手足のほてりは隠れ冷え性?それとも病気のサイン!?

手足のほてりがある場合にまず考えられるのが、隠れ冷え性です。
冷え性なのに手足がほてるのはおかしいと感じる人も多いですよね。
この隠れ冷え性についてまとめました。
また、手足のほてりは何らかの危険な病気のサインとなっているかもしれません。
そのため、手足のほてりがあるなら原因を調べてみましょう。

view36

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 手足のほてりは隠れ冷え性が原因!?

  • 手足のほてりを感じる原因として、隠れ冷え性があります。
    一般的に冷え性=手足が冷えるというイメージがありますよね。
    しかし、隠れ冷え性の場合はその逆で、手足がほてります。
    なぜこのように冷え性とは真逆の症状が表れるのでしょうか?

  • 一見体温が高く見えそうだけれども、体内の内臓部分の温度が低いことを言うのですがあまりに体の末端が冷えて過ぎていて、熱を無理やり放出している状態かもしれないんです。
    出典 :隠れ冷え性の症状は手足がポカポカ?|カプサイシンで末梢神経を刺激しよう
     

    手足がほてっている際に、冷え性を疑う人はあまり居ませんよね。
    しかし、隠れ冷え性も冷え性と同じく体に様々な支障をきたしてしまうのです。
    そのため、手足のほてりを感じたらまずは隠れ冷え性を疑ってみて下さい。

  • まずは、自分が隠れ冷え性かどうかをチェックしてみましょう。
    隠れ冷え性には、手足のほてり以外にも様々な症状があります。
    まずはお腹、お尻、太ももの冷えです。
    朝起きた時に触ってみて、これらの部位が冷たくなっていませんか?
    また、平熱が低い割に汗っかきの人も隠れ冷え性の可能性があります。
    更に、お風呂に入るときはシャワーだけ、仕事は座りっぱなし、もしくは立ちっぱなしという人も隠れ冷え性の可能性があります。
    このような症状に当てはまる場合には、冷え性対策を行う必要があります。

  •  

    隠れ冷え性を改善するためには、冷え性改善と同じように体を温めることが大切です。
    湯船に浸かる習慣をつける、適度な運動を心がけるなど日常生活の中で体温を上げることを意識してみましょう。
    また、仕事で立ちっぱなし、座りっぱなしが多い人は仕事の合間に軽いストレッチを行いましょう。
    長時間体を動かさないと、冷えは悪化してしまいます。
    このように冷え対策を行うことで、徐々に手先のほてりは改善されていくでしょう。

  • 手足のほてりはこんな病気が原因!?

  • 手足のほてりがある場合、自律神経失調症が考えられます。
    自律神経失調症の症状としては、手足のほてりやめまい以外に精神的な症状があります。
    具体的には、怒りっぽくなる、急に落ち込むなどの情緒不安定、うつです。
    手足のほてりの原因が精神的な病気と考える人は少ないかも知れませんが、この病気は珍しい病気ではありません。
    特に日常生活の中でストレスが溜まっている人がなりやすい病気といわれているので、気を付けたいですね。

  • 更年期障害
    症状は、自律神経失調症と同様ですが、治療法に関しては、ホルモン療法やプラセンタ療法が行われます。
    出典 :見逃してはいけない!【足のほてり】が訴える5つの身体のSOS | 足裏イズム
     

    同じくホルモンバランスの乱れが原因で起こる病気に更年期障害があります。
    この病気は女性だけの病気と思われがちですが、男性でも発症することがあります。
    女性の場合は閉経するとホルモンバランスが崩れて更年期障害になりやすくなります。
    一方で男性は40歳を過ぎたら注意が必要です。

  • レストレスレッグス症候群
    症状は、足のほてりや、痒み、痛みのほか、「虫が這うような」「針で刺すような」「電気が流れるような」などの、人によってさまざまな「ムズムズ」があらわれます。
    出典 :見逃してはいけない!【足のほてり】が訴える5つの身体のSOS | 足裏イズム
     

    この病気は、聞き覚えが無い人も多いかも知れませんね。
    手のほてりはありませんが、足のほてりをよく感じます。
    このような症状は、本人にしか感じないため医師でも判断しにくいと言われています。
    しかし、レストレスレッグス症候群は睡眠不足や不眠症を引き起こしてしまうため、しっかりと治療を受ける必要がある病気なのです。

  • 坐骨神経痛
    坐骨神経は、末梢神経の中で最も太い神経で、骨盤から足甲までの体の後面を通る坐骨神経の痛みを、総じて坐骨神経痛といいます。
    出典 :見逃してはいけない!【足のほてり】が訴える5つの身体のSOS | 足裏イズム
     

    こちらの病気も手にはほてりを感じませんが、足にほてりを感じます。
    それに加えてしびれや感覚の麻痺といった症状が見られます。
    このような症状を放置してしまうと、いずれ歩くことも困難になってしまいます。
    そのため、足のほてりを感じたらすぐにでも病院で検査を受けることをおすすめします。

  •  

    自律神経失調症の場合は、心療内科もしくは神経科を受診しましょう。
    更年期障害の場合は、男性は心療内科、神経科、泌尿器科が適しています。
    女性の場合は婦人科に相談しましょう。
    レストレスレッグス症候群の場合は、神経科か睡眠科がおすすめです。
    特に、レストレスレッグス症候群による不眠症に詳しい睡眠科を選びましょう。
    そして坐骨神経痛では整形外科を受診して下さい。