食後にお腹が張るのは過敏性腸症候群の代表的な症状です!

食後にお腹が張ることはありませんか?
日常的にこのような症状を感じている場合、過敏性腸症候群の可能性が高いと言えます。
現代では、過敏性腸症候群の患者数が年々増え続けていますが、この病気は一体どんな病気なのでしょうか?

view127

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 過敏性腸症候群ってどんな病気?

  • 食後に腹痛を感じ、腹部が張っている気がする。
    そんな不快な症状は、「過敏性腸症候群」が原因かもしれません。
    出典 :食後 腹痛 ガス
     

    食後にお腹が張るのは、病気が原因かもしれません。
    現代では、10代から30代までの多くの人がこの過敏性腸症候群に悩まされています。
    この病気の原因は、ストレスによる自律神経の乱れが大きいと言われています。
    現代社会ではストレスが溜まりやすく、尚且つ若い世代は不規則な生活をしている人が多いようです。
    睡眠不足や食生活の乱れが多い若い世代ほど、過敏性腸症候群になりやすいのです。
    また、真面目で完璧主義の人ほど過敏性腸症候群を発症しやすいと言われています。
    真面目な人は仕事や私生活がうまくいかないと大きなストレスを感じてしまいます。
    このように、食後にお腹が張るのは精神的な問題が大きいと言えるでしょう。
    そのため、病院で検査をしても目立った炎症などは見つからないそうです。

  •  

    過敏性腸症候群は4つに分けられます。
    下痢の症状が続く場合は下痢型、便秘の症状が続く場合は便秘型となります。
    下痢と便秘のどちらも症状がある場合は交代型と呼ばれます。
    そして、お腹にガスが溜まりやすいのがガス型です。
    食後にお腹が張る場合、過敏性腸症候群の中のガス型に当てはまります。
    それぞれの型に特徴的な症状がありますが、4つの型すべてに共通している症状があります。
    それは、腹痛です。
    過敏性腸症候群の腹痛は、便やガスを出すことで治まることが多いようです。

  • 生活習慣を見直そう

  • ストレスを軽減する
    出典 :過敏性腸症候群 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
     

    過敏性腸症候群の場合、原因となっているストレスを解消しない限り症状は良くなりません。
    そのため、なるべく日常生活の中でストレスを発散できるような工夫を行いましょう。
    ストレスが無くなることで自律神経のバランスも徐々に整い、腸の働きも活発になるはずです。
    しかし、残念ながら過敏性腸症候群になってしまったらストレスを発散しただけでは症状は改善されません。
    専門医で診察を受け、薬での治療が必要になるでしょう。
    過敏性腸症候群の場合、病院へ行くことに抵抗があるかも知れません。
    特に、若い女性は便やおならの悩みを相談しにくいですよね。
    しかし、過敏性腸症候群は放置していても症状は良くなりません。

  •  

    過敏性腸症候群の症状を改善するためには、生活のリズムを整えることが重要です。
    毎日なるべく同じ時間に寝て、同じ時間に起きましょう。
    しっかりと睡眠時間を確保することができれば、朝もスッキリと起きることができるはずです。
    体が快調になることで、腸にも良い影響があること間違いなしです。
    また、食生活もリズムとバランスが重要です。
    毎日なるべく同じ時間に、しっかりと3食食べることが大切です。
    このように生活のリズムを整えていくことで、排便のリズムも整っていくはずです。

  • アルコールやコーヒー、タバコを控え、腸への刺激を過剰に与えるような生活から抜け出しましょう。
    出典 :過敏性腸症候群の症状と原因
     

    過敏性腸症候群の場合、腸は弱っている状態です。
    この状態で更に負担を掛けてしまうと、症状は慢性化してなかなか治らなくなってしまうのです。
    そのため、できるだけ禁酒・禁煙・ノンカフェインを心がけましょう。
    また、脂っこい食事も腸への負担が大きいようです。
    なるべく野菜中心の食生活を心がけ、腸内環境を整えましょう。
    このように、過敏性腸症候群では食生活の見直しが重要なのです。

  •  

    また、寝る前まで食事を続けてる人も要注意です。
    食事をした後にすぐ寝てしまうと、胃で食べ物が消化しきれなくなってしまいます。
    その結果、腸に大きな負担が掛かり過敏性腸症候群を引き起こしてしまうのです。
    このようなことから、就寝する4時間前には食事を終えているのが理想的と言えるでしょう。