【妊娠中】食べても大丈夫?~ヨーグルト編~

妊娠中のヨーグルト、気になるポイントをまとめてみました。
手軽にカルシウム補給ができ、アレンジも豊富な優秀食材、ヨーグルト!
妊娠中も食べて平気?赤ちゃんへの影響は?アレルギーは?
プレママの気になるハテナをまとめてみました!

view783

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ヨーグルトがもたらすプラスとマイナスの影響!
    気づかないうちにママ自身がアレルギーに!?

  • 手軽に食べられるヨーグルト

     

    栄養価も高く、朝食代わりにもなる優秀食品、ヨーグルト!
    一方では三大アレルゲンの一つ、乳製品ともあって妊娠中は控える人も。
    しかし、気にしなければならないのは、お腹の赤ちゃんではなくママ自身の身体でした。

  • ヨーグルト、妊娠中の3つの体調変化に効果アリ!

  • その1 カルシウムが豊富

  • 妊娠中、ママの身体は赤ちゃんを育てるために変化していきます。
    カルシウムが不足するのも、その一つ。
    ママは今まで以上にカルシウムを摂取する必要があります。

  • 妊娠中は、お腹の赤ちゃんの骨や歯を形成するために、カルシウムが一日に150mgも胎盤を通してお腹の赤ちゃんに与えられます。
    出典 :【カルシウム】- 妊娠to安産.com
  • 妊娠中は900mg、産後は一日1100mgのカルシウム摂取を心がけましょう。
    出典 :【カルシウム】- 妊娠to安産.com
  • 手軽にカルシウムをとれる食品として人気のヨーグルトは、妊娠中のママの強い味方です。

  • その2 つわりの救世主

  • 妊娠中のママの辛い症状、つわり。そんな時もヨーグルトが味方に!

  • 牛乳は飲めなくても酸味が食べやすいのヨーグルトは抵抗がそれほどないのかもしれません。
    出典 :つわり中に人気のある食べ物
  • 何も口にしたくない、でも何か食べなきゃ。
    そんな時に、程よい酸味と、のどごしの良いヨーグルトなら食べられると、つわり中のプレママにも人気の食べ物です。

  • その3 便秘にだって効く

  • 妊娠すると子宮が大きくなり、腸が圧迫されることで便秘になりがち。

  • もともと便秘症の人はさらなる注意が必要。さまざまな原因が組み合わさって、より重い症状になることもあります
    出典 :なぜ妊娠すると便秘になるの? - gooベビー
  • 頑固な便秘、お薬に頼るのはちょっと心配、という時でも、腸内環境を整えてくれるヨーグルトなら気軽に便秘対策できちゃう!

  • 乳酸菌は通常、腸内細菌として棲息しているが、ヨーグルトの乳酸菌は、腸内定着することはできない。ただし、その代謝物などが腸内のウェルシュ菌などを減少させ、在来乳酸菌を増殖させるという整腸作用をもつ。
    出典 :ヨーグルト - Wikipedia
  • 便秘にも優秀なヨーグルトを食べて、辛い便秘を乗り切りたいですね。

  • 心配なのは、アレルギー

  • 食物アレルギーを引き起こす三大アレルゲンの一つ、乳製品。
    ヨーグルトも乳製品だけど、ヨーグルトとアレルギーとの関係は?

  • アレルギーの発症を抑えるという効果が期待されている。
    出典 :ヨーグルト - Wikipedia
  • <ヨーグルトに期待できる健康効果>
    ☆免疫力アップ
    ☆アレルギー・アトピーの抑制
    出典 :とくまる|TBSテレビ:はなまるマーケット
  • むしろヨーグルトにはアレルギーを抑制する効果が期待されています。

    一方で、こんな声も。

  • ヨーグルトなどの乳酸菌食品は、摂取することで花粉症に効果があると言われ、免疫力を高める働きがあるとも言われるが、脂肪が含まれる食品の共通の性質として、過度に摂取するとアレルギーを悪化させたりすることもある。
    出典 :ヨーグルト - Wikipedia
  • 免疫力向上や花粉症やアレルギーへの効果が期待されるヨーグルトですが、食べる量には注意が必要なようです。
    では、ヨーグルトを食べることで、お腹の赤ちゃんがアレルギーとなる危険性はあるのでしょうか?

