どんな事になる?「脊髄損傷の症状」は何があるのでしょうか。

脊髄損傷の症状は何がある?どんな状態が引き起こされるのでしょうか!

view210

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脊髄損傷は

  • 脊髄とは、脳と体をつなぐ中枢神経のことであり、この部位の損傷を脊髄損傷といいます。主として大きな外傷を受け、脊椎(せきつい)が骨折、脱臼(だっきゅう)を起こした際に生じます。脱臼や骨折がなくても、脊柱管(せきちゅうかん)(脊髄の入っている部位)が狭いところに外傷が加わることで脊髄損傷が生じる場合があります。
    出典 :脊髄損傷 - goo ヘルスケア
     

    このようなものだけじゃなくて外傷にも影響が出るのです。

  • 外傷以外にも、ヘルニアや腫瘍が脊髄を圧迫した際も同じような病気・症状になります。 脊髄に損傷があると、脳からの情報が正確に伝わらなくなり、障害部位以下の運動、知覚機能、自立神経が著しく障害されます。
    出典 :脊髄損傷 - goo ヘルスケア
  • 脊髄損傷の症状は

  • 完全麻痺と不全麻痺があります。損傷された脊髄から遠位の運動・知覚の障害がでます。完全麻痺では下肢が全く動かず(頚椎では四肢が全く動かない)、感覚もなくなります。
    出典 :「脊髄損傷」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる
     

    感覚もなくなってしまうのです。

  • 脊髄損傷の部位が上位である場合に発生します。人工呼吸器が必要になる場合、「痰詰まり」や「肺炎」を起こしやすくなるなど、症状は様々です。
    出典 :脊髄損傷の症状と介護について | 弁護士による脊髄損傷相談ナビ
     

    呼吸筋麻痺もあるのです

  • 体温の

     

    調節機能の低下も引き起こされるのです。欠陥を収縮や拡張などの自律神経の機能が低下してしまう為といわれているのです。脊髄を損傷してしまうとこのような事になってしまうのですね。

  • 程度に関しては、脳からの命令が完全に伝わらなくなって動きがなくなる完全型から、損傷部位に一部機能が残存している不完全型(少し筋力が弱くなるなど)があります。運動、知覚機能の障害だけではなく自律神経にも障害が及ぶため、排尿、排便、呼吸、血圧調節機能に障害が生じることがあります。
    出典 :脊髄損傷 - goo ヘルスケア
  • その他にも症状が出てしまう

  • 起立性低血圧 脊髄損傷では、自律神経機能に障害が起こるため、座ったり、立ち上がったりした時に血圧が下がるなどして、「めまい」や「意識消失」を起こすことがあります。
    出典 :脊髄損傷の症状と介護について | 弁護士による脊髄損傷相談ナビ
  • 脊髄損傷によって感覚を失っていると、「しびれる」という感覚も失ってしまうため、特定の部位が圧迫されていることに気付かず、圧迫された部位に血行不良を引き起こし、皮膚や筋肉などの組織が壊れ、褥創が発生します。
    出典 :脊髄損傷の症状と介護について | 弁護士による脊髄損傷相談ナビ
  • 脊髄損傷で「寝たきり」となることで、関節を動かさず、筋力が低下すること等から、関節拘縮(かんせつこうしゅく)が発生しやすくなります。脊髄損傷では、残尿や失禁等の排尿機能の低下、排便機能の低下が必発と言えます。
    出典 :脊髄損傷の症状と介護について | 弁護士による脊髄損傷相談ナビ
  • 予防と治療は

  • 脊髄を

     

    痛めないようにするのが大切です。動かしてしまうと広がりが出てしまう事だってあるのです。しっかりとそのあたりの知識はもっておきたいものですね。

  • 受傷直後は「脊髄ショック」の状態で完全麻痺と不全麻痺の区別が付きませんが、脊髄ショックを脱して完全麻痺であれば一般的に予後は期待できません。治療は不安定性(グラグラしている)のある損傷脊椎の固定が中心となります。不全麻痺で脊髄圧迫が残っている場合には、圧迫を除去する手術を行います。
    出典 :「脊髄損傷」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる
     

    リハビリも必要になるのですよ。