日焼け止め正しく選べていますか?PAやSPFを知ろう!

日焼け止めに表示されているPAやSPF。それぞれの特徴を理解してお肌にやさしいサンカット対策をしましょう!

view114

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 日焼け止めに表示されているSPFやPAって何?

  • 地表に届く紫外線は、UVBとUVAの2種類があります。SPFはUVBから、PAはUVAから肌を守る効果の目安です。
    出典 :花王株式会社 製品Q&A 日やけ止めなどの表示にあるSPFやPAって何?
  • SPFとは

  • SPFとは、Sun Protection Factor の略で、UVB(紫外線B波)をブロック(防御)できるUVBカット量を示すものです。
    出典 :SPFとは
  • 強さではなく時間

  • 勘違いしやすいのは日射しの強さに対抗できる値ではないということ。「海や山の日射しの照りつける場所に行くからSPF値の高い日焼け止めを使おうっと!」というのは間違い。あくまで目安は太陽の光を浴びる“時間”です。
    出典 :勘違いしてない!?日焼け止めSPFとPA+++の本当の意味!(LAURIER(ローリエ)) - エキサイトニュース(1/2)
  • たとえば、こういうことですね。

  • 赤い斑点が現れるまでに20分程度かかる人がSPF30の日焼け止めクリームを塗った場合、20×30 = 600分。約10時間程度の日焼け止めの効果が期待できるということになります。
    出典 :SPF(紫外線防御指数)とPA(UV-A防御指数)
  • ちなみに・・・

     

    SPF30以上は効果にほとんど変わりはないといわれています。海外にはSPF50以上の数値の製品もありますが、肌が痛んで肌荒れの原因になることを考えると、日本の製品でも十分ですよね。

  • PAとは

  • PAとは、Protection Grade of UVA の略で、UVA(紫外線A波)をブロック(防御)できるUVAカット量を示すものです。
    出典 :PAとは
  • PA+の意味は「効果がある」という意味で、色素沈着を起こしてしまう時間を2~4倍に伸ばす効果を持っているといわれます。PA++は「かなり効果がある」という意味、PA+++は「非常に効果がある」という意味、PA++++「極めて高い効果がある」になります。
    出典 :SPFとPAって何?-美白のためのUVケアを徹底解説!
     

    2013年1月から、PA++++(フォープラス)が解禁されました。国内最高基準値です。

  • 2種類の日焼け「サンバーン」と「サンタン」

  •  

    日焼けには、肌が赤くなる日焼け(サンバーン)と、肌が黒くなる日焼け(サンタン)があります。

  • 肌を赤くするUVBは「サンバーン」を引き起こす

  • UVBが、引き起こす「サンバーン」は、皮膚を赤く変化させる炎症による日焼けです。すぐに変化が表れ、赤くヒリヒリとしてきます。日焼けをした初日に赤くなるのは、この為です。
    出典 :サンタン・サンバーンとは
  • 肌の奥まで届くUVAは「サンタン」を引き起こす

  • UVAが、引き起こす「サンタン」は、皮膚を黒く変化させる色素沈着による日焼けです。すぐに変化せず、時間がかかります。日焼けをしてから、数日後に黒くなるのは、この為です。
    出典 :サンタン・サンバーンとは
  • サンバーンとサンタン

     

    サンバーンは、皮膚がんやシミの原因に。
    サンタンは、しわやたるみの原因に。

  • 生活シーンに合わせよう

  •  

    日焼け止めを塗ること自体も肌には負担になるので、SPFやPAが高ければよいというものでもありません。使用する場面に適した日やけ止めを選びましょうね!

  • たっぷり使いましょう!

  • いくら「SPF」と「PA」の値が高いものを選んで使ったとしても塗る量が少ないと効果は下がります。例えば「SPF」は、皮膚1平方センチメートルあたり、日焼け止めクリームを2㎎塗ったときの効果をあらわした数値で、その量を塗ってはじめて表示にあるとおりの効果があるということになります。
    出典 :SPFとPAって何?-美白のためのUVケアを徹底解説!
  •  

    ケチらずにね!