注意しておきたい!「乾燥肌と蕁麻疹」の関係性

乾燥肌と蕁麻疹は切っても切れない関係にあります。そんな関係性をしっかりしっておきましょう

view538

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乾燥肌と蕁麻疹?

  • 冬は空気が乾燥しているので、乾燥肌になるという人が増える季節です。そして、乾燥肌と一緒にじんましんを発症するという人も多くいるようですね。乾燥肌だけでも、かさかさしたりかゆみが合ったりと大変なのに、じんましんまで出てしまうのは本当につらいです。この、寒い季節にだけでてくるじんましんを、寒冷じんましんといいます。
    出典 :乾燥肌と○○肌
     

    蕁麻疹はなった人にしかわからないつらさがあると言います

  • 乾燥肌の人は必ずじんましんが出るというわけではありません。乾燥肌は刺激に弱い状態になっているため、じんましんのリスクが高まっているのでしょう。寒冷じんましんや温熱じんましんは、乾燥肌のケアでは改善することはできません
    出典 :乾燥肌と○○肌
  • 寒冷じんましん

  • 一つは、冷たい風などによって肌が冷えることによって、じんましんが発症するパターンです。もう一つは、冷えた部位が後で温められることによって、じんましんが発症するパターンです。
    出典 :蕁麻疹は乾燥肌のせい?-乾燥肌限定サイト
  • どうして

     

    なぜ寒冷じんましんになってしまうのかをきちんと知ることで、少しでもかゆみが和らぐようにしましょう。乾燥肌対策もきちんとおこなっておきたいですよね

  • 私たちの肌の奥には肥満細胞というものが存在し、冷たい風や冷えた部位が温められることで肥満細胞が刺激を受けて、じんましんの原因物質である「ヒスタミン」を分泌します。「ヒスタミン」は毛細血管に作用し、血液成分を血管外へ漏れさせて、ミミズ腫れ、ブツブツ、赤みやかゆみを引き起こします。
    出典 :蕁麻疹は乾燥肌のせい?-乾燥肌限定サイト
     

    蕁麻疹で注意しないといけない事があります

  • じんましんはかゆくなるので、思わず掻いてしまいますが、掻きすぎるとじんましんの範囲が広がってしまったり、よけいかゆくなったりという悪循環に陥ります。
    出典 :蕁麻疹は乾燥肌のせい?-乾燥肌限定サイト
     

    決して掻かないようにしてくださいね

  • 暖め過ぎない事

  • 寒冷じんましんになりやすい人は「血行不良、寒がり、痩せている」といった特徴があります。敏感肌や乾燥肌の人も発症しやすい傾向が顕著です。そのような人は寒冷じんましんだけではなく、体温の上昇で起こる温熱じんましんにも気を付けたいです。
    出典 :冬場に起こるじんましん | じんましん(蕁麻疹)事典
  • どうするべきか

  • 病院に行き、診て貰う
    スキンケアで何とか治そうと努力する
    ケアを控えめにし、しばらく様子を見る
    出典 :肌の過剰な反応、免疫反応、湿疹、蕁麻疹 | サッポー美肌塾
     

    この三つのいずれかですよね

  • 状態が酷い場合、多くの方はあまり迷うことなく皮膚科医に診て貰う判断をするのだと思われます。むしろ問題となるのは、それほど酷くない場合です。スキンケアの間違いであるとか、使用している化粧品の問題だと思い込んだように行動してしまう人が多いことです。
    出典 :肌の過剰な反応、免疫反応、湿疹、蕁麻疹 | サッポー美肌塾
     

    そんな問題ではないのです

  • ところがこのような思い込みは、肌の状態をますます悪化させる方向に導いていることが多いのです。 炎症に対するケアも、広い意味のスキンケアに間違いありませんが、私達が普段行っているスキンケアとは、肌の健康維持・向上を目的として、美容上の成果を確保することです。けっして炎症を治療するケアではありません。
    出典 :肌の過剰な反応、免疫反応、湿疹、蕁麻疹 | サッポー美肌塾
     

    ここは間違えないようにしましょう

  • 注意

     

    じんましんの中には、緊急な受診を要するものもあります。 皮膚は身体の鏡、といいますが、 皮膚のじんましんが体内にも出ていることもあります。その場所や程度によっては命に危険があります。気をつけましょうね