自分で前撮りメイクをすればメイク費用もかかりません!

自分で前撮りメイクをしてみませんか?成人式や卒業式などのイベント時の当日はとても忙しく、きちんとした写真をとっている暇もないということはありませんか。また当日に写真を撮影するとものすごく混雑しているため、写真館での撮影ができないこともあります。
そこで自分で前撮りメイクをしましょう。

view51

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 自分で前撮りメイク

  • 自分で前撮りメイクをするポイントとは?

     

    自分で前撮りメイクをする際に、メイクがうまくできるかどうかが一番不安な点ではないでしょうか。

    自分で前撮りメイクをするメリットは、思い通りにメイクができるということでしょう。
    またプロにお願いすると高額なメイク料金がかかってしまいますが、自分でメイクをすれば無駄な出費もありません。
    プロにメイクをやってもらった場合、メイクが自分で思っていたよりも濃すぎてしまい、後で後悔してしまうこともありますが、自分でメイクするなら、そんな心配もありません。

  • 自分で前撮りメイクをするポイント

     

    まず、自分の着る着物の色などに合わせてメイクをするようにしましょう。
    着物の色がピンクや赤の場合、リップカラーもピンクや赤に合わせるとメイク映えしますので、お勧めです。

    またアイシャドーの色も着物の色に合わせてみるのも粋です。

    着物を着るなら、やはりいつものメイクよりは華やかにしたいものです。

    そこでシックな大人っぽいメイクに挑戦されてみてはいかがでしょうか。

  • 前撮りメイクのポイント

     

    着物を着て前撮りされる方が多いことでしょう。
    そこで着物に合うメイク方法をご紹介します。

  • ファンデーションの色選びは、ややピンク系のものを選びましょう。
    こうすると白い透明感の肌を演出することができるからです。
    ベースメイクの上からパール系のパウダーを塗ると陶器のような白い肌を演出することが出来ます。

    ハイライトやパールの入ったおしろいなどを使って、輝く肌を演出してもいいですね。

  • 自分で前撮りメイクするときは、いつものメイクよりも少し濃いめにしましょう。
    少し濃いめにする理由は、着物の華やかさに負けないためでもあります。

  • 眉を描くポイント☆

    アイブロウペンシルで眉毛一本一本描いていきましょう

  • ところで成人式の前撮りっていつやるの

  • 自分でメイクをして前撮りするなら5月から6月がおすすめです

     

    成人式の前撮り撮影をするなら、おすすめの時期があります。
    それは前の年の5月から6月ぐらいです。

    暑くもなく寒くもない時期なので、写真撮影にはうってつけの時期でもあります。

    逆におすすめできないのは、10月から12月の時期です。
    この時期は写真館が忙しい時期で前撮りをするお客さんも多い時期なので避けた方が無難です。

    家でしっかりと自分で前撮りメイクを行い、写真館でとっておきの一枚を撮影してもらいましょう。

  • 卒業式の前撮りの時期はいつ?

  • おすすめは10月

     

    卒業式の前撮りをするおすすめの時期は10月からです。
    成人式の場合は、自分で晴れ着を用意する方も多いですが、卒業式の場合は、ほとんどの方が一度ぐらいしか着る機会がないのではないでしょうか。

    そのため袴や着物のレンタルが出回るのが10月ぐらいからになります。
    このぐらいの時期に卒業式の前撮りを行うのがベストです。

    気持ち的には、10月だと卒論試験などが残っているので、卒業できるかどうか不安な時期でもありますが……。

  • いかがでしょうか。

    自分で前撮りメイクをすれば、着物を着た時のアレンジも自由自在にできます。
    前撮りメイクは地味すぎてもいけないし、逆に派手すぎても浮いてしまいます。
    着物とのバランスが大切なので、鏡を見ながら行いましょう。