授乳中のママ、必見!乳腺炎の症状、予防、治療法

妊婦全体の約4分の1が発症すると言われている乳腺炎。乳腺炎の症状って、どんなの?
もしかして私も乳腺炎になりかけてる?
母乳育児をされている方、必見の情報です。

view263

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乳腺炎とは?

  • 乳腺炎とは乳腺の炎症のことで
    「乳房に発赤、腫脹(はれ)、発熱、疼痛(痛み)があり、
    授乳機能に支障をきたすこと」が定義です。
    出典 :乳腺炎の症状・分類 [乳腺炎] All About
     

    おっぱいの腫れ、痛み、辛いですね~;

  •  

    乳房に赤い腫れが…

  • 乳腺炎の症状

  • 乳腺炎は大きく3つに分けられ、それぞれ症状は異なります。
    自宅でケアすることもできますが、まず乳腺炎であるかどうか
    の診断を病院で受けてください。
    出産をしていない方でも乳腺炎を発症し、
    場合によっては外科的手術が必要になるケースもあります。
    出典 :乳腺炎の症状-【乳腺炎ガイド】
     

    授乳育児中に多い病気ですが、
    出産されていない方が発症するケースもあるんですね。
    もしかして乳腺炎かも?
    少しでも心配な時は、まず病院で受診してみて下さい。

  • 急性うっ滞性乳腺炎(急性停滞性乳腺炎)

  • <症状>
    ・乳房全体に発赤が出て腫れて硬くなる
    ・痛みを伴うしこりができる
    ・微熱が出る
    出典 :乳腺炎の症状-【乳腺炎ガイド】
     

    乳管の狭い、初産の方が発症しやすいそうです。

  • 急性化膿性乳腺炎

  • <症状>

    ・高熱が出る
    ・乳房に激しい痛みと腫れが出る
    ・全身に震えと寒気が出る
    ・炎症が治まった後、膿瘍ができて外に膿が出ることがある
    出典 :乳腺炎の症状-【乳腺炎ガイド】
     

    出産後2~6週目頃に出やすい症状です。

  • 乳輪下膿瘍

  • <症状>
    ・乳輪の下にしこりが出来て、膿が何回も出るようになる
    出典 :乳腺炎の症状-【乳腺炎ガイド】
     

    女性ホルモンや出産に関係なく発症します。
    陥没乳頭の人や中年の女性に多くみられるそうです。
    発熱などの全身症状はありません。

  • 乳腺炎は予防が大事!

  • おっぱいの調子が少しおかしい、もしかして乳腺炎?
    それが、いつの間にか本格的な乳腺炎になったりします。
    乳腺炎は予防が一番大事です。
    授乳中、乳房にしこりができて痛いなどのトラブルを
    経験される方は、軽い症状を含め約3割とされています
    出典 :乳腺炎の予防 [乳腺炎] All About
     

    症状が軽いうちに注意して対処すれば、ほとんどの場合は自然に治ります!

  • 乳腺炎を予防する食生活

  •  

    日本人には和食中心の食事が適しています

  • 飲水を充分にし、高カロリー、高脂肪食を避ける。
    刺激物、嗜好品を減らすなどです。今のお母さん方にすれば、
    少し厳しい食事制限かもしれませんが、お母さんと赤ちゃんの
    授乳リズムが安定している時期には、
    多少のごちそうは食べられます。
    出典 :乳腺炎の予防 [乳腺炎] All About
     

    授乳中は糖分や脂肪分の多い高カロリーな食べ物は避け、
    低カロリーのあっさりした食事を心がけましょう!

  • 一番良いのは赤ちゃんに飲んでもらうこと

  • 乳腺炎になった母乳でも、赤ちゃんの身体に悪いという
    ことはないので安心してください。
    ただし、乳腺炎の時はおっぱいは非常においしくない・まずい
    状態になってるので、嫌がる子もいます。
    出典 :乳腺炎になった時
     

    味が変わってしまうので、飲むのを嫌がる赤ちゃんも。
    それでも飲んでもらうチャンスは赤ちゃんが眠そうな時。
    しこりのある部分を軽く押しながら、飲んでもらうと良いそうです。

  • 飲み薬

  • 乳腺炎になりそう!熱が出てきそう!と言うときには、
    葛根湯液が効いたという方が多いです。
    また、牛蒡子(ゴボウシ・ごぼうし)を煎じたものが
    乳腺炎に効くと言われています。
    出典 :乳腺炎になった時
     

    葛根湯は乳腺炎だけではなく、熱の出始めや、風邪気味で市販の薬が
    飲めないときにも効果的です。

  • 搾乳・マッサージ

  • 軽いしこり・詰まりの場合は、自分で搾乳して詰まりを
    取り除くことも出来ます。しこりの部分を軽く押したり、
    少し温かいタオルでしこりの部分を温めながら、
    親指・人さし指・中指で乳首まわりを持ち、搾りだしてみて下さい。
    出典 :乳腺炎になった時
     

    自分ではどうしようもない時には助産院へ行かれるのがオススメです。