最近注目されるうつ病の症状についてまとめてみた

うつ病という言葉が注目されていますが、さまざまな症状が出ますのでここでまとめてみました。

view172

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 精神的な症状

  • 何をしても気分が晴れない【抑うつ気分】、今まで好きだったことが楽しめない【意欲・興味の減退】、あるいは仕事に集中できずミスが増える【仕事能率の低下】、悲観的な考えが頭の中をぐるぐる駆け巡る【不安・取り越し苦労】、さらにはイライラしてじっとしていられない【焦燥感】といった状態になります。また、「このまま消えて、いなくなりたい」「死にたい」という思いが強まる【希死念慮】もあります。
    出典 :うつの症状|うつ病、うつ状態|MSD
     

    いろいろな物事について、ポジティブに考えることができなくなってしまいます。

  • たぶん2番目あたりに多い症状。最初のうちは仕事に取りかかれずにグズグズするくらいで、症状が進むと趣味をやる気もなくなってくる。楽しいことをする気になれないのだ。こんな風になりたい、という希望もなくなってくるので、前向きな努力がしづらくなる。
    出典 :うつ病の症状と種類 - うつ病ドリル
     

    ひどくなってくるとおきられなくなるなどの、日常生活を営むのにも支障をきたすことがあります。

  • 思考回路が鈍くなってしまうのもうつ病の症状です。

  • 働く人にとって非常に切実な症状。いわば「仕事ができなくなる」。

    最初のうちは「勘がにぶる」「アイデアが浮かばない」くらい。やがて物事の優先順位が分からなくなってきて、何が大切なのかピンと来なくなる。
    出典 :うつ病の症状と種類 - うつ病ドリル
     

    もの覚えや暗算といった初歩的なこともうまくできなくなって、自責の念でさらに苦しむケースも出てきてしまいます。

  • よっぽど重症でないかぎり、こういった精神症状が1日中最悪ということはない。朝が悪くて次第に楽になる「日内変動」という傾向があるのが一般的。
    「昼からは平気だから、自分はまだ大丈夫なんじゃないか」と思ってると良くない。その変動こそがうつ病の特徴なのだ。
    出典 :うつ病の症状と種類 - うつ病ドリル
     

    しかしここから症状が進んでしまうと、朝起きることも嫌になってしまう所まで行ってしまいます。

  • 肉体的な症状

  • なかなか眠れなくなるという症状を訴える人は多いです。

  • 不眠がうつ病の9割以上に見られる症状で、特に途中で目が覚める不眠がよく起こります。
    出典 :うつ病
     

    逆に不眠の状態が続くことで、うつ病を発症するケースもあります。

  • 食欲も落ち、体重が減ってしまうことがあります。
    出典 :うつ病
  • 体のどこかが慢性的に痛い。これはもう、本当にどこでも起きうる。肩こり、胃痛、関節痛、筋肉痛…
    出典 :うつ病の症状と種類 - うつ病ドリル
     

    頭痛を訴える人は多く、どんよりとした重たい感じがあるということです。

  • うつ病に限らず、ストレスで簡単に症状が出ちゃうのが胃腸。胃の痛み、むかつき、吐き気、下痢、便秘。
    内科の薬はたいてい効かない。原因が胃腸にないから。
    出典 :うつ病の症状と種類 - うつ病ドリル
  • 息がつまって、胸苦しい。
    出典 :うつの症状|うつ病、うつ状態|MSD
  • ノドの奥に物がつかえている感じがする。
    出典 :うつの症状|うつ病、うつ状態|MSD
  • 性的な関心がうすれ、性欲が低下する。
    出典 :うつの症状|うつ病、うつ状態|MSD