「日焼け止め」で紫外線から肌を守ろう!

シミや乾燥など様々なトラブルやダメージを与えるといわれている紫外線。
それなら肌を守るために日に当たらない!…というわけにもいきませんよね。そこで今回は、紫外線の基礎知識から日焼け止めの選び方まで春に向けて知っておきたい情報をまとめてみました。

view244

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 紫外線によるダメージ

     

    紫外線は、肌の乾燥、メラニン色素によるソバカスやシミの増加、肌荒れや痒みの他にも、様々なトラブルを引き起こすといわれています。

    そんな強敵ともいえる紫外線から身を守るためにも、基礎知識を学んでゆきましょう!

  • <紫外線A波とB波>

  • 知ってる?紫外線A派・B派・C派

     

    紫外線には、A波とB波、C派があることは知られていますが、各々にどんな違いがあるのでしょうか。

  • コラーゲンを破壊するA波(UV-A)

  • 紫外線A波は、コラーゲンを破壊する力があります。 肌の土台といえる真皮の大部分はコラーゲンでできているのですが、UV-Aはこの真皮のコラーゲンを直撃し、破壊します。そして弱った土台からは、保水力の弱い細胞しか生まれない上に、肌の生まれ変わりの働きである新陳代謝が乱れて、肌は透明感もなく、くすんで見えます。
    出典 :女性のための素適生活を応援します。ヴィニーチェクラブ「紫外線対策していますか?」
     

    コラーゲンが壊され続けると、おのずと肌のハリも失われてしまうことに…。

  • 日焼けを起こす紫外線B波(UV-B)

  • 「UVB」は、主に表皮に強く作用して、日ざしを浴びた数時間後に、肌に赤く炎症を起こす紫外線です。メラニンを増加させて日やけによるシミ・ソバカスの原因を作ります。こうした日やけのくり返しも光老化につながります。
    出典 :紫外線の肌への影響 | 日本化粧品工業連合会
     

    曇り空や窓ガラスも突き抜けてしまう紫外線A波に比べると、帽子や日傘などで防ぐことができるので、日ごろからの心がけがダメージを左右するようです。

  • 肌への影響は少ないとされるC派(UV-C)

  • 紫外線C波は、エネルギーがとても強く、細胞を殺したりDNAを傷つけたり、非常に人体に悪影響を与える恐ろしい存在ですが、途中の空気層(オゾン層)で遮られているので心配ありません。でも、地球の温暖化が進み、空気層がどんどん薄くなると、オゾンホールから紫外線が届いてしまう心配があります。
    出典 :女性のための素適生活を応援します。ヴィニーチェクラブ「紫外線対策していますか?」
     

    今は肌への影響は心配いりませんが、もしもC派が人へと届いてしまったら、生物は生きられないとも言われているそうです。

  • 日焼け止めでダメージを最小限に

     

    紫外線対策で欠かせないのが、紫外線から肌を防ぐこと。
    となれば、やはり日焼け止めの出番ですね!

    そこで、紫外線からのお助けマンである日焼け止めの役割・選び方を調べていきましょう。

  • 「SPF」とは

  • SPFはSun Protection Factorの略で、主にUVBの防止効果を表しています。SPFは2~50の整数値、また、それより上の効果の場合は50+で示されます。日やけ止め化粧品では、「SPF15」「SPF30」といった数値が記載され、数値の大きい方がUVBの防止効果は高くなります。
    出典 :紫外線から肌を守る|KOSEの紫外線(UV)ケア|株式会社コーセー
  • 「PA」とは

  • Protection Grade of UVAの略で、UVAの防止効果を表します。
    これまでは「PA+」「PA++」「PA+++」の3段階でしたが、2013年から「PA++++」を加えた4段階になりました。「+」の数が多いほど防止効果があります。
    出典 :花王株式会社 製品Q&A 日やけ止めなどの表示にあるSPFやPAって何?
  • •PA+ …UV-A防御効果がある•PA++ …UV-A防御効果がかなりある•PA+++…UV-A防御効果が非常にある
    出典 :紫外線対策はお早めに!日焼け止めを効果的に使う方法 - はてなブックマークニュース
  • 「SPF」も「PA」も数値が高い方がいい?

     

    数字や+が多いほどに効果が高まるのは分かりましたが、
    それでは単純に数字の高いものを選べばよいのでしょうか。

  • 数値が高いほど効果がありますが、その分肌への負担も多くなるため、注意が必要です。買い物、レジャー、外での仕事など、ケースにより使い分けることが重要です。
    出典 :紫外線対策はお早めに!日焼け止めを効果的に使う方法 - はてなブックマークニュース
  • 日焼け止めの効果というと、真っ先にSPF値やPA値を考える人は多いでしょう。「SPF値もPA値も高いものをつけておけば安心! 」と思いがち。ですが、日常的な生活シーンであれば、夏でもSPF25、PA++程度で十分です。
    出典 :シミのない肌へ 日焼け止めの選び方 [肌の悩み・対処法] All About
  • 「夏=ウォータープルーフタイプ」は間違い!?

  • 肌への負担が高くなるだけでなく、しっかり落とすためにクレンジングの負担も高くなります。室内で過ごすことが多いとか、汗や水で流れる心配がない人は、ウォータープルーフというよりも、手軽に塗り直ししやすいタイプのほうがおすすめです。
    出典 :シミのない肌へ 日焼け止めの選び方 [肌の悩み・対処法] All About
  • 日焼け止めの効果的な塗り方

     

    同じ日焼け止めでも塗り方によって効果が薄れてしまうことも…。
    きちんと役割を果たしてもらうためにも上手な塗り方を知っておきましょう!

  • 日焼け止め効果を最大限に活かすためには、まず適量を使うこと。自分では「ちょっと多いかな? 」と思う量でも、実際は「適量」に達していないこともあります。「やっぱりベタつきが苦手で…」と、使う量を調整している人は、ムラなく&肌を守れるだけの量を使えているか? 一度見直してください。
    出典 :2/2 シミのない肌へ 日焼け止めの選び方 [肌の悩み・対処法] All About
     

    勿体なくてちょっとずつ…とケチってしまうと効果が半減してしまうことも…。顔全体にムラなく伸ばせる適量を心がけましょうね!

  • 1. 日焼け止めをお顔全体に均一に塗る※目元や口元、小鼻の周り、眉間、耳や輪郭部分も忘れずに丁寧に伸ばします。2. ムラなく伸ばし、自然に角質層に浸透するように30秒程放置します。3. 中指と薬指を使用して、角質層のキメにそっと押さえ入れ込むようになじませます。
    出典 :日焼け対策!日焼け止めの選び方&塗り方 [美ログ] スキンケア大学
     

    また、こまめに塗り直し、汗で日焼け止めが落ちた際は、塗りなおすことが大切とのことです!

  • 紫外線対策はいつ頃からすればいいの?

     

    紫外線を感じにくい冬にも紫外線対策は必要なのでしょうか。

  • 紫外線は、条件によって量は異なりますが、実は一年中降り注いでいます。たとえ、冬でも曇りでも、紫外線は肌(皮膚)に届くと考えてください。ですから、紫外線を防ぐ工夫や、紫外線を防ぐスキンケアは、季節や天候を問わず行いましょう。
    出典 :花王株式会社 スキンケアナビ 肌の営み 紫外線の影響