多胎妊娠の可能性が増すことも!? 不妊治療で筋肉注射を打つhMG-hCG療法とその影響とは?

不妊治療で筋肉注射が用いられるのはタイミング法、飲み薬によるタイミング法がうまくいかなかった場合です。
不妊治療で使われている筋肉注射についてまとめてみました。

view1510

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 不妊治療で使われる薬にはどんなものがあるの?

  • 不妊治療の薬の使用に際しては、内服薬よりも注射による投与が多いです。

    不妊治療で使われるのは、HMG(FSH)-HCG療法です。
    ※排卵誘発剤の注射薬をHCGと言います。
    出典 :不妊治療の注射 | 不妊の改善方法
  • 不妊治療には内服薬よりも注射が多い

     

    主に
    ・バーゴグリーン
    ・フェルティノームP
    ・ヒュメゴン
    ・HCG
    といった薬が用いられる

  • 不妊治療で使われる薬は他種類あり、不妊症の原因や体の状態によって使う薬も違います。
    不妊治療で使う薬には副作用の強いものもあります。
    出典 :不妊治療に使われる薬と知っておくべき副作用 | 不妊症を克服するための情報サイト【不妊治療.net】
  • 不妊治療には、よく薬が使われます。
    妊娠するためには効果がある薬でも、薬ですから副作用もあったりします。
    出典 :妊娠したい! 不妊治療で使う薬や注射
  • 不妊治療では経口薬よりも注射薬の方がよく使われています。
    その方がより強い効果を得ることができるだめです。

  • 不妊治療でよく使われている注射薬は?

  • 不妊治療に用いられる一般的な薬物で、注射で投与されるものに、hCG製剤、hMG製剤、FSH製剤などがあります。一種類、または数種類を用い、不妊を引き起こしている要因に働きかけます。
    出典 :不妊治療でよく使われる注射
  • hCG製剤(絨毛性性腺刺激ホルモン)

     

    不妊の原因が黄体ホルモンの不足である場合に用いられます。

    これを注射することで黄体ホルモンや卵胞ホルモンが活発になります

  • これは不妊治療では成熟させた卵胞を排卵させたり高温期を持続するために黄体ホルモンの補充として使用されます。
    出典 :不妊治療によく使う注射
  • hMG製剤(ヒト閉経ゴナドトロピン)

     

    卵巣を刺激して卵胞を成熟させるために用いられる

  • 排卵に支障がある人、排卵が無い人に投与されます。卵巣に働きかけ、卵胞を成長させるため、体外受精で卵子を育成させる際にも使用されます。これらの作用のため、一度に二人以上の胎児を妊娠する確率が高くなります。
    出典 :不妊を注射で治療|不妊症119番
  • 不妊治療の飲み薬での排卵誘発に比べてとても良く反応をしますが時に反応が強すぎて卵巣過剰刺激症候群(OHSS)がおこることがあります。また、多胎率が約20%と高くなることもあることが知られています。
    出典 :不妊治療によく使う注射
  • FSH製剤

     

    自己注射で投与する薬。
    自分で投与するので通院の必要もない。

  • FSH製剤には2種類あります。
    ①リコンビナントFSH製剤
    ②尿由来のFSH製剤
    出典 :FSH製剤について|両角 和人のブログ
  • 不妊治療ではこれらの種類の薬が必要に応じて組み合わせて使われます。
    薬の服用で強い副作用がある場合はhMG-hCG療法が用いられます。
    この療法ではここで紹介したhMG製剤とhCG製剤が組み合わせて投与されます。
    薬物の投与は筋肉注射で行われます。

  • 不妊治療で筋肉注射により薬物を投与するhMG-hCG療法とは?

  • ゴナドトロピン療法、またはhMG-hCG療法と呼ばれる不妊治療法は、排卵を強力に促します。月経が無い場合の不妊治療法ですが、通常はクロミッドという経口薬が使用されます。しかしクロミッドでは不妊症に効果が見られない、副作用が強く表れるなどの状態が続く場合に、hMG-hCG療法が用いられます。
    出典 :不妊治療のhMG-hCG療法|不妊症119番
  • このhMG-hCG両方は月経周期が正常な人には必要ない治療法であるという考え方もあります。
    強い副作用が出ることもある薬剤なので、そういったこともきちんと理解した上で薬剤を利用する必要があります。

  • hMG-hCG療法による体への影響はあるの?

  • HCG注射を使用した場合、「卵巣過剰刺症候群」(OHSS)と呼ばれる副作用の症状が発症することがあります。

    OHSSは排卵誘発剤などを使用した時に卵巣が過剰に反応して起こる副作用のことです。
    出典 :HCG注射の副作用とは?-不妊症治療で有効な方法とは?
     

    多嚢胞性卵巣症候群(PCO)の人はほかの人に比べてOHHSになりやすいと言われています

  • hcg注射をすると、副作用が起こる危険性があります。この副作用はOHSS、つまり卵巣過剰刺激症候群という症状が出てしまうのです。
    出典 :不妊治療における注射hcg
     

    腹痛・腰痛・急激な体重増加や吐き気・尿量減少や下痢・胸水・腹水といった症状が出ることもあるとか・・・

  • 排卵の前と後にhCG注射を受ける女性が多く、わりとポピュラーな不妊治療の1つ。しかし注射を受けると、妊娠が成立していなくても妊娠検査薬に陽性反応が出ることは、治療中の女性にはよく知られていることです
    出典 :不妊治療のhCG注射の影響は?妊娠検査薬を使うタイミング - 方法諸説
     

    妊娠検査薬を試してみて陽性反応でも、もしかしたら薬の影響かもしれないなんて・・・

  • 体の中にhCGは長く留まり、妊娠した場合の着床過程に影響。また妊娠しなかった場合は、その効果は次周期以降の月経周期に影響するらしいです。
    出典 :hCG注射の副作用|のん☆女性の人生攻略法
     

    随分長いあいだ影響を与えるお薬なんですね・・・