しっかり学んで全般性不安障害の克服をしよう

全般性不安障害の克服は容易ではないのですが、その方法について学んで
しっかりチャレンジしてみましょう

view223

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 全般性不安障害の克服をする前に

  • 「全般性不安障害」の不安はとりたてての理由もなしに、 何故不安なのかよく分からないという漠然とした不安や緊張感が、こころに浮かびます。そして、対象を変えながら途切れることなく、次々と現れます。何でもない日常生活の中でも原因不明の不安を感じてしまいます
    出典 :全般性不安障害 | パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】
     

    絶えず何か悪い事が起きるのではないか
    色々な心配が頭によぎるそうです

  • 特徴的なことは、心配事の内容が日常的な出来事で、 仕事の責任であったり、家の経済状態、家族や自分の健康などで、 周囲の人からみれば言わば“取り越し苦労”的なものが多いことです。そして、患者本人も心配しなくてもよいということがわかっているということが多いのです。
    出典 :全般性不安障害 | パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】
     

    コントロール出来ないからスパイラルに陥るのです

  • 治療の妨げになるもの

  • 本人や家族が病気ではなく「気のせい」「気にしすぎ」「性格」と決めつけてしまうことです。 きちんと病気であるという認識を持ち、投薬治療や症状と関連のある日常生活の話やストレスを取り除くための方法を医師やカウンセラーに相談しアドバイスを受ける精神治療を受け、改善をはかっていきます。
    出典 :不安症・不安障害>全般性不安障害について
     

    ここがネックなのです

  • 人は個性があるものです

     

    そして、その人は生きているうちに
    パズルのピースを集めるので成長します
    成長している間は変わっていくのです
    決めつけは出来ないものなのです
    そして、人生の最後に最後のピースを
    見つけて、幕を閉じるのですよ

  • 心療内科に行こう

  • 心療内科に行って来ました。心療内科で唯一できる事は、それは診断と薬物療法です。精神療法もできますが、あまり時間をとれないお医者様が多いので期待はしないほうが良いと思います。精神療法はならば専門の心理カウンセラー、心理セラピストと言われる人に頼った方が良いと思います。
    出典 :全般性不安障害を克服するために私が行った5つの事
     

    専門の人の知識は生きた知識です

  • 専門のひと

     

    それはその分野の知識を
    一般の人よりも持っているという事
    なので、選択肢も沢山もっているものです
    だからこそ参考にしましょう

  • 薬物療法と行動療法

  • パキシルなどのSSRIを処方され一時それを飲んでいました。ですがあまりにその薬の副作用が酷かったので自分の判断で辞めてしまいました。(普通の人は医者に相談したほうが良いです)
    出典 :全般性不安障害を克服するために私が行った5つの事
  • 認知行動療法等を行いました。認知行動療法とは、認知の歪みを修正し、反応の変化を もたらす方法です。これは薬物療法より有効だと言われており、ただ、恐いです(笑) 恐いけれどやらないよりやったほうが良いと思います。
    出典 :全般性不安障害を克服するために私が行った5つの事
  • 精神療法もある

  • 精神療法についてはこれはカウンセリングの先生を本や教材などを利用しました。 精神療法はお医者様はあまり時間がとれないので、これは信頼出来るカウンセリングのプロに やってもらったほうがよいと思います。
    出典 :全般性不安障害を克服するために私が行った5つの事
  • 人間は、精神、心、身体、社会的な次元など複雑な存在です。当サイトでは一つの次元から克服しようとすること自体に無理やあらたなひずみ(ストレス)を引き起こすと考えています。不安障害は必ず治ります。共に考え、共に「あなたの元氣」をとり戻しましょう。
    出典 :不安症・不安障害>全般性不安障害について