悪性胸膜中皮腫の治療法や基礎知識について

悪性胸膜中皮腫の治療法とは?
悪性中皮腫という病気や症状についてもご紹介しています。

  • mippi 更新日:2014/07/15

view137

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 悪性中皮腫とは?

  • 悪性中皮腫は男性に多く、潜伏期間が数十年間と長いのが特徴です。
    出典 :健康医学情報「悪性中皮腫」
     

    男女ともに発症する病気ですが、特に男性に多く発症するそうです。

  • アスベスト(石綿)が関与していることが多いようです。アスベストを吸い込んでから30~40年位たって悪性中皮腫が発生します。
    出典 :悪性中皮腫
     

    最近日本では、悪性中皮腫の発症を訴える患者が増えており、今後も増えていくと予想されています。

  • 悪性中皮腫の症状は?

  • 悪性胸膜中皮腫のニ大症状は息切れと持続的な胸や背中の痛みです。咳や発熱、だるさがみられることもあります。しかし、まったく症状のないこともあるので注意が必要です。
    出典 :--茨城県厚生連-- やさしい医学解説
  • 悪性胸膜中皮腫の治療法とは?

  • 手術が一般的

     

    ただし、手術時間が長時間に及ぶことなどから、比較的若く、体力がある人に限られます。

  • 胸膜、心膜、横隔膜と肺をひとまとめに全てを切除する胸膜外肺全摘術が行われます。非常に侵襲の大きい手術であるため比較的若く、日常生活に支障のない方(Performance Statusが良好な方)が適応となります。
    出典 :悪性胸膜中皮腫 | がんプロ.com
  • 手術と他の治療法を組み合わせるのが一般的

  • 外科手術だけでは十分な生命予後の延長は望めず、化学療法のみを行った場合とほぼ同じです。このため、化学療法と放射線治療を手術と組み合わせた集学的治療を行うことが一般的です。
    出典 :悪性胸膜中皮腫|対象となる病気|兵庫医科大学
  • 手術をしたからといって、完治しないケースも多い

  • 手術後の再発も多く認められているのも現状
    出典 :健康と医療について-悪性胸膜中皮腫の診断や治療方法
  • 根治的に手術をされても、局所再発、遠隔再発の頻度は高く、手術成績は1年生存率が55%程度である。
    出典 :市民のためのがん治療の会 もっと市民のために シリーズ がん医療の今
  • 進行したステージで手術を実施し命を縮めた遺族も会員の中には複数いらっしゃり、手術を後悔されている方がいるのも現実で、そうした会員からは手術のしすぎが警告されています。
    出典 :中皮腫の治療方法
  • 悪性中皮腫は、予後不良な病気で、非常に進行が早く、診断されてから2年以内に死亡する場合が大部分です。
    出典 :悪性中皮腫
  • 外国では、手術を否定する考えもある

  •  

    日本では主流の治療法である手術も、外国では否定する意見があるそうです。

  • アメリカの胸部外科医たちは、EPPのような大きな手術が、その危険性や合併症を考慮に入れても、行う価値があるのか、何年も論議を続けています。ある研究では、生存期間の著しい延長がみられ、幾人かの患者は術後5年以上元気に生存していると報告しています。
    出典 :悪性胸膜中皮腫に対する胸膜肺全摘術についての論争|ぶーぶーとダディ
  • 様々な治療法がありますが、これといった治療法が確立されていないのが現状のようです。