赤ちゃんを育てる為の母乳を知っていますか?

母乳には良い事が沢山あります
そんな母乳についてしっておきましょう☆

view151

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • おっぱい

  • 赤ちゃんを育てるための母乳、そして母乳を出す乳房のことを、「おっぱい」と呼びます。出産で胎盤が排出されると、脳に母乳を出すためのホルモンが送られ、産後4日ほどでおっぱいはパンパンに張ってきます。
    出典 :おっぱい [チビタスキーワード] All About
     

    心配ご無用ですね!

  • ただ、まれに乳首が平らだったり、陥没していると赤ちゃんがうまく吸い付くことが難しく、上手に飲めないこともあります。出産前に乳首の形を診てもらっておくと安心でしょう。こうしたおっぱいでも、事前にマッサージなどをすることで多くの場合出るようになります。
    出典 :おっぱい [チビタスキーワード] All About
     

    安心できるように、行える事はしておこう☆

  • 母乳育児の効果

  • 生まれたばかりの赤ちゃんは外部からの刺激にとても弱く、免疫や抗体を持っていません。初乳をあげることによって、すごく強力な免疫がついて赤ちゃんの体が守られるようになるのです。少なくとも、生後半年までは母乳を飲ませてあげるようにしましょう。
    出典 :母乳の効果と影響|母乳育児はダイエットにも効果的
  • ”母乳を飲ませている子供は風邪に強い”って聞いた事はありませんか?私の子供も全く風邪をひかなかったわけではないですが、他の友達の子供に比べると風邪をひく頻度が少ないです。きっとお母さんの母乳が免疫となって、風邪から守ってくれているのだと思います。
    出典 :母乳の効果と影響|母乳育児はダイエットにも効果的
  • メリットとデメリット

  • 母乳育児にはメリットとデメリットがあります。メリットについては利便性や経済性についてよく語られることが多いですが、その他にもオキシトシンが分泌されて産後出血が減り、エストロゲン分泌が抑制されるため閉経前の乳がんが減り、卵巣がん、子宮体がんも減るとされています。
    出典 :母乳育児のメリット、デメリット
  • デメリットとしては、黄疸が長引きやすい、乳房・乳頭のトラブル、授乳するのに場所を選ぶ、などがあります。母乳育児にメリットがあることに異論は少ないと思いますが、すべての母親が完全母乳育児を目指すべきかと言うと、私はそうは思いません。
    出典 :母乳育児のメリット、デメリット
  • ダイエットも出来る

  • 急激に体重が増加

     

    ただ、母乳育児の場合、そこまでダイエットを意識しなくてもやせることができます
    実は、母乳を与えること自体がダイエットになるからです
    産後にすんなりと体重を落とすことが出来た方の多くが
    母乳育児の人なんだそうです
    母乳育児は素晴らしいでしょう?

  • 完全母乳の場合、赤ちゃんに授乳するだけで1日に大体600~800キロカロリー消費することになる
    というのですから驚きです。赤ちゃんが飲む量が多ければ多いほど、カロリー消費も高くなり、脂肪の減少も早くなります。
    出典 :母乳の効果と影響|母乳育児はダイエットにも効果的
  • 気楽にしよう

  • 日本人は真面目なので、あれこれ言うと一人で抱え込んで追い詰められてしまう人も多いと思います。それでメンタルヘルスに支障をきたした人が、「それなら初めから産むな」とまで言われてしまうことも。
    出典 :母乳育児のメリット、デメリット
  •  

    もっと気楽に育児が出来るよう
    「母親のあるべき姿」
    のストライクゾーンを広げた方が
    多くの母親と子供が幸せになると思うのですけどね