どのようにして治す!?「大腿骨骨折の手術」について!

大腿骨骨折の手術はどのようにして治す?気になる手術のまとめ!

view243

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大腿骨骨折の手術の方法は

  • 一般的な手術の方法
    人工骨頭置換術
    骨接合術
    (CCS固定法・CHS固定法・髄内固定法)
    あるいは 人工関節置換術
    出典 :大腿骨近位部骨折とその手術|お年寄りの骨折について | 人工関節と関節痛の情報サイト 【関節が痛い.com】
  • いつから?

     

    もし大腿骨近位部骨折をおこした場合、手術に耐えることができる体力があれば一日も早くベッドから起き上がり、自由に動ける状態になれるよう手術が行われます。

  • 骨接合術

  • 大腿骨頚部骨折の治療の一つに骨接合術という手術があります。折れた部分を金属の板やネジ(骨接合材)で、固定します。骨折部を骨接合材で固定すると早目にリハビリテーションをすることができます。使用する骨接合材は、骨折の場所や折れ方で使う種類がことなります。
    出典 :大腿骨頚部骨折骨接合術
  • ほかの部分、手首や足首ですと、骨を元に戻してギブスで固めてという保存的治療も選択できますが、大腿骨の場合、付け根という場所だけにギブスで固めることができず、手術しないでくっつくのを待とうとすると、1ヵ月以上はベッドの上ということになります。
    出典 :【浅見 和義】大腿骨骨折は、高齢者が寝たきりになるのを防ぐためにも、早期に手術して歩ける状態にすることが大切です。|先生があなたに伝えたいこと | 人工関節と関節痛の情報サイト 【関節が痛い.com】
     

    なので手術が使われるという事だそうです。

  • 金具をつかって固定する

  • スクリューやプレートなど色々な金具を使用し固定します。しかしもともと骨質が低下(骨粗鬆症)している症例が多く、 骨折部に体重の3~5倍の力が加わるため転位(ずれ)が発生しやすい。 (いわゆるヌカに釘になりやすい)部分とされており、むずかしい手術の一つです。
    出典 :大腿骨頚部骨折術(内側骨折、外側骨折)|浜脇整形外科病院
  • 画像は参考です

     

    このように金具で固定して治療を行う場合もありますが、こちらの方法は少しリスクが高くあまり行われていない方法とも言えますね。

  • 他にも色々な金具が使われる

  • 現代の医療は進んでおり

     

    色々な金具がつかわれて丁寧に治されるようになりました。大腿骨骨折はどうしてもくっつきにくい部分と呼ばれているので、これは大切な事ではないでしょうか?!

  • 初から、骨折をつけることをせず、人工関節(人工骨頭)にすることもあります。(若い人には人工骨頭は使いません。また、大腿骨転子部骨折でも人工骨頭はまず使いません)
    出典 :医療法人 竜操整形【大腿骨頚部骨折に対する手術】
  • この辺も知っておこう

  • 腰椎麻酔・・・腰から針を刺して麻酔薬をいれる下半身麻酔です。◾腰椎硬膜外麻酔・・・腰椎麻酔と同様、腰から麻酔薬を入れます。 細い管を入れて手術後持続的に麻酔薬を注入することがあります。手術後の痛みの除去に効果があります。◾全身麻酔・・・気管に入れた管やマスクから、麻酔のガスを送り、全身に麻酔をかける方法です。
    出典 :大腿骨頚部骨折骨接合術
     

    このような事もしっておくと便利ですね。

  • 手術前日の夜は、医師の指示で飲み薬がでます。前日の夜9時以降は食べたり飲んだりできません。 普段飲んでいるお薬は、勝手に飲んだりせずに医師の指示にしたがってください。 指輪、ネックレス、入れ歯など、取り外せるものは、手術当日にすべてはずします。 貴重品は、家族の方が保管してください。
    出典 :大腿骨頚部骨折骨接合術
     

    このような事も大切ですよ。