【あれ、病院に行ったほうがいいのかな…】生理周期グラフを活用して体調管理!!

あなたはご自分の『生理周期グラフ』をきちんとつけていますか?
『毎日の基礎体温を記録するのはちょっと面倒臭い…』なんて思う気持ちもわかります。しかし、女性にとって生理周期はとても大切な体調のバロメータなのです!
今回は『生理周期グラフ』についてわかりやすくまとめてみました。

view296

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 『生理周期グラフ』とは?

  • 生理周期の数え方は、生理が始まった日を1として数え、次の生理が来た日の前日までを周期とします。
    ( 参考:【銀座レディースクリニック】月経異常について)
    次の生理の日は生理周期には入れないので注意してください。
    出典 :生理周期
     

    『生理周期』=『生理が始まった日~次の生理がきた日の前日まで』を一期間とするのですね。『生理周期グラフ』とは、この生理周期単位で記録した『基礎体温』の推移グラフのことを指します。

  •  

    左図を見てください。一番下『基礎体温法』と記載ある部分が『生理周期グラフ』なっています。この生理周期グラフにあわせて、卵胞や女性ホルモンの推移がわかりやすくまとまっていますね!

  • 正常な基礎体温のグラフは低温相と高温相がはっきり分かれています。約14日前後の低温期と高温期が交互に繰り返されるのが排卵のある正常な基礎体温です。
    出典 :基礎体温のグラフからわかること
     

    正常に排卵が起こっている場合、基礎体温は『低温相』『高温相』にわかれます。

  • 正常な基礎体温では、低温期から高温期に移行し、高温期はそのまま10日以上続きます。また、低温期と高温期の体温の温度差は0.3度以上あるのが正常です。
    出典 :基礎体温のグラフからわかること
  • 『生理周期グラフ』からよみとる不調

  • 生理不順とは、生理周期が安定しないことを言います。通常の生理周期は25日以上38日以内です。これが24日以下の短い周期や39日以上の長い生理周期は生理不順となります。
    出典 :生理周期
     

    最近では、自分が『生理不順』であることを自覚しないまま過ごしている女性も多いようです。『生理周期25日~38日以内』を一つの目安とすることを頭にいれておきましょう!

  • 生理が極端に短いか長い場合は、排卵が行われていない無排卵になっている可能性があります。排卵がなくても月経のような出血があり気が付きにくいこともあります。(無排卵性出血)
    出典 :生理周期
     

    最も大切な『排卵』自体が行われていない場合もあります。『排卵』が起こっているかどうかを日常生活のなかで自身で気づくことはとても難しいです。きちんと『生理周期グラフ』をつけて自分で見直すことが何より大切です。

  •  

    左図は『無排卵』の女性の『生理周期グラフ』です。生理周期が『低温相』『高温相』にわかれていませんね。この場合『排卵が起きていない』状態であることが推測されます。

  • 『無排卵』の可能性があると気づいたら

  • 無排卵の場合、卵巣ホルモンが正常に機能せずに正常の生理周期が保たれないと考えられています。排卵してないと妊娠できない状態となっていて不妊の原因ともなります。
    出典 :無排卵月経
     

    『無排卵』の可能性があっても、目立った激しい痛み等がない場合日常生活に特に問題がない為、つい見過ごしてしまう女性も多いようです。
    しかし、将来『妊娠したい!』と思った時に『無排卵』であれば当然妊娠もできません。

  • 無排卵月経の原因はストレスやホルモンバランスの乱れ、薬の副作用や下垂体・視床下部の機能異常、加齢などがあります。ストレスで生理が止まることがありますが、無排卵は生理が来ているような出血があるため気が付きにくい傾向があります。
    出典 :無排卵月経
     

    無排卵月経の原因は様々です。自力で原因を特定し改善していくことは難しいので、気になる点があれば病院へ相談にいくのが一番です。

  • 無排卵月経の治療は、漢方やホルモン剤によるバランスの改善、排卵誘発剤による排卵を促す治療が行われます。治療法も妊娠を希望するときと希望しないときによって変わってきます。妊娠を希望するときには、クロミッドなどクロミフェン製剤を服用又は排卵を促す薬を注射して排卵させることを目指します。
    出典 :無排卵月経
     

    『クロミッド』『クロミフェン』等の服用・注射は不妊クリニックで行われる不妊治療の一環でもあります。

  • 『生理周期グラフ』を活用して、無理のないライフスタイルを

  • リセット期(月経期)は、体と心にたまった不要なものを、一掃できるように、【しっかり緩む】がキーワード。骨盤も心もゆるめて、月経をスムーズに。骨盤とともに、頭蓋骨も開かせるのが大切。スケジュール管理も、ゆったりとした予定にして、服装も締めつけのない服を選びましょう。
    出典 :リセット期(月経期)の過ごし方 | コラム
     

    『生理周期グラフ』でいうところの『月経期』とは、正に生理の期間(出血している期間)です。この期間、女性の身体は抵抗力も弱り、貧血気味です。ハードな運動等は避け、ゆったり過ごすことを意識しましょう。

  • 生理中に子宮の働きが低下すると、排出能力が落ち、本来排出されるべき月経血が子宮の中に残ります
    残った月経血は卵管から逆流して、古血としておなかにたまり、卵管閉塞や子宮内膜症、子宮筋腫などの原因になると言われています
    出典 :生理中の過ごし方と不妊のお話 Cinderella日記 茅ヶ崎市のエステサロン。フェイシャル・ボディケアが大人気です!│Cinderella│
     

    生理中に無理をすると古い月経血が残ってしまい、病気の原因となる場合があります。充分注意しましょう!

  • 入浴もできるだけ避けたほうがよいのですが、もし入浴するなら、半身浴でしっかり身体を温めましょう
    出典 :生理中の過ごし方と不妊のお話 Cinderella日記 茅ヶ崎市のエステサロン。フェイシャル・ボディケアが大人気です!│Cinderella│
     

    湯船につかる場合は、じっくり身体を温めるように意識しましょう!

  • いかがでしたか?
    自分の身体の変化を『生理周期グラフ』を使ってしっかり把握し、体調にあわせたライフスタイルをつくっていけるようにしましょう!