カンジダなどが原因!肺真菌症☆

患者層が高齢化してしまっているのが現状の肺真菌症とは☆
そんな症状と内容をみてみましょう!

view254

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肺真菌症

  • 近年、患者層が高齢化し、ステロイドホルモン薬に代表される免疫抑制薬の投与、さらに臓器移植などの高度医療の結果、免疫状態の不良な宿主に発症する病気です。カンジダ、アスペルギルス、クリプトコッカス、ムーコルの4菌種が主な原因菌です。
    出典 :肺真菌症<呼吸器の病気> - goo ヘルスケア
     

    これらの菌が主な原因となるのですね

  • 抗真菌薬を用いて治療にあたりますが、早期に診断されない場合は急速に病状が進行し、一般に予後は不良です。 剖検(ぼうけん)(解剖して調べること)における肺真菌症の原因真菌別頻度は、アスペルギルス症が最多で、クリプトコッカス症、ムーコル症が続き、肺に限局したカンジダ症は比較的低いとされています。
    出典 :肺真菌症<呼吸器の病気> - goo ヘルスケア
     

    比較的低いとされていますが、診断される人がいるという事をお忘れなきよう

  • こんな病気が含まれる

  • •肺に病原性のある真菌 「肺真菌症」=には以下のものがある:
    ◦肺カンジダ症
    ◦肺アスペルギルス症
    出典 :肺真菌症
     

    聞いたことがある病気から聞き覚えのない病気まで
    沢山あるのがこの病気なのです

  • ◦放線菌
    ◦肺クリプトコッカス症
    ◦ムコール
    ◦マイコプラズマ肺炎
    出典 :肺真菌症
  • 原因は

  • 肺アスペルギルス感染症は、胸部写真や症状の進み方、肺の中での広がり方などの病態により「肺アスペルギローマ」「侵襲性肺アスペルギルス症」「慢性壊死(えし)性肺アスペルギルス症」の三つの病気に分けられます。
    出典 :肺真菌症 - 徳島新聞社
  • 肺アスペルギローマは、肺にある空洞内に菌球と呼ばれる菌の塊ができる病気です。せきやたん、血たん、かっ血、息切れ、発熱などの症状を認めることがあります。侵襲性肺アスペルギルス症は、先に述べた抵抗力が落ちた状態の人に見られ、発熱や体のだるさ、せき、たん、血たん、息苦しさなどの症状が急激に進行する病気です。
    出典 :肺真菌症 - 徳島新聞社
     

    このようにたくさんの症状が出てきてしまうのですね
    結構大変ですね

  • 症状

  • いずれも白血病や臓器移植後の患者さんなど、強い免疫抑制状態にある宿主に発症します。このような患者さんでは、一般の抗菌薬では効果がないこと、発熱や喀痰(かくたん)、咳の症状、胸部X線写真で浸潤影を認める場合に本症を疑い、早期に検査を進める必要があります。
    出典 :肺真菌症<呼吸器の病気> - goo ヘルスケア
  • 診断方法

  • 診断方法は何がある

     

    色々なものが今では使われるようになっていますが
    この病気の診断にはなにをつかって
    診断するのでしょうか

  • 診断はいずれも、胸部写真、たんの検査、血液検査、気管支鏡検査、手術などにより行います。治療は、アスペルギローマの場合は菌の塊がある空洞を切除する手術が根治療法と考えられています
    出典 :肺真菌症 - 徳島新聞社
  • しかし、もともと肺に病気があって手術が難しい場合は、抗真菌薬の点滴や飲み薬による治療を行います。慢性壊死性肺アスペルギルス症と侵襲性肺アスペルギルス症の治療は、経過などで手術を考慮することもありますが、治療の基本は抗真菌薬になります。
    出典 :肺真菌症 - 徳島新聞社
     

    抗真菌薬なんてものがあるのですね

  • 肺の病気は

     

    色々な病気があるので
    気をつけて生活しましょうね
    肺腎症や肺結核など聞いたことが
    ある病気が色々並んでいるのですよ