  • ママの食事と赤ちゃんのアレルギーとの関連は?

  • 臍帯の血管を通して妊婦の食べた食品の1部は、胎盤を通過して胎児に到達します。もし胎児にその食物に反応するアレルギー体質があれば、子宮内でアレルギーを起こす体質を獲得してしまう可能性があります。
    出典 :妊婦とアレルギー
  • ママの食事はお腹の赤ちゃんにも胎盤を通して届いているようです。
    おいしいからと言って食べ過ぎると、赤ちゃんへの影響が気がかり。
    やっぱり、アレルギー源はなるべく取らない方がいい?

  • もし妊婦が全く牛乳や乳製品を摂取しないと、胎児の骨に必要なカルシウムは、妊婦の骨や歯を溶かすことにより供給されます。更年期以後の骨粗鬆症のことを考えると、妊娠中には差し支えない程度の牛乳や乳製品を摂取することが理にかなっているといえます。
    出典 :妊婦とアレルギー
  • 妊娠中に動物性タンパク質を控えることが、生まれてくる赤ちゃんのアレルギー発症を抑えるという根拠はない。
    出典 :食べ物の気がかり - gooベビー
  • 極端にヨーグルトばかり食べる食生活でなければ、お腹の赤ちゃんへのアレルギーの影響はなさそうですね。
    やはり何事も適度が大切。

    もし過度に摂取すると、ママ自身がアレルギーになってしまう可能性も!

  • 気づかないうちになっている?遅延型フードアレルギー

  • 遅延型フードアレルギーは、特定の物質を過剰摂取した結果、小腸が目詰まりを起こした状態。慢性的な炎症がじわじわと全身で進行するため、気付かない間に老化が進むだけでなく、内臓、神経、筋肉、泌尿器、肺、心臓、皮膚などあらゆる所で不調が起こる可能性があります
    出典 :大人の遅延型アレルギー(2/4)|女性・OLに役立つ情報・口コミ満載のシティリビングWeb
  • 遅延型は6~24時間経たないと症状が出ない上、その症状も肌あれからメンタルな不調まで多岐にわたり、気付きにくいのが特徴です
    出典 :大人の遅延型アレルギー(2/4)|女性・OLに役立つ情報・口コミ満載のシティリビングWeb
  • 遅延型フードアレルギーのママは要注意!お腹の赤ちゃんへの影響は?

  • 遅延型フードアレルギーに気付かず、その食品を食べ続ける女性が妊娠すると、お母さんのアレルギーが胎盤を通して赤ちゃんに移行してしまいます。
    出典 :大人の遅延型アレルギー(3/4)|女性・OLに役立つ情報・口コミ満載のシティリビングWeb
  • 遅延型フードアレルギーの検査は病院で

     

    遅延型フードアレルギーの治療法は、対象食物の摂取制限が基本となるよう。
    遅延型フードアレルギーがあるか知ることで、ママ自身も自分の身体を見直すきっかけになり、食生活に対する心構えも変わってくるかもしれません。

  • 新たな命を宿し、育んでいるママにとっては、あらゆることが気がかりなもの。
    ひとまず、妊娠中のヨーグルトは「適度に」食べる分には問題ないようです。
    カルシウム不足を補い、つわりママの貴重な栄養源であるヨーグルトはプレママにとっても優秀食材!

    ヨーグルトに限らず、大切なのは「バランス」と「適量」。もっと大切なのは、ママが楽しく食事を取れることです。
    妊娠中のママたちの食生活が、より楽しく快適になるよう応援しています!