【0円ダイエット】お家ピラテスでペタンコお腹を手に入れよう!

ペタンコのお腹は女性だったらみんな手に入れたいもの。定番の腹筋運動はやっているものの成果が出ない。。。ジムに通うお金はもったいない。。。DVDエクササイズは長続きしない。。。そんなあなたに!お家でできるペタンコ腹をかなえるピラテスエクササイズをおすすめします。

view194

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【ピラテスってなに??】

  •  

    ピラティスとヨガを混同してしまう人も多いと思いますが、簡単に言うとピラティスは美容整体エクササイズです。身体のコアマッスル(インナーマッスル)を鍛えることにより、姿勢が整い、身体の歪みが正されます。

    ピラティスは特にペタンコのお腹作りに適していると言われています。上半身を持ち上げる筋肉が増強されることにより姿勢がよくなり、それによってお腹周りの筋肉が縦に伸びて、横に広がらずにお腹が平らになります。また、下にずれていた内臓も正常な位置に戻りペタンコ腹になります。

  • あまり普段運動をしていない人が取り組むと、2週間程度で効果を実感できます。

    また、基礎代謝があがることにより痩せやすい体質になったり、冷え性の改善、腰痛改善などにも効果があると言われています。胸式呼吸をしながら行いますので、終わった後頭がすっきりして元気になります。

    是非挑戦してみてください。

  • 【ペタンコ腹になる6つのエクササイズ】

  •  

    Toe Dip
    ①仰向けになります。両膝を90度に曲げます、このとき背中と腰が浮いていないように。

    ②息を吸って、左足をゆっくり2秒カウントしながら床に向けておろします。つま先は床にタッチするだけです。

    ③息を吐きながら、2秒かけて左足を戻します。

    ④右足も同様に行います。

    左右ワンセットで12セット行いましょう。

  •  

    Leg Circle
    ①仰向けになります。左足を天井に向かって上げます。つまさきは伸ばして両手は手のひらを下にして横におきます。このまま10~60秒キープです。

    ②左足のつまさきで小さな円を描きます。お尻から足を動かしてください。お腹に力を入れたままです。ぐらぐらしないように気をつけてください。小さな円を10描いたら、逆周りに10描きます。

    ③左足を下ろしましょう。反対の足も同様に行います。

  •  

    Crisscross
    ①マットの上で仰向けになります。

    ②両膝を90度曲げます。このとき腰や背中がマットから離れないようにします。

    ③両手を頭の後ろで組みます。ひじは閉じないでください。

    ④上体をゆっくり起こしましょう。

    ⑤息を吐きながら、胴体を右へねじります。同時に左足を天井に向かって斜め45度の角度に伸ばします。※右足は90度のままで動かさないで、ひじは閉じないように気をつけてください。

    ⑥息を吸いながら真ん中に戻ります。両足はまた90度です。

    ⑦息を吐きながら、今度は胴体を左へねじます。同時に右足を天井に向かって斜め45度の角度に伸ばします。

    ⑧真ん中に戻ります。

    右左ワンセットを10回行いましょう。次に早く10回やってみましょう。

    ★★背中や腰がマットから浮いていては意味がありません!!!

  •  

    Leg Kick
    ①身体の右側を下に横向きに寝ます。身体が一直線になるようにします。

    ②右ひじを立てて、右手で頭を支えます。

    ③左足を上げます。つま先を前へ向けましょう。

  •  

    ④息を吐きながら、左足を前へ動かします。できるところまで持ってきましょう。その場で上へ2回持ち上げて!

    ⑤息を吸って、吐きながら左足を後ろへ動かします。元の位置よりももっと後ろまで。

    これを10回繰り返して、反対側も10回やりましょう。

  •  

    Back Extension and rotation
    ①腹ばいになります。

    ②腕を組んで顔の下に置きます。

    ③腕と顔、胸をそのまま浮かせます。

    ④そのまま上半身を右側へねじります。

    ⑤上体を戻し、次は左側へねじります。

    左右セットを10回行いましょう。

  •  

    Side Bend
    ①左のお尻を下にしてお姉さん座りします。右足を伸ばしましょう。

    ②左手は左肩の下に来るところに置きます。

    ③お腹に力を入れて、左手に押して、お尻を持ち上げましょう。

    ④右足をまっすぐ伸ばして、右手を頭のほうへ伸ばして10秒から30秒キープします。

    反対側も同じように行います。