成人の気管支喘息と上手く付き合うには

成人の気管支喘息は、過去30年間で約3倍にも増加したといわれています。成人の気管支喘息は完治する事が珍しく、発作が起きると大変苦しい病気です。

view325

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 成人気管支喘息とは?

  • 成人気管支喘息とは

     

    気管支喘息とは、気管支の炎症により肺への空気の吸入・呼出が困難になる病気です。成人気管支喘息の多くが、アレルゲンを特定できない非アトピー型です。風邪や過労、ストレスなども喘息を発症させる誘因と考えられています。

  • 小児喘息と成人喘息の違い

     

    小児喘息の3分の1は治癒し、3分の1は一度よくなってから成人になって再発し、3分の1はそのまま成人喘息に移行します。小児から成人にそのまま移行するものは、重症度が高いものが多いと思われます。

  • 小児喘息はアトピー型が多く、ほかのアレルギー疾患を合併するケースが多いものの、症状は比較的軽いとされます。これに対し成人はアトピー型より、アレルゲンが特定されない非アトピー型の比率が高いとされています。また成人では風邪やインフルエンザなどの感染症、ストレス、煙草など、アレルギー以外のきっかけがあって発症するケースが多いようです。
    出典 :小児喘息と成人喘息の違い
  • 原因は何か
    喘息の原因物質としては、ハウスダスト、カビ、昆虫、小麦粉、コンニャクなどの生活環境から飛散する物質や、ソバ、カニなどの食べ物、アスピリンを代表とする痛み止め、解熱薬、かぜ薬などがあります。喘息の原因がまったくわからないことも約3分の1あります。
    出典 :気管支喘息| 呼吸器の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 喘息の症状

     

    喘息患者さんのほとんどの方は、呼吸したときにゼイゼイ、ヒューヒューといった喘鳴が聴かれ、呼吸が苦しくなることを経験します。これを喘息発作と呼んでいます。

  • 喘息発作時、気管支のまわりにある筋肉が収縮して、気管支が細くなっています。同時に気管支粘膜がむくんで痰が増えます。それらにより呼吸が苦しくなります。発作が起きていないときは、気管支はひろがっているので、ゼイゼイがなく通常呼吸も苦しくありません。喘息発作は夜間から朝方にかけて起きることが多く、昼間は症状が無いかあっても軽いことが多いです。
    出典 :利根中央病院 : 健康情報 : 成人の気管支喘息について
  • 発作がひどい場合には、呼吸が苦しくて横になれません。さらに重症の発作では会話も困難となり動けなります。このような状態は緊急事態です。 喘息の方は発作が起きていないときでも気管や気管支粘膜にアレルギーによる慢性的な炎症(白血球などが集まっている状態)があり、気管支が過敏になっています。
    出典 :利根中央病院 : 健康情報 : 成人の気管支喘息について
  • 喘息の診断

     

    「ぜんそく」の診断は、典型的な発作を繰り返す患者では簡単です。しかし、症状が初期の場合に、喘鳴や呼吸困難を認めない状態では診断が難しいことがあります。診断が遅くなると「ぜんそく」の慢性化、重症化に繋がることがあります。

  • 一般に「ぜんそく」の臨床診断は①発作性の呼吸困難、喘鳴、息苦しさ、咳などの症状の反復
    ②可逆性の気流制限③他の心臓病、肺疾患の除外によります。特に成人の気管支喘息ではCOPD(肺気腫や慢性気管支炎などの閉塞性肺疾患)や心不全を合併している場合には診断が困難となります。
    出典 :喘息ドットコム〜喘息の診断〜
  • 喘息の治療

  • 治療薬と吸入器の使用で気をつけたいこと

     

    気管支喘息の治療は、急性の発作を起こしている場合はその治療を、また慢性喘息の場合は発作の予防を、それぞれ主眼として行います。

  • 気道の炎症を抑える、あるいは気道(気管支)を拡げる作用を持つ薬剤(気管支拡張剤)の使用が、投薬治療の中心となります。吸入薬や、内服薬などが使用されます。 「ステロイド」には吸入薬と経口薬がありますが、現在の喘息治療においては、吸入ステロイド薬が基本となっています。経口薬に比べ摂取量も少なく、また声がれ・口腔内の違和感程度と、副作用も少なく抑えられるメリットがあるためです。
    出典 :喘息 症状と治療のポイント~気管支喘息と咳喘息
  • これらの薬を定期的に使用することで、気道の炎症を抑えて喘息が起きないよう予防的にコントロールを行うとともに、もし症状がでてしまった場合でも、その発作がひどくならないようにします。薬もまた、「急な喘息の発作が起きたときにそれを鎮めるために使うもの」と、「症状予防のために毎日規則的に使うもの」とに分かれています。
    出典 :喘息 症状と治療のポイント~気管支喘息と咳喘息
  • 急な発作をしずめるときは、気管支を拡げる作用を持つ薬を使うのですが、それだけを使い続けても、気道内の炎症がそのまま放置され、症状の悪化が続くケースがあるからです。薬ごとに治療目的が異なるので、医師の指示に従って使用することが大切です。
    出典 :喘息 症状と治療のポイント~気管支喘息と咳喘息
  • なお自宅で吸入器を用い、水や治療薬などを霧状にして吸入して気道に加湿を与えて、その通りをよくするとを目的とした「エアゾール療法」も、今日では広く使われれています。近年は気道の炎症を抑える「吸入ステロイド薬」と気道を広げて症状を緩和する「気管支拡張剤」の2種類の薬を、一つの吸入器で同時に吸入できる配合剤も使えるようになっています。
    出典 :喘息 症状と治療のポイント~気管支喘息と咳喘息
  • 喘息との上手い付き合い方

  • 日常生活での注意点

     

    喘息が悪くなるきっかけとして一番多いのは風邪です。風邪はウイルスでおきるので、抗生物質をつかっても効果がありません。

  • あらかじめ主治医の先生と相談しておいて、風邪をひいて咳が増えたり、胸苦しさがある場合は、発作止めの吸入薬を使うとともに吸入ステロイド薬の量を増やしたり、短期間飲み薬のステロイド薬を併用してください。
    出典 :成人の喘息|慶應義塾大学病院 KOMPAS
  • 大人になってから喘息の症状が出現した方の中には、解熱剤、鎮痛剤、消炎剤で喘息発作をおこす患者さんがいます。薬を飲んで30分から2時間程度で人工呼吸が必要なほど激烈な発作をきたしますから、十分注意してください。特に、臭いがわからなくなった、鼻が慢性的につまる、鼻にポリープができているといわれた、というような症状のある方は、そのような薬で発作を起こす危険性が高くなります。
    出典 :成人の喘息|慶應義塾大学病院 KOMPAS
  • 病院でもらう薬だけでなく、歯医者さんでもらう薬や、薬局で処方箋なしでも購入できる薬などでも発作を起こすことがありますので、注意してください。薬が違っても、解熱剤、鎮痛剤、消炎剤を含む薬を飲めば発作を起こします。また、飲み薬だけでなく、痛み止めの湿布薬でも発作をおこすことがあります。ただし、喘息にかかった以降に飲んでも大丈夫であった薬はもう一度飲んでも問題ありません。
    出典 :成人の喘息|慶應義塾大学病院 KOMPAS
  • 喘息 大人 子供 原因と症状を予防する方法 - YouTube