ダイエット中なら覚えておくべき!脂肪燃焼効果のある食材まとめ

ダイエッターの方におすすめな、脂肪燃焼効果の高い食品、食材をまとめてみました。

view129

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脂肪燃焼効果の代表【カプサイシン】

  • カプサイシン

     

    主にこんな食品、食材に含まれています。
    ・とうがらし・キムチ・豆板醤・タバスコ
    カプサイシンは一度に多量に摂りすぎると、胃に負担をかけますので、食べ過ぎには注意しましょう。

  • 主に、とうがらしの胎座(ヘタの部分)や種の部分に含まれており、果実が小さい品種ほどカプサイシンが多く含まれています。
    出典 :カプサイシン | 成分情報 | わかさの秘密
  • カプサイシンの健康効果
    ◎肥満を予防する効果◎血流を改善する効果◎高血圧を予防する効果◎コレステロール値を下げる効果◎冷え性を改善する効果
    出典 :カプサイシン | 成分情報 | わかさの秘密
  • 代謝アップの強い味方【ジンゲロン】

  • ジンゲロンは、ショウガの辛み成分の一つです。血液循環を促進して体を温める作用があります。
    出典 :ジンゲロンとは?ジンゲロンが多く含まれる食品
  • 血液の循環がよくなるほか、発汗を高めて、新陳代謝を活発にし、内臓全体の元気も出てくるので、食欲の増進や疲労の回復に効果を発揮します。
    出典 :生姜の効能効果-健康に良い免疫力を高める食べ物
  • ジンゲロン

     

    主に生姜に多く含まれているジンゲロンは、高い殺菌効果があり、風邪や食中毒の予防にもなります。
    他にも、魚などの臭み消しの作用があるショウガオールは、消火吸収を助ける役目もあります。

  • 健康・美容に欠かせない【ヨウ素】

  • 微量ミネラルの一種。交感神経を刺激して糖質・脂質・たんぱく質の代謝を促す甲状腺ホルモンの構成成分。
    出典 :ヨウ素 とは - コトバンク
  • 基礎代謝の活性化や発育の促進など重要な役割を担うほか、健康な皮膚・髪・爪の構成、余分な体脂肪の燃焼、心臓の働きの強化などの作用をもつ。
    出典 :ヨウ素 とは - コトバンク
  • ヨウ素

     

    主にこんな食品、食材に含まれています。
    ・昆布・わかめ・ひじき・のり
    海藻には便秘解消の効果もありますので、積極的にとりたいですね。

  • 食欲を抑制する【レプチン】

  • 「レプチン」というホルモンは、脂肪組織から分泌されるのですが、脂肪組織自体にも働きかけて、エネルギー代謝の増大、つまり「カロリーをエネルギーとして燃やそう」という指示も出します。
    出典 :取組み52
  • レプチン

     

    主にこんな食品、食材に含まれています。
    ・サケ・イワシ・マグロ
    レプチンが分泌されるまでには約20~30分かかると言われており、食事はよく噛んでゆっくり食べる事が勧められているのはそのためです。
    体内に脂肪が蓄積されすぎると、レプチンの働きが鈍り、痩せにくくなります。