太らないためにどう予防したらよいのか?

太ってしまうと、ダイエットをしたりと色々大変になります。
そのため、不足らないための予防をしなくてはなりません。
ここでは太らないためにどうすべきか紹介します。

  • TUH55 更新日:2014/02/27

view50

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • はじめに

  • 脂肪

  • 太ることは、体に良くなく糖尿病などの病気のリスクも上がりダイエットをしなくてはならなくなります。
    そのような状況にならないために、今回はどうしたら太りにくくなるのか紹介します。

  • なぜ、太るのか?

  • なぜ人は太るのか?
    それは、食べることにあります。
    エネルギーは人間は食事によって補給します。
    そのため、食事は太るのを阻止する上で重要です。

  • 運動と食事

  • 太らないためには運動も大切と言われています。
    しかし、運動をした後の食事が重要です。
    運動をするとおなかがへり、食事の量が増えてしまい、かえって食べ過ぎて運動の分がパーになってしまいます。
    なので、運動をした後の食事を気をつけなくてはいけません。
    また、運動をしていなくても食事を気をつけなくてはなりません。

  • 食事

  • 食事のときに大切なことは色々あります。
    まず、食事の時に脂ものと砂糖を多く含んだものを一緒に食べることは出来るだけ避けましょう。
    これはおなかにしっかりついてしまうため、良くありません。
    食事をするときのジュースはお茶に変えると良いでしょう。

  • 野菜を最初に食べることも重要です。
    野菜は噛みごたえがあり、満腹中枢を刺激して満腹感を与えるため、
    食べすぎを防ぎ、血糖値の急上昇を防ぐため、糖尿病予防にもなります。
    野菜だけでなく、ほかのものでも良くかんで食べると良いです。

  • お酒は控えることも大切です。
    お酒は、食欲増進の働きがあるため食べ過ぎてしまいます。
    また、お酒を飲むときのおつまみは高カロリー名者が多く体に良くありません。
    なので、出来るだけお酒を控えましょう。

  • お菓子

  • お菓子は、時々小原が好いたときに食べてしまいます。
    これは、太る原因の1つで、
    余計なカロリーを取ってしまいます。
    また、ストレスなどでお菓子をたくさん食べてしまうときもありよくありません。
    なので、小腹がすいたときはお茶などのお水を飲みましょう。
    ストレスの場合は、お菓子を食べること以外の、お風呂に入ったり好きな音楽を聴いたりするなどをしてすごしましょう。そうすると、肥満だけでなく、お財布にも優しいです。

  • おわりに

  • 太るリスクを下げるには日々の行いが重要です。
    そのため、常に意識を持って健康に暮らせるようにしましょう。