膝の痛みの原因はコレ!?「膝内障」とはどんなもの?

膝内障とはどのようなものなのでしょうか?膝の痛みの原因があるかもしれませんね。

view140

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 膝内障とは

  • 膝内障とは、以前は膝関節の嵌頓かんとん症状(関節内で半月板や遊離体などが引っかかって屈伸ができない状態)を示す一連の疾患を包括したものでした。医学の進歩とともに膝内障の内容が分析され、いくつかの独立した診断名が確立されました。
    出典 :膝内障| 外傷 - Yahoo!ヘルスケア
  • 膝関節は、一見屈伸運動だけをしている単純な関節のようにみえますが、実は複雑な構造をもち、複雑な運動をしているところなのです。この関節の運動を滑らかにするために、内・外側側副靱帯や前・後十字靱帯、内・外半月板、関節包などがそれぞれの役割をはたしています 。
    出典 :膝内障、半月板損傷、側副靱帯損傷、十字靱帯断裂、棚障害 | 片山整形外科記念病院
     

    組織が損傷し、関節の機能障害をおこした場合を総称して、膝内障というそうですよ!

  • 現在では

     

    膝内障とは、病気以外の原因による、ひざ関節の損傷や障害全般を指す総称です。現在ではそれぞれの疾患にはっきりと病名がついて個別に扱われるため、膝内障という病名はあまり使われなくなっているそうですよ。

  • 膝内障の症状とは

  • •膝関節にズキズキとした痛みがある(疼痛)•膝関節を動かすと何かにひっかかる感じがして動きが制限される→伸びたまま、または曲がったままで動かなくなることもある•ひざを曲げ伸ばしした時にゴキゴキといったような異常音がする
    出典 :膝の痛みの原因 〜 『膝内障(しつないしょう)』について
     

    特徴がみられる場合は発症している可能性があるのです。

  • 膝内障とは、病気以外の原因による、ひざ関節の損傷や障害全般を指す総称です。 現在ではそれぞれの疾患にはっきりと病名がついて個別に扱われるため、膝内障という病名はあまり使われなくなっています。おおまかに膝の損傷・障害と診断された時に使い、何の病気・障害なのかはっきりした時点で個々の病名に切り替えます。
    出典 :膝の痛みの原因 〜 『膝内障(しつないしょう)』について
     

    分類もみていこう!

  • 分類について

  • 1.半月板損傷:半月板は膝関節の内側と外側にあり、脛骨(けいこつ)関節面の辺縁部をおおう線維性軟骨です。膝のスポーツ外傷として最も頻度が高い障害です。半月板損傷の症状としては、膝関節の疼痛、ひっかかり感、嵌頓、関節水症などがみられます
    出典 :膝内障|スポーツ損傷の治療なら中国鍼灸院
  • 2.膝靭帯損傷:膝には関節の内側、外側、中心に、それぞれ内側側副靭帯、外側側副靭帯と2本の十字靭帯(前十字靭帯と後十字靭帯がクロスして存在する)の合計4本の靭帯があって、関節が不安定にならないように制動作用を果たしています。
    出典 :膝内障|スポーツ損傷の治療なら中国鍼灸院
  • 3.その他の損傷:関節内遊離体、離断性骨軟骨炎、膝蓋軟骨軟化症、膝特発性骨壊死、棚障害、関節内腫瘍や腫瘤、大腿四頭筋断裂、膝蓋腱断裂などが含まれます。
    出典 :膝内障|スポーツ損傷の治療なら中国鍼灸院
  • 膝関節内の滑膜ひだが形態異常をきたし、これが帯状または棚状の形態で、膝関節の内側壁を上下方向に走ることがあります。この異常組織は約半数の膝に存在しますが、病的なものはほんのわずかで、これを棚障害といいます。
    出典 :膝内障、半月板損傷、側副靱帯損傷、十字靱帯断裂、棚障害 | 片山整形外科記念病院
  • 前十字靱帯は膝の前方へのずれを防ぎ、後十字靱帯は膝の後方へのずれを防ぐ役目をしています。この靱帯の断裂は、はげしいスポーツが盛んになるにつれて増加しています。この断裂の多くは前十字靱帯におこり、半月板や側副靱帯の損傷を合併します。
    出典 :膝内障、半月板損傷、側副靱帯損傷、十字靱帯断裂、棚障害 | 片山整形外科記念病院
  • こちらは参考画像です。

     

    半月板とは、ひざ関節の隙間に左右一つずつ存在する三角形の軟骨で、ひざ関節のクッションの役割を果たしています。この半月板が損傷し、そのかけらが骨の隙間に入り込んだりして炎症・痛みなどの症状を引き起こします。