妊娠後期に温泉にはいるのはNG?

妊娠後期に温泉に入るのはいいのでしょうか?
実は健康的な理由では問題は無いようです。
しかし理由はほかにあるようです。

view333

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦が温泉に入ってはいけないのでしょうか?

  • 前提として【妊婦が温泉に入浴しても、問題はありません】
    では、「妊娠初期や後期の妊婦には温泉は禁忌」の表示は、なぜされているのでしょうか?
    それには2つの理由が考えられます。
    出典 :ほとんど知られていない『妊婦が温泉に入れない』本当の理由 - しあわせ温泉旅行
     

    結論からいうと妊娠後期に温泉に入るのは健康的には全く問題はないのです

  • 理由1:法令による義務

  • 温泉法第18条によれば、温泉を提供する者は注意事項を施設内に掲げる必要があります。
    その注意事項の一つに、「禁忌症」があり、『妊婦は心臓病や、貧血と並んで、禁忌症の1つ』としてあげされています。
    出典 :ほとんど知られていない『妊婦が温泉に入れない』本当の理由 - しあわせ温泉旅行
     

    妊婦さんは、体に負担のある人という括りにされてしまっているみたいです

  • 「一般的禁忌症」の症例

     

    急性疾患(特に熱がある場合)
    活動性の結核
    悪性腫瘍(がん)
    重い心臓疾患
    呼吸不全
    腎不全
    出血性の疾患
    高度の貧血
    その他一般に病勢進行中の疾患
    妊娠中(特に初期と末期)

  • これらは、妊娠を除けば、日常生活にも支障をきたす病気ばかりに思えます。つまり、以上の10項目中に『温泉だから危険』という内容はみつかりません。事実、温泉による健康への作用を研究している「日本温泉気候物理医学会」においても、『温泉が胎児と妊婦に与える危険性』は確認されていません。
    出典 :ほとんど知られていない『妊婦が温泉に入れない』本当の理由 - しあわせ温泉旅行
     

    実際には温泉に入っても全く問題はないようです

  • 理由2:施設のリスク回避

  • 妊娠初期では15%の発育不全。後期では破水といった危険が常に付きまといます。また足元が見えにくく、バランスを崩しやすい妊婦さんは転倒するだけで大変な事態を引き起こす可能性もあるでしょう。
    出典 :ほとんど知られていない『妊婦が温泉に入れない』本当の理由 - しあわせ温泉旅行
     

    施設側としては少し不安な気持ちはわかります

  • 万が一、自身が提供する施設内で事故がおきてしまった時、施設はその責任を問われることになるでしょう。こういった事態が起きた場合、「施設は面倒事になった」では済まされません。このような、取り返しのつかないトラブルを避ける為の対処として、入浴を制限する事は当然の措置とも考えられます
    出典 :ほとんど知られていない『妊婦が温泉に入れない』本当の理由 - しあわせ温泉旅行
     

    施設側の立場で考えてみると難しい問題ではありますね

  • 以上の事からも分かる通り、「温泉そのもの」に危険性はありません。
    出典 :ほとんど知られていない『妊婦が温泉に入れない』本当の理由 - しあわせ温泉旅行
  • 妊娠中が禁忌症にあげられているのは、どの泉質の温泉、という特定の温泉に限ったことではなく、どの温泉にも共通の一般的禁忌症になります。入ってはいけないのではなく、注意が必要ということではありますが、その理由は明確にはなっていないようです。
    出典 :妊娠中に温泉に入る際の注意点とは? | トラブルCh
  • 一方で最近は温泉旅館などでもマタニティプランを用意するなど、むしろ需要も供給も高まっているようです。

     

    施設側が妊婦さんを避けるという傾向は徐々に薄れていってるようです

  • 心配なのは「のぼせ」と「ケガ」

  • 妊娠中期、後期は胎児も大きくなり体のバランスが悪くなっています。お風呂は滑りやすく、また露天風呂などは岩場もあり足場が悪いですね。 「あ、すべりそう!」と思ったときにとっさの動きがとれなくなり、転倒してしまう危険性が高くなります。
    出典 :妊娠と温泉
     

    転びやすい場所は妊婦さんにとっては極力避けるべき場所ではあります

  • 「のぼせ」はお湯の熱で皮膚の表面の末梢血管が広がり、心臓や脳にいく血液が一時的に不足し、動悸がしたり、意識が薄れてきたり、お風呂から上がるときにふらふらしたりする現象です。
    出典 :妊娠と温泉
  • 妊娠中はのぼせやすくなりますので、のぼせるまではいるのは是非ともさけたいものです。 これは、温泉に限らす、家庭のお風呂でもいえることですね。 42度以上の高温や30度以下の低温は交感神経が刺激されて血圧が上昇する場合があるのでさけた方がよいですね。
    出典 :妊娠と温泉