生理痛を和らげるには?

生理痛でお悩みの方、症状は人それぞれ、いろいろな対処法をご紹介します。
自分に合った対処方が見つかると幸いです。

view271

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生理痛痛くて辛いですよね

     

    あなたの生理痛のタイプを見極めて、対処法を見つける事ができれば幸いです。

  • あなたの生理痛のタイプをチェック!!

  • 続けて次の体質簡易判別表も合わせて確認してみて下さい。

  • 体質簡易判別表を書きますまるちゃん風。

    典型的なもの8つに絞りました。

    それぞれが単一である場合もありますが、複合している場合もあります。

    (私は3,4つ併発タイプです涙。)

    心当たりがある症状があればチェックして、自分の体質を見てみて下さい。


    ①気虚(ききょ):気が不足しているタイプ

    <症状>
     疲れやすい、少しのことで息切れする、冷え性、めまい、風邪を引きやすい、花粉症、月経量が少ない


    ②血虚(けっきょ):血が不足しているタイプ

    <症状>
     立ちくらみ、顔色が白い、肌がカサカサする、手足のしびれ、目の疲れ、白髪・抜け毛、生理不順 

    気と血は共に影響を与える陰陽の関係なので、両方を併発する事が多い です。
    その場合、「気血両虚」(きけつりょうきょ)といいます。(私はこれです汗。)


    ③陰虚(いんきょ):体を潤し、熱を冷ます働きの「陰」が不足しているタイプ

    <症状>
     口やのどが渇く、手足の火照り、頬が赤みを帯びる、微熱、耳鳴り、寝汗、のぼせ、眠りが浅い、やせ型


    ④気滞うっ血(きたいうっけつ):
     ストレスや精神的過労は続き、気の巡りと血行が悪くなっているタイプ

    <症状>
     精神的に不安定、イライラしたりクヨクヨしたりする、落ち込みやすい、お腹が張ってげっぷが出やすい、
     肌や爪が荒れる、時々胸が痛い、不眠、生理痛・月経前症候群がある


    ⑤陽虚:体を温める力が不足しているタイプ

    <症状>
     全身の冷え性、下痢をしやすい、午後に体調を崩す、やる気が出ない、食欲不振、
     足がむくむ、声に力がない


    ⑥瘀血(おけつ):血がドロドロして巡りの悪いタイプ 
                         (「お」の字が文字化けしてたらごめんなさい。)
    <症状>
     頑固な頭痛、肩こり、関節痛、手足の冷え、シミ・ソバカスが多い、顔色や唇の色が暗い、
     便が黒っぽい、生理時にレバー状のかたまりが混ざる


    ⑦痰湿(たんしつ):余分な水分や老廃物が体内に溜まっているタイプ

    <症状>
     肥満体、暴飲暴食で脂っこいもの・甘いものを好む、コレステロール・中性脂肪が高い
     痰が多い、むくむ、吐き気やめまいがする、頭が重い、体が重だるい

     痰湿には、体が冷えている「寒タイプ」と体に熱がこもっている「熱タイプ」と2つあり、
     選ぶ食材も異なるので、注意します。

    <見分け方>
    寒タイプ:舌に白いベトベトした厚い苔がみられる
    熱タイプ:舌に黄色いベトベトした厚い苔がみられる

    舌の苔とは・・・、舌を爪でひっかくと、取れてくるものです(分かるかな?)

    この苔の量や色などで症状を判別します。
    苔がない症状の人もいます。
    分かりにくい時は、周りの人にあっかんべーべーをしてもらって下さいえへへ
    色々な人がいると思います。


    ⑧肝陽亢盛(かんようこうせい):
     気の巡りを調節する肝に熱がこもり、気の巡りに変調をきたしているタイプ

    <症状>
     いつもイライラ怒りっぽい、高血圧、顔に赤み、便秘と下痢を交互に繰り返す、
     肉付きがいいか肥満体型、めまい、頭痛がある


    以上、8つ体質の特徴を上げました。

    当てはまる体質がありましたかほ?

    一番いいのは、「不調なし」なんですけどねてへ。

    その場合は、季節にあった食材を選んで食べれば、病気知らず ってことになりますえらい!
    出典 :体質簡易判別表|けにさんの おうち薬膳
     

    まずは自分の体質を見極める必要がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 痛み方でも体質がわかる!

