高齢出産の人は危ないかもしれない!妊婦の糖尿病予防

高齢出産の方が年々増えていますが、このような方は糖尿病にも注意が必要です。妊婦の糖尿病予防についてまとめてみました。

view265

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠糖尿病って?

  • 妊娠糖尿病とは、それまで糖尿病の症状が無いのにも関わらず、妊娠中に糖尿病になってしまったことをいいます。ただし、症状が軽ければ本当に糖尿病に移行するとは限らないようです。

  • ブドウ糖が異常に代謝してしまう状態

     

    妊娠中に血糖値の以上が出たら、妊娠糖尿病の可能性があります。

  • 確かに、出産後は回復する場合がほとんどなのですが、安易に考えて放っておけば、胎児への糖尿病合併症の危険性があるんです。
    出典 :妊娠糖尿病について取り上げています【糖尿コラム】
     

    出産後は回復したり、しなかったりするのですね。

  • 妊娠糖尿病の原因って?

  • 妊娠中はインスリンの働きがわるくなるから、糖尿病になるリスクがあるのです。

  • ・インスリンの働きが悪くなる
    ・胎児の分の余分のブドウ糖が必要

    こういった、二重の原因で、妊娠中に糖尿病が生じやすくなると考えられています。
    出典 :妊娠糖尿病について取り上げています【糖尿コラム】
     

    胎児を育てるためとはいえ見逃せません。

  • 高齢出産の人に増えている

  • 妊娠糖尿病は妊娠中毒症と同様に、高齢出産の方に増えている傾向が見られています。

  • 妊婦さんの約3%に見られ、高齢妊娠の増加とともにふえています。
    出典 :妊娠糖尿病 - gooベビー
     

    35歳以上は注意したほうが良いらしい

  • 妊娠糖尿病のリスクとは?

  • 赤ちゃんの成長に影響します

     

    ・巨大胎児ができやすい
    ・赤ちゃんの成長が阻害されることも
    ・赤ちゃんの奇形にも繋がる恐れ

  • 赤ちゃんが巨大児になりやすく、出産時に難産になることがありますが、糖尿病が悪化すると、胎盤機能が低下して発育に影響が出ることも。妊娠初期から母体の血糖値が高い場合は奇形発生率が高くなります。
    出典 :妊娠糖尿病 - gooベビー
     

    難産になるリスクは避けたいですね。

  • 妊娠糖尿病の予防方法

  • 妊娠糖尿病は日常生活の工夫で予防ができます。

  • 体を動かすのがいちばん。食事は甘い物を控えめにバランスのいい和食で
    出典 :妊娠性糖尿病(1) - gooベビー
     

    血糖値をあげない工夫が必要です。