モントゴメリー腺に膿が?乳首の周りのぶつぶつが気になる!

モントゴメリー腺に膿ができる原因のの情報をまとめてみました。乳首の周りにあるブツブツがこれのようですが、なぜできてしまうのでしょうか?改善方法は?また治療する際の薬などを紹介します。

view684

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • モントゴメリー腺に膿

  • モントゴメリー腺に膿ができてしまうと気になるものです。そもそも乳首の周りにはなぜブツブツができるのでしょうか?

  • 乳首の周りのブツブツは乳首になりたかったけどなれなかった奴らだって友達が言ってた
  • モントゴメリー腺とは?

  • 乳首の周りにあるブブツ

     

    モントゴメリー腺とは、乳首の周りにあるブツブツのこと。人によっては数が多かったり、突起ができたりと女性なら気になるものです。しかし、これは必要なものであり皮脂を分泌させて乳首周りを保護する役割を持っています。特に授乳中の方が気にされる方が多いようです。

  • 母乳育児のためには必要なものだといわれています。清浄綿で乳首の周りを清潔にする病院も多いのですが、皮脂が分泌することで保護してくれたり、赤ちゃんがこのニオイで乳首のありかを探ることができるため、必要以上に除去するのは良くないといわれています。

  • 数が多いと悩んでいる方も多いのが事実

     

    モントゴメリー腺は必要なものなのですが、数が多かったり刺激によって痛みを感じるなど悪い面も見られています。病院によっては除去手術を行っている所もあります。

  • 除去手術は形成外科や美容外科などで行われています。麻酔を行い、1つ1つメスで除去してもらうことができます。日帰りでの手術が可能で、傷口も小さいため日常生活に支障はありません。もし数が多いという悩みがあるなら、除去してもらう方法を相談するのも良いでしょう。

  • モントゴメリー腺に膿ができるとは?

  • モントゴメリー腺に膿が溜まるのはなぜ?

     

    乳首の周りから膿のような白いものが出てくることがあります。これは皮脂の一種で、無理やし押し出す必要はありません。しかし何らかの刺激によって出てきた際には拭き取るなど除去すれば良いでしょう。特に若く皮脂の分泌が多い方に見られるのですが、無理やり出すと化膿の恐れがあるため様子を見ることをおすすめします。

  • モントゴメリー腺から黄色い膿のようなものが出てきて、刺激や痛みなどを感じる場合は炎症を起こしている可能性があります。ニキビ芯が化膿するのと同様で、細菌などが入り込み赤く炎症を起こしていると考えられます。痛みがある場合は皮膚科などで治療を受けると良いでしょう。

  • 受診する科について

     

    モントゴメリー腺に膿が見られた場合は皮膚科を受診します。授乳中や妊娠中などの場合は産婦人科でも良いのですが、一般的には皮膚科を受診します。治療はステロイドや抗生物質などを処方され、塗り薬や飲み薬などニキビの治療と似ています。

  • 乳輪のできもの、モントゴメリー腺の組織は適用され、できればそれを乾かせる時、それとして下着に付けられませんでした、それは1~2の数か月に治療しました。
    出典 :乳輪のできもの、モントゴメリー腺から膿: モントゴメリー腺ケア・乳首と乳輪のぶつぶつ解消しま専科
  • 白い皮脂が分泌する程度なら様子を見たほうがよく、痛みや熱を持っている場合・黄色い膿が出る際には病院の診察をおすすめします。免疫力が低下して細菌感染を起こすことがあるようです。気になる方は清潔を保ち、刺激しない下着を付けて様子をみましょう。

  • 乳頭のかゆみですが、私も生理前には痒くなります。
    「ホルモンのせいw」としてあまり気にしてませんでしたが、
    スレ主さんはかなりかゆみが強くて膿む事も
    出典 :乳首から白いもの その他医療の広場 - 不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』
  • ホルモンバランスによっても起こりやすく

     

    妊娠中や生理前など、女性ホルモンのバランスが変わり皮脂の分泌が促されて、白い物が分泌しやすくなると感じる人もいるようです。

  • 皮脂の分泌を促す食事

  • 脂っこい食事は避けたほうが良いかも

     

    皮脂の分泌が多いと感じた方は、脂っこいものや甘い物をしばらく控えてみましょう。ニキビと同様に食べ物からも影響を受けやすく、洋食よりは油が少ない和食、スイーツはケーキよりも和菓子がおすすめです。しかし、脂は完全にカットすると肌には良くないため、オリーブオイルなど良質な油や、ナッツ類など体に良い皮脂を摂取してみて下さいね。

  • 皮脂の量は年齢と共に減少する傾向が見られています。若い頃に分泌量が多くても、徐々に量が減る可能性があります。食事などに気をつけながら上手く乗り切ってみてくださいね。繰り返し膿が出て痛みや痒みなどが出る場合では、免疫力を高める食生活や生活習慣も合わせて行なう方法がおすすめです。