妊娠希望の女性必見!!妊娠前に是非知っておきたいこととは?

これから妊娠を希望している方、妊娠前に是非知っておきたいこと。ポイント押さえておきましょう!!

  • rotta 更新日:2014/03/07

view159

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠前には、婦人科検診受けておくと安心でしょう

  • 婦人科に行って子宮内膜症や子宮ガンなどの検査を受けておくと良いでしょう。これらの検査は、生理が始まってから10日目までに終わらせておいたほうが安心です。なぜなら、この期間は排卵前なので妊娠している心配が無いから。排卵の始まる頃からの検査は控えておいたほうが無難です。
    出典 :妊娠するまでに知っておきたいこと:赤ちゃん育児WEB
  • 感染症の抗体ができているか、チェックしましょう!

  • 妊娠中に感染すると胎児に影響が出るような感染症、たとえば風疹(三日ばしか)、水痘(水ぼうそう)や流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)に対する免疫力をもっているかどうか(抗体が自分の体内にあるかどうか)も調べておくといいでしょう。風疹や水痘では、妊娠中に初めて感染すると胎児にも感染が起こることがあり
    出典 :妊娠前にしておきたい準備 - goo ヘルスケア
     

    また今年も麻疹がはやってますね。妊娠してから麻疹にかかると大変です。

  • お産っていくらかかるの?

  • 約30万円~
    通常の入院日数は5日~1週間、帝王切開の場合はさらに2日~3日です。この入院費用の相場は30万円~40万円ですが、これも病院によって異なり、50万円以上の病院もあります
    出典 :妊娠するまでに知っておきたいこと:赤ちゃん育児WEB
  • 2009年に厚生労働省が発表した調査によると、出産にかかる費用の全国平均は42万4千円でした。出産時には、健康保険から「出産育児一時金」が子どもひとりにつき42万円支払われますので、実際の負担額はあまり多くありません。
    出典 :出産時にもらえるお金っていくら? 知っておきたい「出産」のこと | 「マイナビウーマン」
  • 双子ちゃんなら、育児用品も2人分用意で、2倍ですね。。。

  • 出生届」と「健康保険の加入」が必要です。また、出産に関して国や自治体から支給されるお金は、健康保険からの「出産育児一時金および出産育児付加金」のほか、乳幼児の医療費を助成してもらえる「乳幼児医療費助成」や児童手当。働いている女性には「出産手当金」「育児休業給付金」の制度もあります
    出典 :出産時にもらえるお金っていくら? 知っておきたい「出産」のこと | 「マイナビウーマン」
  • 総合病院のようなところであれば、比較的安く済みそうですが、クリニックのような産婦人科、最新設備が整い高くなることも・・・。でもこんな素敵な病室で、ゆっくりお産ができるのもいい思い出になるかも。

  • 帝王切開・早産などで普通分娩よりお金がかかるか心配なときは医療保険にはいっていると安心

  • 妊娠が分かってからはいるより、妊娠を考え出したら入っておくほうが確実かも。

  • 妊娠がわかると入れなくなるか、加入できても子宮部位は保障しない部位不担保になるなど、制限があることが多いのです。"妊娠・出産後"は、女性の体がハイリスクだとみなされるため、新しい医療保険に加入しようとすると制限されることがあり
    出典 :妊娠前に知っておきたい 出産のお金のこと|ゼクシィnet
  • 夫婦でどんな家庭にしたいか、話し合ってみよう!

  • 結婚するまで別々の環境で育ってきたふたりなので、多少の価値観のずれは当然です。まずはふたりの子育てに関する思いを話し合ってみましょう。よく話し合わないでお互いの価値観がずれたままでいると、将来、子育てについての考えの違いでぶつかってしまうことにもなりかねません
    出典 :妊娠するまでに知っておきたいこと:赤ちゃん育児WEB
  • 出産の平均年齢は?

  • 2008年の人口動態調査によると、初めて出産する人の全国平均年齢は29.5歳。30歳に限りなく迫っています。
    出典 :出産年齢の平均は何歳なの? [妊娠の基礎知識] All About
  • まずは心身共にリラックスして妊娠しやすい体つくりを!

  • 緊張やストレスを感じている」=「自分のいのちが危険にさらされている」とからだが感じていたのでは、新しいいのちを育むどころではありません。さらに、ストレスでからだが酸性になっていると、受精したとしても、受精卵は子宮内膜に着床できないので妊娠は成立しません。精子は酸性の環境だとすぐ死んでしまうので、受精自体が難しく
    出典 :2/2 妊娠しやすいからだづくり [妊娠準備] All About