赤ちゃんは食物アレルギーで湿疹が出ることがあります

食物アレルギーで湿疹が出ることがありますが、どうして湿疹が出るのでしょうか?

view462

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食物アレルギーで湿疹なぜ起こる?

  • 体の中に、ウイルスや細菌が入り込むと、人はそれを体から追い出そうとします。これが「免疫」といわれる体を守るしくみです。ところが、体を守るはずのこの免疫の働きが過敏すぎると、体に不利な症状を引き起こすことがあります。この反応を「アレルギー反応」といいます。
    出典 :駒橋内科医院 内科,アレルギー科,小児科 喘息、アトピー,花粉症
     

    アレルギー反応って免疫機能が暴走している形なんですね。

  • 食物アレルギーの多くは、食べ物に含まれるたんぱく質などが、消化管から吸収され、血液を介して、皮膚、気管支粘膜、鼻粘膜、結膜などに到達してアレルギー反応がおきます。
    出典 :駒橋内科医院 内科,アレルギー科,小児科 喘息、アトピー,花粉症
     

    湿疹も食物アレルギーの現れの一つです。

  •  

    アレルギーの症状が湿疹だけでなく、様々な種類があります。

  • 生後1-2ヶ月の赤ちゃんにすでに湿疹があっても医師ですら自然に治るとか言う人がいる。もちろん一部は治るけど、一部は食物アレルギーになり、両者がその時点で区別できないなら、全員治療すべきだと思う。治療のリスクはごく小さい。
     

    食物アレルギーの湿疹と分からなくなる場合があるみたいですね。

  • 乳児湿疹なのか、食物アレルギーなのか見分ける方法はありますか?

  • 乳児湿疹(にゅうじしっしん)とは、顔や体の一部など、乳児期の赤ちゃんに見られる湿疹の総称。生後2~3週間から2ヵ月頃に多く見られる。
    出典 :乳児湿疹 - Wikipedia
     

    乳児にできる湿疹はすべて乳児湿疹であるという考え方もあるみたいです。

  •  

    湿疹の理由や原因は素人ではまずわかりません。

  • それを見分けるのは医師の仕事です。自己判断せず、病院へいらしてください。そもそも、初見では私たち医師でもわかりません。適切な治療をすれば治って再発しないのが乳児湿疹で、治らず原因を探っていくとアレルゲンが特定されるものがアレルギーだと判断していきます。
    出典 :食物アレルギーの悩みを解決する専門家のお話|ベビータウン
     

    しっかりお医者さんに判断してもらいましょう。

  •  

    素人判断だけではダメです。

  • 食物アレルギーとアトピー性皮膚炎は関係あるのですか?

  • アトピー性皮膚炎は食物アレルギーとは別のアレルギー性疾患ですが、乳幼児のアトピー性皮膚炎の場合、食物が原因で症状が悪化することがよくみられます。この場合は“食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎型”として両方の疾患の管理が必要となります。
    出典 :どんな症状が出るの?|アレルギーi
     

    食物アレルギーだけを注意しているだけではダメということです。

  • 食物アレルギーがアトピー性皮膚炎を悪化させる原因の場合があります。アトピー性皮膚炎の原因が食べ物である確率は年齢によって違って、乳児は50%~70%もありますが、年齢とともにその関係は薄れていき学童は5%未満と言われています。
    出典 :食物アレルギーの悩みを解決する専門家のお話|ベビータウン
     

    アトピー性皮膚炎に関係している場合があるのですね。

  •  

    年齢が低いほど関係している可能性が高いのですね。

  • 改善法は?

  • 食物アレルギーの症状は、原因食物を食べないことで改善します。これを「食物除去」といい、始める時期が早いほど症状は軽くなり、原因食物を食べられるようになるといわれています。
    出典 :気をつけよう! 赤ちゃんの食物アレルギー - Phadia - Setting the Standard - Phadia.com
     

    食物除去するためにはまず原因を特定する必要があります。

  • 食物アレルギーの診断は、原因と思われる食物を1〜2週間程度試験的にやめてみる「食物除去試験」や、食べさせてみて症状がでるかどうかをみる「食物負荷試験」によって確定されます。この検査は重いアレルギー症状がでることもあるので、専門医のもとで実施されます。
    出典 :気をつけよう! 赤ちゃんの食物アレルギー - Phadia - Setting the Standard - Phadia.com
     

    自分でやろうとはせず、必ず病院へ行きましょう。

  • アレルゲンとなる食物が判明したら、軽度のアレルギーであれば1歳を過ぎるまでは避けた方が無難です。消化器官が発達する1歳を過ぎる頃には多くの場合アレルギー症状は治まってきますから、その頃から少しずつ、食べさせてみるとよいでしょう。
    出典 :乳児に現れる湿疹の種類 | スキンケア大学
     

    しっかり用心しましょう。

  •  

    早く診断してもらって早く克服できるようにしましょう。