  • さて、今回は痛み方です。
    今までにも何回かふれたかも知れませんが、ここで復習と共に
    あなたの痛み方はどうなのか、思い当たるふしはないか
    チェックしてみるのもいいかもしれません。

    きちんと養生をすること、あきらめないで続けることが一番大事です。

    ■痛み方、あなたはどのタイプ?

    痛み方は人によって様々ですが、この痛み方にもタイプがあり
    その人の体質を見極める上でとても大事な事項ですので
    知っておきましょう。
    複合体で痛む人も多く、痛み方も人それぞれなんでよくチェックしてみましょう。

    ☆痛み方その1・・・ 捕まれるようにぎゅーっと痛む。

    生理が始まると、お腹の中に手をつっこまれて、子宮を握りつぶされるように
    痛む。ぎゅーっっっつと。痛みます。
    その時に、お腹を温めると良いタイプ。
    このタイプを ”寒凝お血(かんぎょうおけつ)” といいます。

    このタイプは腹部を温めてあげるような漢方を服用することによって
    改善します。
    冷たい物を飲食しては絶対にいけません。


    字から、イメージしてもらうと、少し分かると思いますが。
    寒(かん)という体にとっては、氷みたいに冷たい物が
    凝(ぎょう)凝り固まってしまったために
    血液が流れないお血(おけつ)という症状を併せ持ってしまった人は
    この様にぎゅーっと痛みます。
    足や腰が冷たく痛みます。普段から下痢しやすい人、
    生理の時などは軟便か下痢してしまう人はこのタイプの痛み方です。


    ☆痛み方その2・・・刺すように痛む。

    お血、このタイプは、ナイフで刺されるようにぐさぐさと痛む人と
    ちくちくちくと針で刺されるみたいに痛む人といます。

    ぐさぐさタイプはお血といって、血液の流れが悪い人、
    ちくちく痛いタイプは色々ありますが、お血(血液の流れが悪い人)
    もあります。菌などが原因で痛む場合もあります。

    血液の流れを良くする漢方を服用されるといいでしょう。


    ☆痛み方その3・・・しくしく痛む。

    例えば生理前、なかなか始まらずに痛みがしくしくと続く。
    又は生理後にしくしく痛むなどの場合は
    虚痛(きょつう)といって、何かが足りなくて痛む場合です。

    例えば生理周期が30日以上の方で経血が少なめの場合は
    血虚(けっきょ)といって血が足りないタイプ
    血液を補うような食べ物。3食バランス良く食べましょう。
    血液を補う、補血薬(ほけつやく)という漢方をオススメします。

    生理前眠くなる、生理中はだるくてたまらない。
    というタイプは、気虚(ききょ)といって気が足りないタイプ
    このタイプは早く寝て、疲れを貯めないようにしましょう。
    生理前後は予定を入れずにゆっくり寝てください。

    補気剤(ほきざい)という元気を補うタイプの漢方をオススメします。


    以上が痛みの大まかなタイプになります。
    皆さんはどのタイプですか、当てはまる物はありましたか?

    私はちなみに、寒凝お血(かんぎょうおけつ)と気虚タイプの痛みでした。
    それはそれは、痛くて痛くて、うー、イタイイタイ!と一人で唸っていましたね。
    今現在は仕事も出来るし、外出が出来ることが夢のようです。

    1日も早く痛みの無い生理を! シーちゃん先生こと峯村静恵でした。
    出典 :痛み方で体質がわかる 生理痛を楽にするための養生方法
     

    痛み方でも症状がわかるのですね。

  • げっけいこんなんしょう【月経困難症 Dysmenorrhea】とはどういった症状でしょう?

