早期流産しないためにしておきたいこと。妊娠には早く気づいて。

早期流産しないために、プレママができることのまとめです。早期流産は、防ぎようのないケースであることがほとんどであるといわれています。プレママとして、おなかの赤ちゃんのためにできる限りのことをして、穏やかな毎日を過ごすように心がけましょう。

view76

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 早期流産とは。

  • 流産とは、妊娠22週未満に妊娠が終わってしまうことで、自然流産の発生頻度は約15%です。妊娠12週未満を早期流産、12週以降22週未満を後期流産と区別します。
    出典 :妊娠初期流産 赤すぐ | 妊娠初期の流産についての説明や妊婦さんの体験談
  • 妊娠の超初期に起こる流産は、そのほとんどが受精卵の異常です。多くは染色体に異常があってうまく細胞分裂ができなかったためで、偶発的なものです。
    出典 :流産の症状と原因(妊娠初期)
  •  

    おなかに宿った命は、大切に育てたいと誰もが思うものですね。でも、早期流産は防ぎようのないケースがほとんどのようです。

  • 早期流産しないために、気を付けておきたいこと。

  • 早期流産は、防ぎようのないものがほとんどです。でも、早期流産しないためにできることがあるのなら、できる限りのことはしておきたい、と思うプレママも多いでしょう。早期流産しないために、またおなかの赤ちゃんを健やかに育むために、しておきたいことをまとめました。

  • 流産を予防するには、できるだけ妊娠を早く知ることが大事です。受精して着床し、胎盤ができるまでの14~15週くらいまでが最も危険です。早めに妊娠を知っていれば、注意して原因をつくらないようにすることができます。
    出典 :流産の症状と原因(妊娠初期)
  • 妊娠可能な状態にある人は、まず基礎体温をつけておき、早めに妊娠かどうかを知ることがたいせつです。妊娠したことがわかったら、日常生活で無理をしないことです。また、習悟性流産の人や前に流産したことがある場合には、医師に相談して、黄体ホルモンや卵胞ホルモンを投与してもらうのがよいでしょう。
    出典 :流産の症状と原因(妊娠初期)
  •  

    基礎体温はスマホのアプリで管理するのもいいですね。

  • 次に、特に妊娠初期の日常生活での守るべきことを以下に紹介していきます。
    ①過労を避けて十分な睡眠をとる。②かぜや下痢、便秘などに注意する。③ストレスをためないで、ゆったりした気分で過ごすように努める。④重いものを持たない。⑤立ちっぱなしの仕事をしない。電車やバスでの長時間立ちつづけも避ける。
    出典 :流産の症状と原因(妊娠初期)
  • ⑥階段の昇り降りに注意。⑦はげしい性生活は避ける。⑧仕事を持っている人は、場合によっては仕事内容の変更や勤務時間をずらしてもらうことも考える。⑨習慣性流産や、前に流産をした人は妊娠前に子宮の状態を調べてもらう。⑩水泳、旅行なども控える。
    出典 :流産の症状と原因(妊娠初期)
  • 葉酸は赤ちゃんの細胞の形成を助けてくれます。葉酸は通常の食事だけでは、必要量を賄うことが難しいため、サプリメントの利用も視野にいれることがおすすめです。ただし、摂り過ぎも問題です。厚生労働省の指導では1日の摂取量は1,000μg以下となっていますので、上限を超えないよう気をつけながら採っていきたいですね。
    出典 :【流産予防】妊娠初期に注意したい!流産の兆候と3つの対策 - こそだてハック
  •  

    サプリメントを摂るときには、摂取量にも気を付けて。

  • 体を冷やすと、子宮の筋肉が収縮し、子宮内膜の血流が悪くなります。子宮内膜から胎盤が成長し、胎盤から 酸素や栄養を胎児に送るので、子宮内膜の血流が悪い状態になると胎児に酸素や栄養が十分に届けられない状態になってしまいます。
    出典 :【流産予防】妊娠初期に注意したい!流産の兆候と3つの対策 - こそだてハック
  • 【おすすめの冷え対策】
    ・腹巻きや使い捨てカイロを活用する ・職場のエアコン対策に上着を持参する ・温かいスープや根菜類など身体を温める食事をとる ・シャンプー後の髪はしっかり乾かす
    出典 :【流産予防】妊娠初期に注意したい!流産の兆候と3つの対策 - こそだてハック
  •  

    妊娠中はもちろんのこと、女性の体には冷えは禁物です。温かいスープで体の中から暖めるようにしましょう。

  • 残念な話ですが、流産は妊娠のうち約15%に起きる、そう珍しくない現象なのです。なかでも妊娠初期の流産は、主に受精卵・胎児に問題があって妊娠が継続できないケースが大半。受精卵の染色体異常や、胎児の臓器が育たないといった理由であり、妊婦さんが生活に気をつけたからといって防げるものではありません。
    出典 :妊娠初期流産 赤すぐ | 妊娠初期の流産についての説明や妊婦さんの体験談
  • 流産をすると、自分の不注意だったと自分を責めてしまう人も多いと思いますが、妊娠初期の流産のほとんどは、受精の時点で、すでに運命が決まっています。いくら母親が注意していても、流産を避けることはできません。つまり、赤ちゃんは途中でだめになったのではなく、与えられた時間を全うし、生ききったということになります。
    出典 :妊娠初期の流産 [流産の基礎知識] All About
     

    もしも、早期流産をしてしまったとしても、自分を責めたりしないで。きっと赤ちゃんも精一杯、お腹の中で生きてくれたのです。