髪の傷みの原因はなに?

髪の毛はどうして痛むのでしょうか?
綺麗な髪を保つための秘訣は?
髪の毛は基本的にとても刺激に弱く、丁寧に扱うのが大切なようです

view231

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 髪の傷みの原因

  • 髪が傷む原因はいくつかあります。ひとつは洗髪の際、乱暴な洗い方をすることです。髪には毛髪の内部を外側の刺激から守るため、毛髪の表面全体をおおっているキューティクルという部分があります。
    出典 :髪の痛み
  • キューティクルは髪につやを持たせる働きをしまが、キューティクルは、摩擦に弱いという性質があり、シャンプーの時など乱暴に髪を扱うとはがれてしまい、つやを失うことになるのです。
    出典 :髪の痛み
     

    髪を乱暴に扱うと、キューティクルという表面の幕が剥がれてしまいます
    キューティクルが剥がれるというのは荷物の包装が剥がれるのと同じこと!中身が傷ついてしまいます

  • 次に髪の痛みの原因となるのは、無理なブラッシングや、髪が濡れたままのブローです。激しいブラッシングの仕方も、やはりキューティクルをはがしてしまうことになるのです。濡れた髪は乾いた髪に比べキューティクルがはがれやすいので、髪を守るためにはシャンプー後のブローは、タオルでしっかり水気を取ったあとにしなければなりません。
    出典 :髪の痛み
     

    やはり髪を乱暴に扱うのが痛みの原因になるようです

  • 髪の痛みの見分け方

  • 髪の痛みの見分け方には、大きく分けて3種類あります。まず髪を見てみることで、髪の痛みは目で見てすぐに分かります。髪の毛先に枝毛が見つかったときは、それは髪が傷んでいるという証拠です。
    出典 :髪の痛み
  • もっともわかりやすい髪の傷み。それは枝毛です

     

    枝毛はキューティクルが剥がれてしまったために起こる現象なのです!

    一旦枝毛ができてしまうと、それはトリートメントでも治すことは不可能で切るしか方法がありません。

  • もうひとつ、髪の傷みを見分ける方法は、自分の髪を引っ張ってみることです。髪が痛んでいると髪の毛は切れやすくなります。引っ張ってみて指がすべるようであれば、それは髪が健康な証拠で、切れることはないでしょう。
    出典 :髪の痛み
     

    軽く引っ張ってみて切れなければとりあえず健康な髪といえそうです
    抜くのとは別ですよ!

  • 髪を指でしごいてみるのも、髪の痛みを見ることができる方法です。髪が健康でキューティクルも崩れたりしていなければ、髪の根元からすべらすようにしてゆっくりとしごいたとき、手触りが悪かったりすべりがとまったりすることはありません
    出典 :髪の痛み
  • 一番の原因は「髪をのばすこと」

  • なぜ、物理的や化学的なダメージより、髪をのばすことが問題になるのか考えてみましょう。
    髪の毛に化学的に傷をつけるのは、パーマや毛染め、ブリーチが一番のダメージの原因となります。
    出典 :髪を傷める原因について|ビタミンC誘導体&手作り化粧品 Self-Care CLINIC
  • 人間の髪の毛は濡れると蛋白質から出来ていますので、水分を吸うと、摩擦の力に非常に弱くなります。
    たとえば足のかかとの皮膚は乾燥すると硬くなり、擦っても皮はなかなか捲れませんが、水に濡らすと簡単に皮を擦りとることができます。
    出典 :髪を傷める原因について|ビタミンC誘導体&手作り化粧品 Self-Care CLINIC
  • 髪の毛も同じケラチン蛋白質から出来ていますので、濡れているときは摩擦に弱くなり、ブラッシングやタオルドライでもキューティクルを傷つける原因となります。
    出典 :髪を傷める原因について|ビタミンC誘導体&手作り化粧品 Self-Care CLINIC
  • タオルドライの基本は、タオルを髪の毛に押し付けながら乾かすということで、たとえば髪の毛に沿って上から下にタオルを動かしながら乾かすとキューティクルを擦り落とすことになりますので、髪の毛を痛めます。
    出典 :髪を傷める原因について|ビタミンC誘導体&手作り化粧品 Self-Care CLINIC
     

    髪が濡れているうちに強く拭いたりブラッシングするのは髪を痛める原因になります

  • 髪が長いほど、痛める回数が多くなってしまうのです

     

    髪の毛を痛める原因をいくつか挙げましたが、髪の長さとの関係は、髪が長いほど、化学的、物理的刺激を繰り返し与えられることに尽きます

  • 髪の毛が一月に1cm伸びるとすると、70cmのロングヘアなら、毎月ブリーチや毛染めパーマをかけると70回もの負担になりますし、髪の毛を乾かずに寝ていたら、これも大きな負担となります
    出典 :髪を傷める原因について|ビタミンC誘導体&手作り化粧品 Self-Care CLINIC
  • ドライヤーをかける時の注意点

  • 髪が長いと面倒だし、早く乾かしたいと思いますよね。でも、そこに落とし穴があります。まずは、濡れた髪を、一気にブラッシングしてはいけませんか?絡まった髪を引っ張るのもいけません。どちらも、ついしてしまうのではないでしょうか?少しずつ梳かし、絡まったら引っ張らずにブラッシングしていきましょう。
    出典 :あなたも髪美人!美しい髪を維持する為にしてはいけない事 | 美容ブログ [女性の美学]
     

    塗れた髪を扱うときは慎重に丁寧に行ってください

  • ドライヤーは、熱風オンリーでかけていませんか?

     

    熱で髪表面が乾燥してしまい、キューティクルが剥がれ易くなってしまいます。

    ドライヤーは、温い送風程度で、根元を先に乾かし、毛先は自然乾燥が理想です