  • 月経困難症は、機能性月経困難症(きのうせいげっけいこんなんしょう)と器質性月経困難症(きしつせいげっけいこんなんしょう)に分類されます。
    出典 :月経困難症 とは - コトバンク
  • 子宮内膜症や子宮筋腫など何らかの病気が背景にある「器質性月経困難症」と、冷えや血行不良から痛みがひどくなる「機能性月経困難症」に分類され、生理痛がつらい方の7割は機能性月経困難症です。
    出典 :医師が教える生理痛を和らげる6つの方法 [婦人病・女性の病気] All About
     

    冷え性に悩む女性は多いのですが、器質性月経困難症の症状であり、生理痛に悩む女性の7割は機能性月経困難症だったのですね。

  • [原因]
     月経困難症は、機能性月経困難症(きのうせいげっけいこんなんしょう)と器質性月経困難症(きしつせいげっけいこんなんしょう)に分類されます。
     器質性月経困難症は、原因となる病気が存在する場合で、代表的な病気は、頻度の多いものから子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)(「子宮内膜症」)、子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)(「子宮筋腫」)、卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)などがあげられます。
     機能性月経困難症は、月経困難症の原因となる病気が認められない場合です。この場合、月経時にはプロスタグランジンという子宮を収縮させるホルモンが分泌(ぶんぴつ)され、これにより強い子宮収縮がおこることが、月経困難症の原因となります。
     ただ、プロスタグランジンのほかに、心理的因子、子宮筋収縮因子などが複雑に影響しあって強い痛みがおこり、特定の因子のみに原因を求めることがむずかしい場合もあります。
    [検査と診断]
     原因を調べる検査として、まず、問診と内診、超音波検査(エコー)を行ないます。これらの検査は、一般的に外来受診時に行なわれているもので、これらの検査で不十分な場合や、診断をより正確に行なうために、CT(コンピュータ断層撮影)やMRI(磁気共鳴画像装置)を行なうこともあります。
     また、子宮内膜症の診断には、CA125(腫瘍マーカー(「腫瘍マーカー」))の測定をすることもあります。
    [治療]
     機能性月経困難症に対しては、対症的治療として、鎮痛薬、漢方薬などの内服が一般的です。
     鎮痛薬の種類には、ジクロフェナクナトリウム(ボルタレンなど)、インドメタシン(インダシンなど)、イブプロフェン(イブ、ナロンエースなど)、メフェナム酸(ポンタール)、アセトアミノフェン(サリドンエース、ノーシンなど)、アスピリン(バファリン、エキセドリンなど)などが代表的です。
     市販されている薬のなかには、1種類の鎮痛薬のみでなく、効率よく痛みを緩和するために、さまざまな薬の合剤となっているものも多く、鎮痛に対する工夫がみられます。
     漢方薬は、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などが代表的ですが、漢方薬は体質によって選ぶことがたいせつで、体質に合わないと、効果が現われないことがあります。
     このほか、ホルモン剤を用いる場合や、抗不安薬を用いる場合もあります。
     機能性月経困難症の場合、原因となる因子が多岐(たき)にわたることがあり、個人差も大きいため、有効な薬剤が個人個人で異なることがあります。
     器質性月経困難症では、その原因の治療が基本になります。子宮内膜症や子宮筋腫では、ホルモン療法や手術療法が、卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)では、手術療法や卵巣嚢腫穿刺吸引(せんしきゅういん)などが代表的治療法で、原因疾患の治療により、月経困難症の改善が期待できます。
     ただし、手術を行なった場合には、術創(手術の傷)の痛み、手術にともなう癒着(ゆちゃく)の発生などにより、新たな痛みを生じる可能性もあるため、手術するかどうかは慎重に決定されなければなりません。
     器質性月経困難症においても、機能性月経困難症と同様、対症的治療として、鎮痛薬、漢方薬投与などで十分治療効果をあげることができる場合も少なくありません。
    [日常生活の注意]
     耐えられないような痛み、1~2年の間に徐々にひどくなる痛みがあるときには、産婦人科で診察を受けるようにしましょう。子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫が発見されることもあります。
     これらの病気は、程度が軽かったり、大きさが小さいうちは、薬物による治療が主体となる可能性が高いのですが、大きくなったりすると、原則的に手術となることが多くなります。また、これらの病気は、月経困難症がきっかけとなって発見されることも多く、放置すると不妊症の原因となることもあるため、月経痛が強いときには、検査を受けてみることが必要です。
    出典 :月経困難症 とは - コトバンク
     

    やはり専門の先生に相談してみるのが良いようですね。

  • 生理痛を和らげる効果のあるツボ

  • 《セルフケア》つらい生理痛に効くながらケア - YouTube

     

    つらい生理痛に効く簡単な体操です。

    簡単な運動ですからこれだったら、毎日続けられそうですね。