妊娠初期息苦しい原因はどうして? みんなはどうやって乗り越えた?

妊娠初期息苦しいという経験をした妊婦さんは多いのではないでしょうか。
どうして妊娠初期に息苦しさを感じることがあるの?原因は?
息苦しいときにはどのように対処しているの?
妊娠初期の息苦しさについて気になることをまとめてみました。

view31012

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期息苦しい原因はどうして?

  • 妊娠初期に息苦しいと感じてしまうことがあります。とくに風邪とか、気管支炎とかでもなく、喘息の持病があるわけでもなし、心臓病などの問題を抱えている理由が無くても、息苦しく感じることがあるのです。
    妊娠初期息苦しい原因をまとめました。

  • お腹がまだ大きくないのにどうして?

     

    妊娠初期の頃にはまだお腹が大きくないのに苦しい感じを訴える人がいます。一般的には妊娠すると子宮が大きくなり、それによって肺などの臓器が圧迫されるため息苦しさを感じます。
    しかし、それだけでなく横隔膜の位置が上がったり、肋骨の角度が変わるなどでたくさんの酸素が必要になり、一時的に息苦しさを感じる可能性があります。

  • 妊娠中の息切れはお腹が大きくなる程症状が強くなる傾向が見られています。胎児が大きくなりお腹で臓器が圧迫される理由と、赤ちゃんが大きく血液も沢山必要となるためです。なかには血流が悪くなったりする方もいて、少し動いただけで息切れ、動悸みたいな症状を感じる人もいます。

  • 妊娠中の貧血でもなりやすい

     

    妊娠すると赤ちゃんにもたくさんの血液が必要となります。鉄分が不足するなどの理由から貧血を感じやすくなります。特に妊娠初期の頃には体の変化に対応できず、普段貧血体質ではない人でも起こりやすいのです。

    くらっと目の前が真っ暗になったり、酸素が届けられにくく息苦しさも感じやすくなります。

  • 基本的にお腹が圧迫されて感じる息苦しさに改善方法はありません。横になる体の向きを工夫して、呼吸が楽になるようにしましょう。また、お腹が大きくなればトイレが近くなるなど下にある臓器にも影響を及ぼしてきます。

    貧血に関しては血液を作る食べ物を多く摂ったり、あまりにも酷いなら医師に相談して鉄剤を処方してもらいましょう。

  • 赤ちゃんの成長と共に色々な不快な症状が

  • 赤ちゃんの成長とともに圧迫されて不快な症状が現れるのは胃だけではなかったようですね。
    大きくなる子宮によって体の中のさまざまな箇所が圧迫されてしまうため、妊婦さんには同時にいろいろな症状があらわれてしまうことになるようです。

  • どうやって妊娠初期息苦しい状態を乗り切った?

  • 良いのか悪いのかわからないですけど、私は氷を口に入れて舐めながらお布団に入ると少し楽と言うか、気がまぎれました。
    出典 :妊娠中、息苦しいことありますか? - BIGLOBEなんでも相談室
  • 座るときも立つときも背筋を伸ばす

     

    前かがみになると肺を必要異常に圧迫してしまうのでNG
    背筋を伸ばして良い姿勢をするようにしましょう

    妊婦さんは猫背に注意!普段から姿勢が悪く前かがみになって作業してしまう方は、胃や肺などを圧迫して苦しいと感じてしまいます。背筋を正すことは妊娠後期の腰痛対策にもなるため、できるだけ心がけたいですね。

  • 体重の急激な増加はNG。やっぱり太りすぎの人と同様で、大きくなったお腹が肺を圧迫して苦しくなります。妊娠初期の頃から体重管理に努め、増えすぎないようにしましょう。

  • 寝るときは上体を起こし気味にする

     

    こうすると子宮が肺を圧迫するのを防ぐことができます

    ただし、仰向けはやめておきましょう
    静脈が圧迫されてしまうので息苦しさが増す原因になってしまいます

    上体を起こしながら横向きに寝るのが一番楽だったという方が多いようです。お腹が大きくなるに従い、仰向けは余計に苦しくなるため避けるのが無難です。横を向いたほうが腰痛対策にも繋がり、妊婦さんは色々な体の向きをためしてみてくださいね。

  • 足を高くして寝る

     

    人によっては足を高くして寝ることで息苦しさが楽になったということも・・・

    妊娠すると下半身のむくみが酷くなりやすく。足を高くすれば多少症状は改善しやすくなります。寝ているときにつま先の部分を高くするのが辛い場合は、太ももの下に枕などを入れて高くする方法も良いですよ。

  • 息苦しいということは体に酸素が十分に行き渡っていない可能性もあります。そんなときにはゆっくりと深呼吸しましょう!

    数秒かけて息を吐く、数秒かけてゆっくりと息を吸い込む。これだけで副交感神経が刺激されリラックスしやすくなります。息が苦しいとパニックにもなりやすいため、この呼吸法を覚えておいて下さいね。