一体いくらかかるの?「水中出産費用」について

水中出産費用について知っていますか?気になる費用についてのまとめ!

view67

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 水中出産?

  • 水中出産といっても一般的な自然分娩と考え方は同じようです。ただ違うのは出産を行う環境と設備、取り組みの意識効果の違いでしょうか・・?一般的な分娩は分娩台にのって「は~い、吸って~吐いて~、いきんで~っ!!」みたいに看護師さんの指示に合わせて行いどちらかというと産まされるって印象のほうが強いらいです。
    出典 :長谷川潤が水中出産!水中出産のメリットデメリットは?方法は?費用は?体験談は?病院は? | アイ・LOVE・めっちゃトレンド
     

    このような見解もしている人もいますね。

  • しかしこの水中出産は出産によるリラックス効果を追求した、産まされる感覚ではなく、より良いお産をしようっ!自分で産みたいっ!といった感覚のアクティブバースの一種といわれているようです。
    出典 :長谷川潤が水中出産!水中出産のメリットデメリットは?方法は?費用は?体験談は?病院は? | アイ・LOVE・めっちゃトレンド
     

    こんな感覚がするようです。

  • 水中出産では

     

    アクティブバース概念の普及もあり、水中出産を希望し、実際にこの方法で無事に出産をしたママも多くいるようです。体験談などを聞いて「是非私もやってみたい」と思う方もいるのではないでしょうか?また、費用も気になる人が多いはずです。

  • 水中出産費用

  • 通常の出産費用に5万円から10万円ほどプラスするぐらいが平均のようです。もちろん、病院によって違いますが、水中分娩がすごく高いというわけではありません。
    出典 :水中分娩の出産費用|読んで安心!出産費用。
  • 何よりも、この出産方法を希望するなら、出産費用よりも、病院を探すことと、母体も赤ちゃんも健康である、ということの方が大切です。
    出典 :水中分娩の出産費用|読んで安心!出産費用。
  • 通常の分娩費用に特別料金がプラスされることがほとんどです。ただ、いわゆる「自然分娩」以外の方法を選択した場合、費用については基準がないのが現状です。
    出典 :水中分娩.com
  • 自然分娩の費用にプラスされることがほとんどですが、+1~2万円の病院でOKの病院もあれば、数十万円単位で加算される病院もあります。 ホームページを持っている病院・産院であれば、そこにだいたいの費用が掲載されていることもあります。ぜひ参考にしてみましょう。
    出典 :水中分娩.com
  • メリットはある

  • リラックス効果による陣痛緩和体温程度の温水に入るとリラックスでき、陣痛による痛みをやわらげ、スムーズなお産ができると言われています。
    出典 :水中分娩.com
  • パートナーもいっしょにプールに入り、分娩のサポートを行える病院もあります。これにより大きな安心感を得られ、落ち着いた状態で出産が可能となります。カップルでともに新しい命の誕生を祝うことができるのです。
    出典 :水中分娩.com
  • 心構えと準備をしよう!

  • 水中出産のメリットを見聞きし、体験者の話を聞いて「是非私もやってみたい」と思う妊婦さんもいらっしゃることでしょう。しかし実際に水中出産はアクティブ・バース方法の一つ、つまり「他人任せの出産ではなく、自分のもっている自然の力で、本能のままに自然な出産をしたい」という積極性が求められる出産です
    出典 :水中出産Q&A
  • 実際に水中出産する場合は事前の準備として、勉強会への参加や日々のトレーニング、出産に必要な体力、精神力、知識を備える必要があります。このようなことを心から楽しみ、また自分の出産に積極的に取り組む決意が必要となりますので、自分がどんなお産をしたいのか、ということをよく考えた上で、水中出産を選択することが大切です。
    出典 :水中出産Q&A
     

    このあたりも知っておきたいですね。

  • 水が苦手な人は

     

    ちょっとデメリットになるかと思いますが、意外と負担が少ないので行ってみてみるのも良いかもしれませんね。