知らないうちに進行する怖い病気「歯周病」とその予防

多くの人が知らないうちに罹っている歯周病。日頃から歯周病を知って、その予防に心がけましょう。

view123

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯周病は必ずかかるわけではありません。歯周病の多くは、原因であるプラークや歯石を日頃の歯磨きや、定期的な歯科検診などを受けることにより除去することで予防することができます。
    予防できない歯周病もありますが、遺伝性の病気など、非常に特殊な場合です。
    出典 :歯周病の原因 | 歯周病Q&A | 日本歯周病学会
     

    日頃のケアで十分予防できます。

  • 歯周病ってどんな病気?
    歯を失う原因のうち、第一位は歯周病です

    歯周病とは、歯を支えている組織(歯ぐき・歯根膜・歯槽骨・セメント質)に起こる、さまざまな症状の総称です。今、歯を失う原因として最も多いのが歯周病であり、約80%の成人が歯周病であるといわれています。
    出典 :歯周病ってどんな病気?|歯周病 予防ナビ
     

    これは、恐ろしいですね。しっかりと知識を身に着けて、歯周病ケアをしていきましょう。

  • プラークとは、歯に付着している白、または黄白色の粘着性の沈着物で、非常に多くの細菌とその産生物から構成されています。
    またプラークはバイオフィルムとも呼ばれていて強固に歯に付着してるだけでなく、薬品だけでは除去しにくい状態になっています。そのためにしっかりと歯ブラシ等で除去することが大切になります。
    出典 :歯周病の原因 | 歯周病Q&A | 日本歯周病学会
     

    日々のブラッシングと、定期的な歯科での検診を受けましょう。

  • 歯肉炎

     

    色 赤みを帯びる
    形態 丸く厚みを持って膨らんでいる
    感触 腫れてブヨブヨしている
    出血 軽い刺激でも出血しやすい

  • 歯肉は体の中でも非常に敏感な組織です。またお口の中は全身の中でも微生物、細菌などが最も多く存在している場所でもあります。そしてあらゆる全身疾患と歯周病の関連性が近年の研究により指摘され始めています。歯周病との関連を挙げられているものには呼吸器系疾患、心疾患、糖尿病や妊娠などがありますが、なかでも糖尿病との関連は深く糖尿病は歯周病を悪化させる大きな原因のひとつでもあるのです。
    出典 :歯周病の原因 | 歯周病Q&A | 日本歯周病学会
     

    歯周病は糖尿病との関連も深いようです。

  • 歯周炎

     

    色 赤紫色になる
    形態 歯ぐきが退縮して歯が長く見える
    感触 歯がグラグラする
    出血 血や膿が出る

  • 喫煙が悪い理由はいくつかあります。




    喫煙する人は統計的に喫煙しない人よりも歯周病にかかりやすいというデータがあること。


    タバコに含まれる化学物質が歯肉からの出血を抑えたり、歯肉を硬くすることで症状が気づきにくくなること。


    喫煙者は末梢血への影響があるので、歯周病の治り方がわるくなること。



    です。
    つまり煙草は歯周病になりやすくするばかりでなく、気付き難くし、また治り難くする原因と言えるのです。
    出典 :歯周病の原因 | 歯周病Q&A | 日本歯周病学会
     

    煙草は何事にも良いことはありませんね。

  • 歯槽膿漏とは?
    歯周病が最も進行した段階で、歯科医による早急な治療が必要です

    歯槽膿漏とは、歯周病の中でも最も重い症状で、何もしなくても歯ぐきから血や膿が出たり、ひどい口臭が発生したり、歯がグラグラしてきます。もし、そのまま症状が進行してしまうと、歯が抜け落ちてしまう可能性もあります。
    出典 :歯槽膿漏とは?|歯周病 予防ナビ
     

    ここまで進行してしまったら、歯医者さんへ行きましょう。

  • 歯周病に限らず、歯のトラブル対策の一番のポイントはやはり歯磨きです。歯の磨き方・歯ブラシの使い方
    歯の表側、裏側くまなく丁寧に磨きましょう。あごの小さい方や女性の方は、子供用の歯ブラシを使うのも一つの手です。より小回りがきくようになるので、磨き残す部分が少なくなります。
    出典 :簡単にできる歯周病対策 | 歯周病ガイド
     

