妊娠後期の体重増加について

妊娠後期の体重増加についてはいくらでも増えても良いというわけではありません。動くのが辛くなってくる時期だからこそ体重増加には敏感でありたいものです。

  • rinko 更新日:2014/04/11

view942

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠後期のぐうたら生活は危険!?

  • いよいよ近づくお産に備えて、実家に里帰りをしたり、産休や退職をするバルーンママがふえるころ。それでなくてもおなかが大きくなって、動くのがツラーイこの時期、動かなさすぎると体重急上昇の危険が……。
    出典 :食べるヒマがあったら体を動かす - gooベビー
     

    気の緩みはリラックスと言う点では大歓迎なのですが食べ過ぎにはご用心です。

  • ~毎日のぐ~たら期を乗り切る3カ条~1 生活が楽になっても、気を抜かない2 ダラダラせず、家事をしっかりこなす3 さらに運動で体を動かせばカンペキ!おなかがだいぶ大きくなって動くのがおっくうになる時期ですが、ここで気合いを入れて、キビキビ動くのがポイント。妊娠後期の体重増加は、週に300グラムを目安に、500グラム以内に抑えて。
    出典 :食べるヒマがあったら体を動かす - gooベビー
     

    あえてキビキビ動くということに意味があるのです。

  •  

    少しずつでも家事を手伝う気持ちが大事です。

  • 妊娠後期に体重を増やさないコツ

  • BMIがいくら適正範囲といっても、一気に太ってはダメ! 1週間に500g以上増えたら、NGです! 妊娠中毒症のおそれも出てきます。もし、1週間で500g以上増えてしまったときは、その週の食事を反省して、次の週は500g未満の増加で済むように抑えましょう。体重は、なだらかな曲線を描いて増えていくのが理想です
    出典 :にんぷの体重管理|プレママタウン
     

    特に妊娠後期の大幅な体重増加には要注意です。

  •  

    ついついやってしまう食べ過ぎ・・妊娠後期の体重増加には気をつけましょう。

  • 妊娠中、食べ過ぎに気をつけていても、ふと魔がさすときがあります。「あのとき、あの気のゆるみがいけなかった・・・」とならないように、次のようなときには気を引き締めていきましょう。産休に入ってから、急に太ってしまう人は多いですね。通勤や仕事で使っていたカロリーが、消費できないことも一因。里帰りして親がなんでもやってくれる極楽生活にも要注意!
    出典 :にんぷの体重管理|プレママタウン
     

    やはり気の緩みが一番の落とし穴なのです。

  • 今まで、1人で家事をしていた人が里帰りしたり、仕事を続けていた人が産休や退職になると、1日中だらだらと過ごしてしまいがち。そこでまず、毎日の家事を意識的にしてみては。例えば洗濯物を取り込むだけでも休息時の2倍のカロリーを消費できます。はき掃除30分で99kcal洗濯物を干す・取り込む30で99kcal
    出典 :食べるヒマがあったら体を動かす - gooベビー
     

    少しずつでも体を動かすことで急激な体重増加を防ぐことができます。

  • 体重増加は妊娠中毒症の前兆!

  • 後期になるにつれ動くのもダルいし、外は寒いしで、ピタッとやめてしまいました。さらに予定日2カ月前から実家に里帰りして、家事はすべて母まかせ、何もせずゴロゴロする毎日。妊娠9カ月に入ったころからは、足のひどいむくみや尿たんぱくが出始め、妊娠中毒症に!
    出典 :食べるヒマがあったら体を動かす - gooベビー
     

    誰もが陥りやすい状態です。十分に気をつけてください。

  •  

    妊娠中毒症も十分に防げる病気です。まずは妊娠後期の体重管理が必要になります。

  • 食生活にも気をつけましょう。塩分を控えること、低カロリーに抑えること、高タンパクのものをとることが予防の3大鉄則です。最後に体重増加に注意しましょう。食生活を見直すことで太りすぎも抑えられるはずですから、注意を怠らないようにしましょう。
    出典 :妊娠中毒症の予防-妊娠出産のお金大辞典-
     

    妊娠後期の大事な時期に妊娠中毒症にならないよに日常生活に気を配りましょう。