脳出血の症状の現れ方

被殻出血。視床出血。小脳出血。皮質下出血。脳幹出血(橋出血)

  • S 更新日:2014/05/09

view213

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 出血部位・発症部位などにより、症状は異なります。

  • 一般的に多く見られるのは、頭痛・嘔吐・意識障害・片麻痺(かたまひ)です。

  • 意識障害。

  • 出血部位により、被殻出血、視床出血、皮質下出血、脳幹出血、小脳出血に更に細分化され、発症部位により症状は異なる。非高血圧性脳内出血は、脳動脈瘤、もやもや病、脳動静脈奇形、脳アミロイド血管障害、脳腫瘍内出血、抗凝固療法に合併するもの、アンフェタミン乱用に伴うもの、血小板機能障害に伴うものなどがある。
    出典 :脳内出血 - Wikipedia
     

    脳アミロイド血管障害=脳アミロイドアンギオパチー

  • 老人においては脳アミロイド血管障害による脳出血は非常に多く、高血圧性につぐ第二位である。脳アミロイド血管障害では皮質下出血が多く、また再発を繰り返すことが多い。
    出典 :脳内出血 - Wikipedia
     

    脳アミロイド血管障害、脳アミロイド血管障害、皮質下出血などなど。再発するのも恐ろしいです!

  • 被殻出血

  • 片麻痺、感覚障害、同名性半盲(どうめいせいはんもう)(両眼とも視野の片側半分が見えなくなる状態)などが主な症状で、進行すると意識障害がみられます。優位半球(ゆういはんきゅう)(通常左半球)の出血の場合では失語症(しつごしょう)もみられます。
    出典 :脳出血 - goo ヘルスケア
     

    被殻出血について。

  • 脳内の各部名称図。

  • 視床出血

  • 後視床穿通動脈および視床膝状体動脈から出血する。麻痺よりも感覚障害が強く発現し、痛みを強く感じる。間脳や脳幹の障害により意識障害が起こる。脳実質内血腫に対しての外科的手術の適応はなく、急性水頭症を起こしている場合は脳室ドレナージ、脳室内血腫に対して神経内視鏡を用いた血腫除去術が考慮される。
    出典 :脳内出血 - Wikipedia
     

    視床出血について。

  • 小脳出血

  • 脳出血の約1割でみられ、嘔吐、激しい頭痛、歩行障害、意識障害などの症状があらわれます。血腫の大きさによって、手術を検討していきます。
    出典 :脳出血の種類と症状
     

    小脳出血について。

  • 皮質下出血

  • 致死的となることは少ないが部位により巣症状(高次脳機能障害)を生じる。高齢者に多い。血腫が 50ml 以上と大きく意識レベルが傾眠 JCS10 から半昏睡 JCS100 で手術が考慮される。
    出典 :脳内出血 - Wikipedia
     

    皮質下出血について。以下に続きます。

  • 皮質下出血においても高血圧性が多いが、被殻出血、視床出血に比べると高血圧性の割合が低く、その他の出血原因についても積極的に精査する必要がある。若年者では動静脈奇形、高齢者では脳アミロイド血管障害が多い。
    出典 :脳内出血 - Wikipedia
     

    皮質下出血について。上記の続きです。

  • 脳幹出血(橋(きょう)出血)

  • 脳出血の約1割にみられ、急激に意識を失う危険な状態になります。症状には、意識障害、呼吸障害、四肢のマヒ、眼球運動障害などがあります。発作を起こすと数分で昏睡状態になり、数時間で死亡するケースもあるため、早急に治療をすすめていきます。
    出典 :脳出血の種類と症状
     

    脳幹出血(橋(きょう)出血)について。