    まずは、基本の歯磨きで予防しましょう。

  • 歯周病を予防するには歯の表面や歯と歯の間、歯と歯肉の境など、かなり行き届いた歯磨きが必要です。本人は充分磨けていると思っていても、実際には歯ブラシだけでは不充分な事がよくあります。
    そのために、歯科医師や歯科衛生士による各個人に合った歯ブラシと補助的な清掃用具(フロス・歯間ブラシ等)による歯磨き指導を受ける事をお奨めします。
    出典 :歯周病の原因 | 歯周病Q&A | 日本歯周病学会
     

    歯ブラシだけではなく、歯間ケアグッズも使ってケアしましょう。

  • ~一般的に言われている正しい歯磨きの仕方~


    ◎全体的に何となく磨くのではなく、1本1本、確実に磨いていく。


    ◎歯ブラシの毛先部分を歯、または歯と歯肉の境目に直角(90度)に軽くあてて、力を入れすぎず、大きく動かすのではなく小刻みに、軽く振動させるように磨く(力を入れて磨くと歯ブラシの先が開いてしまい逆にきちんと磨けません)。


    ◎横だけでなく上下にも歯ブラシを動かし、歯ブラシも横向きだけでなく、マイクを持つように縦に持って磨く(常に一定方向に磨くと確実に磨けていない部分ができますので、上下左右、またグルグル回すように磨く)。


    ◎毛先が開いた歯ブラシでは歯磨きの効果が激減するので早めに交換する。

  • 歯磨きはいつ行う?

    --------------------------------------------------------------------------------



    可能であれば毎食後に歯磨きをする事が理想ですが、実際問題それは難しいと思いますので、最低でも朝食後と夜寝る前の2回は時間をかけて歯磨きをしたいものです。


    また食後は唾液が多く分泌され、唾液が多く分泌されているときは細菌を洗い流してくれますので、食後すぐに歯磨きを行うのではなく、できれば食後1時間ほど経過してから歯磨きを行うのが理想かもしれません。
    出典 :正しい歯磨きの仕方 - 歯周病ガイド
     

    食後少し時間をおいて歯磨きしましょう。

  • 一番の理由は、よく噛むと唾液が分泌されやすくなることです。
    唾液には、口の中に入った食べ物を柔らかくして消化を助けたり、口内の湿度を保つ他にもいろいろな作用があります。
    虫歯の原因になる酸を中和したり、歯を再石灰化させるという重要な働きがあるのです。
    初期の歯周病であれば、この再石灰化作用により回復することもできます。
    出典 :「噛む」歯周病予防 | 歯周病ガイド
     

    なんと、よく噛むことが歯周病の予防につながるそうです。

  • 睡眠不足になると人間の体は抵抗力が落ちますので、


    『細菌に感染しやすくなる=歯周病菌に感染しやすくなる』


    となり、歯周病へのリスクが高まってしまいます。


    また睡眠不足になるとストレスも溜まり、ストレスは人間の身体にさまざまな悪影響を与えますので当然、歯周病にも大きく関係してきます。
    出典 :生活習慣の改善 - 歯周病ガイド
     

    睡眠不足やストレスによっても歯周病にかかりやすくなります。

  • 最近の電動歯ブラシの性能は素晴らしく、多くの場合、手で磨くよりも歯垢(プラーク)を除去できる確率が高いので、積極的に電動歯ブラシを使用してみることも良いかもしれません。


    特に最近人気があるのが、歯垢(プラーク)除去性能が高いといわれている『音波電動(振動)歯ブラシ』です。手では不可能なほどの高速振動で、手の歯磨きでは届かないような歯と歯の間の歯垢(プラーク)までも高速振動で除去できるといわれていますので、虫歯になりやすい人、歯周病になってしまった人は試してみてはいかがですか?
    出典 :正しい歯磨きの仕方 - 歯周病ガイド
     

    ぜひ、電動歯ブラシも使ってみましょう。