痩せるホルモン!?レプチン☆

痩せるホルモンをと言われる!肥満信号が出る!
レプチンは効果が沢山ある☆

view211

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • レプチン

  • レプチンは、脂肪細胞から分泌されるホルモンである。脂肪が増えてくると、満腹中枢や交感神経に働きかけて食欲を抑えたり脂肪燃焼を促したりする。ただし脂肪増加が激しいと、血中レプチン濃度が極端に高値を示し、食欲抑制力が効かなくなってしまう。
    出典 :【レプチン】食欲抑制と脂肪燃焼をうながす肥満防止ホルモン | ダイエットSlism
  • 少なすぎても肥満を招くので、適量分泌が理想的であると言える。レプチンは睡眠不足が続くと分泌量が少なくなってしまうため、肥満や肥満を原因とする疾病予防のためにも、十分な睡眠確保が大切である。
    出典 :【レプチン】食欲抑制と脂肪燃焼をうながす肥満防止ホルモン | ダイエットSlism
     

    睡眠不足は良くないですね!

  • 生活習慣で働かせる

  • 規則正しい生活をする

     

    夜更かし、朝寝坊といった不規則な生活をしていると
    自律神経のバランスが乱れて、レプチンの分泌が
    ジャマされがちになるのです!
    夜は早めに寝て、朝も早く起きるといった
    規則正しい生活を送り、自律神経を整えましょうね☆

  • 食事をきちんととる☆

     

    おなかが空いていないのについ食べてしまったりをくり返すと
    摂食中枢の働きが乱れ、レプチンの分泌も乱れやすくなります!
    朝、昼、夜と3食を基本にダラダラ食いをせず
    レプチンの分泌をジャマしないようにしてみましょう☆

  • ストレスがたまると、自律神経のバランスが乱れて、レプチンも正常に分泌されにくくなります。スポーツをするなど、自分なりのリラックス法を見つけて、できる限りストレスをため込まないようにしましょう。
    出典 :"レプチン"の働きを促す3つの習慣で、満腹感アップ! | やせワザ | FYTTE
  • 不妊治療に期待できるそう

  • ネズミの妊娠関与のホルモン。カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究グループは、食欲の調節ホルモンが雌ネズミの妊娠に関与しているのを見つけた。 『レプチン』と呼ばれるホルモンで、病的に肥って不妊の系統のネズミに与えたところ、体重が減少しただけでなく妊娠して子ネズミを生むようになった。
    出典 :レプチン>肥満>ホルモン
  • レプチンが脳の視床下部に作用し、雌ネズミの生殖系を活性化する。妊娠に関わるホルモンが新たに見つかったことは、不妊の仕組みの解明に役立つ。レプチンは95年に見つかった新しいホルモンで、食べる量を調節する働きしか知られていなかった。
    出典 :レプチン>肥満>ホルモン
     

    今後に期待ですね!

  • 不足すると良い事はない

  • ただし脂肪が増えすぎると、血中レプチン濃度が異常に高くなる上、食欲抑制の力が及ばなくなってしまう。またレプチンには炎症作用もあり、これは感染症を防ぐための重要な働きであるが、炎症が激しすぎると健康を害する原因になってしまう。
    出典 :【レプチン】食欲抑制と脂肪燃焼をうながす肥満防止ホルモン | ダイエットSlism
  • レプチンは肥満防止に有効な物質であるが、多く分泌されるほど良いというわけではない。もちろん少なすぎても、糖尿病や脂質異常症など、生活習慣病のリスクが増してしまうのでよくない。なおレプチンの分泌量が減り機能も低下してしまうことを、レプチン抵抗性という。
    出典 :【レプチン】食欲抑制と脂肪燃焼をうながす肥満防止ホルモン | ダイエットSlism
  • ダイエット成功は寝不足解消から

  • 睡眠時間が少ないと、太りやすくなることを知っていますか?理由は、睡眠不足は食欲を抑えるレプチンの減少を招いてしまうからなんです。ダイエット成功のカギは寝不足解消にありと言って過言ではありませんので、すぐに自分の睡眠時間を見直しましょう。
    出典 :【レプチン】食欲抑制と脂肪燃焼をうながす肥満防止ホルモン | ダイエットSlism