知っておこう!多胎妊娠のリスク☆

多胎妊娠は沢山のリスクを背負う事になります☆
そんなリスクを知っておきましょう!

view330

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 多胎妊娠

  • 多胎妊娠とは、2人以上の胎児が同時に子宮に存在することを言います。多胎妊娠のほとんどが双胎(双子)で、一卵性双胎と二卵双胎があります。一卵性の場合、同じ受精卵が分裂して2つになるため、赤ちゃんの顔・性格も似ます。二卵性の場合、異なる受精卵が成長していく為、顔・性格だけでなく、「性格」が異なることもあります。
    出典 :多胎妊娠(たたいにんしん)のリスクについて-赤ちゃんの部屋
  • 多胎の場合、つわりが強く、子宮の増大が早いなどがあります。また、妊娠高血圧症候群にかかりやすくなり、お腹が大きく重たい分張りやすく、切迫早産・早産のおそれもあります。一般的に、多胎の場合、早産になりやすいので早産予防の為にも、8~9ヵ月に入院すろケースが多いのです。
    出典 :多胎妊娠(たたいにんしん)のリスクについて-赤ちゃんの部屋
  • 医学的リスク

  • ①早産と低出産体重児の率が高くなります。早産率は、単胎妊娠10%、双胎妊娠60%、品胎妊娠90%です。 ②双胎妊娠で子供を失うリスクは単胎妊娠の5倍です。
    出典 :女性外来:多胎妊娠のリスクと予防 | リプロダクションセンター
  • ③脳性小児麻痺のリスクは双胎妊娠で4.6倍、品胎妊娠で16.6倍です。 ④そのほか、多胎妊娠だけに発生したり、多胎妊娠で増加する合併症に以下のものがあります。胎児異常、羊水異常、発育不均衡、児死亡、胎位異常、胎児ジストレス、双胎間輸血症候群一児死亡の場合の生存児の神経異常、妊娠高血圧症候群、陣痛異常、弛緩出血など。
    出典 :女性外来:多胎妊娠のリスクと予防 | リプロダクションセンター
     

    リスクは沢山あるのですね!

  • 不妊治療の普及

  • 多胎妊娠は母体と胎児へのリスクが大きい

     

    自然妊娠で多胎妊娠が起こることは稀
    多胎妊娠の中でも双子は高確率で発生する場合が多いですが
    3つ子や4つ子、5つ子となると、その可能性は奇跡に
    近い確率になるそうです!!!

  • 子宮はひとりの胎児に対して適切な大きさにできている器官。ひとり専用といってもいいくらいです。そのため、初めからたくさんの胎児を育てるようにはできていないといえますね。ひとり用の子宮でたくさんの子を育てるというのは、それだけ母体にも胎児にも負担がかかってしまうというのは明らか。
    出典 :多胎妊娠が起こる原因とは? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • まだまだ負担がある

  • どうやって全員にミルクをあげる?
    入浴はどうする?
    どのように外出させる?
    子供が交互に起きたら母親はいつ休む?
    家でも外でも24時間休みない仕事。
    出典 :女性外来:多胎妊娠のリスクと予防 | リプロダクションセンター
  • 子供が同じ大きさで、お下がりを着せられない。
    ベビーベッド、カーシートなども2つ必要。
    もっと座席の多い車、もっと部屋の多い家が必要。
    出典 :女性外来:多胎妊娠のリスクと予防 | リプロダクションセンター
     

    精神的にもありますよ

  • 精神的にも負担

  • まだまだありますよ?

     

    子供は、未熟児で生まれるかもしれない。
    子供の何人かは、健康上の問題を抱えるかもしれない。
    子供の何人かは生存できないかもしれない。
    突然増えた家族に適応できない。
    罪悪感、フラストレーション、落ち込み。
    ここまで考えてしまうのです!

  • 母親が、早産予防(例えば、双胎妊娠では数カ月以上の入院が必要になることがあります)や合併症のための長期入院や、緊急の手術が必要などで、患者さまと病院に負荷がかかります。なにより、早産で生まれた体重の少ない子供は、呼吸・栄養などの全身管理が必要になります。
    出典 :女性外来:多胎妊娠のリスクと予防 | リプロダクションセンター
     

    しっかり負担も知っておきましょうね!