肥満と不妊は関係あり!ダイエットを始めよう

不妊の症状で悩む方が増えています。中には二人目不妊などで悩むこともあるようです。このところ、肥満と不妊の関係がわかってきました。赤ちゃんを望むなら、まずはダイエットを始めましょう。

view139

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肥満が不妊の原因であるワケ

  • 研究では、肥満でアディポネクチンが減ると、卵巣の皮が分厚くなって、 卵子がうまく育たなかったり、排卵しにくくなったりすることもわかってきました。
    出典 :不妊治療とダイエット |不妊診療|大阪 医療法人オーク会
     

    アディポネクチンというたんぱく質がインシュリンの作用を助けています。
    脂肪細胞から分泌されるのですが、肥満になると、分泌が減り動脈硬化の原因となります。

  • 肥満が原因で生理不順を呼んでいることも。

     

    若い世代の「生理不順」はホルモン分泌が不安定だから…ではなくて、実は脂肪細胞から出されるホルモンの分泌不足が原因かもしれません。

  • 産道に脂肪がついたままでは難産になります。たとえ、帝王切開するにしても、脂肪が厚いと傷の治りが悪く、血栓症などの合併症が起きやすくなります。
    出典 :不妊治療とダイエット |不妊診療|大阪 医療法人オーク会
     

    妊娠できたとしても、肥満の状態のままでは、出産にもリスクを伴います。

  • 自己流ダイエットはNG!

  • 不妊治療中の方の過度なダイエットは禁物!

     

    不妊と肥満は密接な関係があるのですが、自己流のダイエットや無理なダイエットをすると女性ホルモンの分泌が悪くなり、排卵障害などの引き金となります。
    医師や管理栄養士の指導を受けながら、ゆっくりダイエットをして行きましょう。

  • 肥満の原因は薬の副作用かも?

     

    不妊治療を始めたら、太り始めたということもあります。
    肥満の原因は、ホルモン剤などの副作用であるかもしれません。
    気になるようであれば、早い段階で医師や薬剤師に相談をしてくださいね。

  • 不妊治療中のダイエット、どうしたらいい?

  • 不妊治療中は病院から処方されるお薬も飲まなくてはなりませんし、葉酸などのサプリも飲むことになります。複数のサプリメントやお薬を同時に飲むことは望ましくないので、サプリに頼るのはやめましょう。
    出典 :不妊治療中のダイエット
     

    お医者様と相談しながらサプリを利用するのがいいですね。

  • 女性にとって辛くて痛い不妊治療。
    体力勝負だという場面も数多くあります。
    体を動かして痩せるという方法ができない場合もありますので、食生活に気をつけるダイエットを中心に行います。
    間食は控える、和食など体を温める食材を使った優しい味付けのものを食べる工夫をしましょう。

  • 酵素ダイエットは、体に酵素を補って体をトリートメントしながら代謝向上を促すダイエット法です。
    妊娠を望む女性でも食生活と睡眠時間の確保に気を付ければ、取り組むことが可能です。
    食後にコップ1杯の酵素ドリンクを飲んで、腹式呼吸を取り入れてみましょう。

  • 赤ちゃんが授かる「子宝ヨガ」 - YouTube

     

    お家でリラックスしながら、ヨガのポーズをするのも一案です。
    呼吸に気をつけながら体を動かすことがポイント。
    股関節なども柔らかくなります。

  • 代謝がアップする!「ミラクル腹式呼吸」 - YouTube

     

    このような呼吸法はちょっとの時間で何度でもできる健康法です。
    もちろん痩せ体質にも傾きます。
    リラクゼーションにも役立ちますよ。

  • 睡眠時間は、6時間以上の確保がセオリー。

  • 睡眠不足になると食欲増進スイッチがオンになってしまうということです。
    出典 :第8回 ダイエットの落とし穴!睡眠不足で太るワケ - 1 - 栄養コンサルダイエット - MSNライフスタイル
     

    睡眠不足も肥満と関係があります。食欲をつかさどるホルモンバランスが乱れてしまうとされています。
    就寝中に痩せホルモンも分泌されていますので、十分な睡眠時間の確保は大切です。

  • 良質な眠りが不妊や肥満を解消させる!

     

    眠ることで、ある程度のストレスを解消させることができます。
    ストレスは、不妊や肥満の原因の一つです。
    就寝中に代謝を挙げるホルモンが分泌されたり、体のめぐりもトリートメントされていますので、良質な眠りを手に入れましょう。