今更聞けない!「尿素」って、何?

保湿効果の高いものによく使われている「尿素」の正体って一体、何!?

view160

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「尿素」って「尿」なの?

  • いいえ。「尿素」は「尿」ではありません。

  • 「尿素」と「尿」の関係ですが、
    これは、尿素が最初に発見されたのが、たまたま人間の尿の中だったためこのような名がついただけです。
    ですので、「尿素配合」と書いてあるからと言って、本物の尿が入っているわけではありません。
    出典 :尿素って、何?
     

    「尿」が含まれているわけじゃないんだね。紛らわしいな。

  • 「尿素」とは

  • 尿素(にょうそ、英: urea)は、化学式 (H2N)2C=O と表される有機化合物。カルバミドともいう。無機化合物から初めて合成された有機化合物として、有機化学史上、重要な物質である。
    出典 :尿素 - Wikipedia
     

    む、むずかしい…!!

  • 「尿」の中だけでなく、体内の多くのものに含まれている。

  • 尿中だけではなく動物の血液,体液,とくに軟骨魚類の筋肉に大量(1~2%)に含まれている。ヒトや肉食動物の体内ではタンパク質が分解され,アミノ酸を経てアンモニアとなり,肝臓内で尿素に変換される。
    出典 :尿素 とは - コトバンク
     

    「尿素」は実際、「尿」以外にも含まれてるんだね~。

  • 待って!「尿素」の落とし穴

  • 「尿素」ってすごく保湿効果があって、良いものだと思ってない?

  • もし、あなたが50代よりも若く、乾燥性の敏感肌だった時に、尿素のクリームを顔にぬって角質を溶かしてしまった場合は最悪の結果に繋がりかねないわよ。
    出典 :尿素のクリームは顔に塗らないで!私が副作用を解説するわよ
     

    50代以下で、乾燥肌のあなた!「尿素」を使う時は気をつけて。

  • なんでダメなの?

  • 尿素のおもな効果として、保湿以上に“角質溶解作用”があるんです。これは、ガサガサになった角質層を溶かして削りとるような作用なので、角質が分厚く堆積した高齢者の肌や、角化症と呼ばれる皮膚病には効果的。ですが、若い人の乾燥肌の場合は、ただでさえ不足している角質をさらに削ぎとるので逆効果になってしまうんです
    出典 :若者の肌には効果なし!? 謎の成分「尿素」の作用 | web R25
     

    若い人で乾燥肌の場合は、使わないほうがいいんだ!それは初耳~!

  • こんな意見も

  • 以前、肌が荒れて、尿素入りの、ボディクリームを塗って、しみて、ヒリヒリして、シャワーをかけるのも、つらくなった経験があります…

    それ以来、尿素入りのものは、自分でも、娘にも使っていません。

    肌に良いものなんですよね。でも、あのヒリヒリ感がこわくて、荒れている時に、使う勇気はありません(^_^;)
    出典 :尿素の保湿クリームは、湿疹に塗ってもいいの?|子肌育Blog アトピーに負けない生活。
     

    合わない人もいるみたい。初めての人は少しずつ試すのがおすすめ!

  • よく尿素配合でカサカサ肌がよくなるみたいなクリームあるじゃないですか。俺の場合あれ使うと肌のすべりが悪くなって、傷口にしみて、尚且つ余計かゆくなるっていう諸刃の剣なんですよね。
  • 使う人によっては逆効果の「尿素」。

  • 「尿」とは無関係だったけれど、自分に合うのかきちんと確認してから使うようにしよう。