細菌が原因!?「急性副鼻腔炎」

風邪などの細菌が原因でかかる「急性副鼻腔炎」
どのような症状がでるのでしょうか!?

view208

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 急性副鼻腔炎

  • 急性副鼻腔炎とは

     

    急性副鼻腔炎とは細菌が副鼻腔に感染して
    炎症が起きる状態をいいます
    風邪の菌でも簡単になってしまうので
    注意しておかないと風邪と合併という危険も!?

  • かぜに引き続いて細菌感染が副鼻腔に起こり発症します。細菌が副鼻腔で繁殖し、急性の炎症を起こし、結果として副鼻腔内にうみがたまります。
    出典 :急性副鼻腔炎 - goo ヘルスケア
  • バイ菌が副鼻腔の中の粘膜で繁殖して急性の炎症を起こし、結果として本来、空洞であるはずの 副鼻腔に膿汁がたまります。 風邪以外でも、アレルギー性鼻炎で鼻づまりがひどくなるのをきっかけに発症することも多いです。
    出典 :急性副鼻腔炎
  • 原因

  • 原因として肺炎球菌、インフルエンザ菌、次いでブドウ球菌などの細菌があげられます。かぜに引き続いて細菌が感染して発症することが多いのですが、潜水や飛行機に乗って副鼻腔の気圧が急激に変化することにより発症する場合(気圧性副鼻腔炎)もあります。
    出典 :急性副鼻腔炎 - goo ヘルスケア
     

    細菌が原因なのですね

  • 症状

  • 鼻水、発熱、悪寒、頭痛、副鼻腔周辺の痛みなどがあります。鼻水は最初は水のような液状ですが、次第に膿を含んだ濃い鼻水になっていきます。そのため、口で呼吸することになり集中力が低下することになります。
    出典 :急性副鼻腔炎(症状/検査/治療)
     

    風邪の症状に似ていますね

  • 痛みと鼻汁(びじゅう)です。かぜ症状が先行し、続いて膿性の悪臭を伴う鼻汁がみられます。上顎洞に炎症を起こした時には頬部の痛み、篩骨洞に炎症を起こした時には眼の内側の痛み、前頭洞に炎症を起こした時にはおでこの痛み、蝶形骨洞の炎症では頭痛や頭重感が特徴です。
    出典 :急性副鼻腔炎 - goo ヘルスケア
  • 急性副鼻腔炎の症状は風邪に引き続いて起こることが多く、発熱や頭痛、鼻づまり(鼻閉感)、
    鼻汁など、症状は多彩で、においが分からないといった鼻の症状や頭痛・頭重感などに加えて、
    意力散漫、記憶力減退といった症状を認めることもあります。
    出典 :急性副鼻腔炎
  • 治療法

  • 薬物療法では内服によるものや、鼻腔内のスプレーによるものもあります。
    膿の洗浄は、鼻腔から直接針を刺して上顎洞内を洗浄する方法で、急性炎症がひどい場合などにも効果があります。
    出典 :急性副鼻腔炎(症状/検査/治療)
  • 鼻のなかにたまった鼻汁を吸引して取り除き、鼻汁から調べた原因菌に有効な抗菌薬と痛みを和らげるために消炎鎮痛薬を投与します。上顎洞に炎症がある場合には、洞内を洗浄する方法が大変有効です。 疲労がたまっている時に急性副鼻腔炎になりやすいので、抵抗力を上げるために睡眠を多くとることは重要です。
    出典 :急性副鼻腔炎 - goo ヘルスケア
     

    現代人は睡眠の時間が短くなっている傾向があるそうなので注意したいですね

  • 通院治療
    バイ菌による炎症なので、バイ菌を殺す抗生物質と膿汁の排泄を促す処置が中心に なります。アレルギー性鼻炎を合併している場合、その治療も同時に行います。
    出典 :急性副鼻腔炎
  • 点鼻液
    鼻の粘膜のハレが強く、鼻づまりがつらい場合には、炎症を抑え、ハレをとる薬の点鼻液を使います。
    出典 :急性副鼻腔炎
  • ちょっとした豆知識

     

    点眼薬や点鼻薬には消費期限がついているのを
    知っていますか?
    保存方法も常温ではなく冷蔵庫のものだったり
    する事もあるので注意してみてみてくださいね
    きちんとした保存を心掛けるようにしてみてください!