急性ではない!?「慢性気管支炎」とはどのような状態!?

慢性気管支炎というものがあるそうです。急性気管支炎との違いは何があるのでしょうか?

view115

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 慢性気管支炎は

  • 慢性気管支炎は、原因不明のせきとたんの症状が長く続く状態に対する病名です。肺結核(はいけっかく)や気管支拡張症(きかんしかくちょうしょう)によるなど、原因が明らかな病気の場合は、慢性気管支炎とは呼びません。
    出典 :慢性気管支炎 とは - コトバンク
  • 健康な人の気管支内をおおう粘膜(ねんまく)には杯細胞(さかずきさいぼう)という細胞があり、気管支腺(きかんしせん)という分泌腺(ぶんぴつせん)が開口していて、空気とともに入ってくる異物から呼吸器を守るために、粘液や分泌物を送り出しています。これが異物をとらえて、のどのほうに押し出されたものがたんです。
    出典 :慢性気管支炎 とは - コトバンク
  • しかし、長い間たばこを吸っていると、杯細胞や気管支腺が増加して、そこからの分泌物がたまってできる、たんも増えるようになるのです。 こうした症状がみられる慢性気管支炎は、ほとんどの場合、肺気腫(はいきしゅ)(「肺気腫」)という病気をともなうので、まとめて慢性閉塞性肺疾患という診断名が使われます。
    出典 :慢性気管支炎 とは - コトバンク
     

    これが概要ですね

  • 「持続性あるいは反復性の痰を伴う咳が少なくとも連続して過去2年以上、毎年3カ月以上続くものを慢性気管支炎と言う。」
    出典 :�C�ǎx���@�����C�ǎx��
     

    こちらが定義ですね

  • 慢性気管支炎

     

    慢性気管支炎の原因はいまだに不明とされてるようです。ただリスクファクターの一つとして、煙草が示唆されているようです。煙草は体の害になるのは明白ですね!

  • 肺気しゅと同様、喫煙が大きな原因となる。その他に、加齢、ウイルスや 細菌などの感染、職業的な粉塵暴露、大気汚染などがあげられている。
    出典 :慢性気管支炎 医学・健康情報サイト J-Medical
  • たばこの煙、大気汚染、ほこり、刺激性の化学物質が呼吸と一緒に入ってく ると、その刺激がもとで粘液分泌が増加したり繊毛が減少してしまう。また、老化によってもからだの防御機構としての働きが弱まって、増えてし まった粘性のある痰が喉に押し出されにくくなり、咳で痰を出すようにな ってくる
    出典 :慢性気管支炎 医学・健康情報サイト J-Medical
     

    粘膜は傷つきやすいものと言えるのです。

  • 症状としては

  • 中年以降で、起床時に咳をともなった粘液性の痰を出す、感染が加わると痰の量が増し、ウミを含むようになる。病状が進むと呼吸困難や息切れを覚えることがある。特に胸部レントゲンでは肺気腫、肺繊維症、気管支拡張症がなければ特徴的な異常を示さないことも多いです。
    出典 :�C�ǎx���@�����C�ǎx��
     

    意外と気づき難いのかもしれませんね。

  • 気管や気管支には防御機構として、呼吸とともに侵入してくるほこりや細 菌を内側の粘膜が粘液を分泌し吸着させ、それを繊毛の運動で喉のほうに 押し出す(痰)作用がある。慢性気管支炎は、気管や気管支が慢性的に炎症を起こし、粘性のある痰 が喉に押し出されにくくなり、咳や痰が続く病気のことである。
    出典 :慢性気管支炎 医学・健康情報サイト J-Medical
  • 症状としては中年以降で、起床時に咳をともなった粘液性の痰を出す、 感染が加わると痰の量が増し、ウミを含むようになる。病状が進むと呼吸 困難や息切れを覚えることがある。特に胸部レントゲンでは肺気腫、肺繊維症、気管支拡張症がなければ特 徴的な異常を示さないことも多い。
    出典 :慢性気管支炎 医学・健康情報サイト J-Medical
     

    このようなものが症状といえますね。

  • 治療薬が使われる場合は

  • 慢性気管支炎の際に服用する治療薬は咳や痰を止めるタイプの薬です。喘息の場合はアレルギーに対する薬である抗IgE抗体なども使われますが気管支炎の場合は抗IgE抗体は使われません。それよりも粘ついた痰が絡まっているのが問題なので痰を取るタイプの薬が必要なのです。
    出典 :慢性気管支炎の治療薬にはどんなものがあるの?[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など17000件以上
  • 慢性気管支炎で喘息の治療薬と同じ効能を持つ薬を処方されることもあります。それが気管支拡張剤です。気管支の炎症で気管が狭くなっている、アレルギー反応で気管が狭くなっているという違いはあれど気管を拡張してやれば症状が軽くなります。
    出典 :慢性気管支炎の治療薬にはどんなものがあるの?[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など17000件以上
  •  

    慢性気管支炎の治療に使われる薬には咳や痰を抑えるタイプの薬、そして気管支拡張剤があります。狭くなった気管を広げる気管支拡張剤は喘息の治療にも使われている薬です。色々あるので試してみてくださいね!