをいれて夜間の乾燥を防ぎます。

  • 心因性のストレスから来るドライマウスは、多くの場合発汗や体温調節などを行う自律神経の影響を受けています。ストレスに負けないためにはこの自律神経を鍛える必要があります。
    出典 :自分でもできる!ドライマウスの対処法|自律神経を鍛えると口は乾かない
  • 自律神経を鍛える方法には、「呼吸法」や「催眠療法」など自立訓練と言われるものがいろいろとありますが、最も確実で誰にでもできてオススメなのは「運動」です。
    出典 :自分でもできる!ドライマウスの対処法|自律神経を鍛えると口は乾かない
  • 自立神経失調症の治療でも、軽い運動がススメられていることからもストレスによって急に口が乾燥したり口臭が気になりはじめたら普段の生活の中で適度な運動を取り入れることで症状の改善が期待できます。
    出典 :自分でもできる!ドライマウスの対処法|自律神経を鍛えると口は乾かない
  • 最後に

  • ドライマウスはそのほとんどが日常生活が原因で発生するものです。ですから日ごろの対策で対処することができます。対策を日ごろから意識して実践することで確実にドライマウスを改善することができるでしょう。口臭に悩まされている人にもお勧めしたい方法です。
    出典 :ドライマウス対策方法
  • 食事をよく噛んで食べるだけでも唾液の分泌を促すことができます。
    ドライマウスにならないように、日頃から運動とよく噛むことを心がけましょう。