「ベル麻痺」聞いた事ありますか???

ベル麻痺とはいったいどんな麻痺なのでしょうか。。。
今回はベル麻痺についてご紹介したいと思います。

view253

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ベル麻痺

  • ベル麻痺とは

     

    画像をご覧になると分かる通り
    顔が一番わかりやすい症状とも
    言えるでしょう
    原因不明の場合がほとんどなので
    そこはしっかりと覚えておきましょうね

  • 顔面神経麻痺とは、顔の筋肉を動かす神経である顔面神経が急に機能しなくなり、まぶたが閉じれなくなったり、口元が垂れ下がったりして、あたかも顔が曲がってしまったかのように見える病気です。そのなかで、原因不明なものを特別にベル麻痺と呼びます。
    出典 :ベル麻痺の症状・検査・治療 [脳・神経の病気] All About
  • ほとんどの場合が良性のベル麻痺で、次第に回復傾向に向かいます。
    ベル麻痺を引き起こす原因は明らかになっていませんが、冷たい風に顔が当たったときやストレス、過労などがきっかけで起こることがあります。
    出典 :ベル麻痺(症状/検査・診断/治療)
     

    ストレスがきっかけになるのですね・・・

  • 原因

  • 原因

     

    原因が分かっているものに対しては
    しっかり処置が出来るはずなのです
    原因を知る事で治療を見つける
    原因不明でも治療方法が確立しているものも
    例外としてありますけどね

  • 特発性顔面神経麻痺の原因はいまだ不明ですが、考えられる可能性としては寒冷曝露(かんれいばくろ)、アレルギー、局所浮腫(きょくしょふしゅ)、ウイルス感染などがあります。
    出典 :顔面神経麻痺(ベル麻痺) - goo ヘルスケア
     

    こちらの方は原因が不明という事になっているようですね
    今後の研究で原因が分かればとても良いのですが
    私達では出来ないのが残念な所でしょうか

  • 症状

  • 片側の顔面にある筋肉が麻痺することで、目を閉じることができないといった特徴的な症状が起こります。表情を作ろうとすると顔が引きつってしまい、眉が持ち上がらなくなるといったことも起こります。
    出典 :ベル麻痺(症状/検査・診断/治療)
  • 男女差、年齢層に関係なく、突然始まる片側顔面筋の運動麻痺が主な症状です。その結果、額にしわを寄せられない、眼を閉じられない、口角が垂れ下がる、口を尖(とが)らせて口笛がふけなくなる、口角からよだれが垂れる、などの症状が起こります。
    出典 :顔面神経麻痺(ベル麻痺) - goo ヘルスケア
  • 検査方法

  • 診察で診断がほとんど診断可能ですが、必要に応じて血液検査、X線CT、MRIなどの検査を行います。
    出典 :ベル麻痺(症状/検査・診断/治療)
  • 顔面神経麻痺を起こす病気はたくさんありますが、そのなかでも脳梗塞や脳腫瘍といった脳の病気ではないことを確認することが重要。多くの場合、MRIやCT検査を行い脳のチェックを行います。
    出典 :ベル麻痺の症状・検査・治療 [脳・神経の病気] All About
  • 治療方法

  • ベル麻痺による片側の目が閉じられない症状に対しては、眼帯や点眼薬などを使用します。麻痺症状の回復を促すためにビタミン薬が使用されることもあります。回復し始めると、顔面運動の訓練を行います。ベル麻痺に対して原因となる病気が他にある場合は、その病気の治療も行います。
    出典 :ベル麻痺(症状/検査・診断/治療)
  • 治療の中心は内服治療。顔面神経の腫れを改善するために、ステロイド治療を行います。ときには、抗ウイルス薬であるアシクロビルを投与する場合も。また、神経の回復を促すビタミンB12を加えることもあります。
    出典 :ベル麻痺の症状・検査・治療 [脳・神経の病気] All About
  • また、麻痺によって目が閉じれない場合は目の乾燥を防ぐ必要があります。目薬を使用したり、就寝時に眼帯を用いたりして、角膜の保護を積極的に行うようにしましょう。 一般的には入院治療は必要がなく、外来通院が主体になりますが、顔面麻痺の程度が重い場合は入院をして点滴治療になることも。
    出典 :ベル麻痺の症状・検査・治療 [脳・神経の病気] All About