ほくろのガン・・・「悪性黒色腫」

ほくろのガンと言われている「悪性黒色腫」
どんな症状が現れるのでしょうか???

view767

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 悪性黒色腫

  • 悪性黒色腫とは

     

    悪性黒色腫は悪性度の高い皮膚がんであり、“ほくろのがん”としても広く知られています!
    色素産生能をもつため、黒褐色の平べったいあるいは盛り上がった皮膚病変となることが多いのですが、色がついてないことも口腔、外陰部などの粘膜や眼の結膜などに生じることもあるようです!

  • 皮膚を構成している細胞のなかに、メラニン色素を産生する細胞があり、これを色素細胞(メラノサイト)と呼びますが、この細胞ががん化したものが悪性黒色腫です。
    出典 :悪性黒色腫|慶應義塾大学病院 KOMPAS
  • 悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ、メラノーマ、malignant melanoma)とは、皮膚、眼窩内組織、口腔粘膜上皮などに発生するメラノサイト由来の悪性腫瘍である。
    出典 :悪性黒色腫 - Wikipedia
  • 原因

  • 発生頻度に人種差がみられ(多い順で白人、黄色人種、黒人)、露光部の発症が多いことから、日光紫外線、とくに中波長紫外線の関与が指摘されています。また、足の裏や指(趾)の爪部(そうぶ)などに生じることから、くぎを踏んだ、ドアに指をはさんだなどの外的刺激もその誘因と考えられています。
    出典 :悪性黒色腫 - goo ヘルスケア
     

    足の裏にもできるのですね

  • 皮膚の悪性黒色腫は通常、黒く「ほくろ」のようにみえるので、「ほくろのがん」と言った方が理解しやすいと思いますが、通常の良性のほくろは簡単に悪性に変化するものではないと考えらています。しかし、一般の方が良性のほくろと思っているもののなかに、悪性黒色腫の始まりのものがあることもあります。
    出典 :悪性黒色腫|慶應義塾大学病院 KOMPAS
     

    通常のほくろが悪性になるわけではないのですね

  • 正確な発生原因は不明であるが、表皮基底層部に存在するメラノサイトの癌化によって生じてくるのではないかと考えられている。
    出典 :悪性黒色腫 - Wikipedia
  • 症状

  • 悪性黒子型  高齢者の露光部、とくに顔面に好発します。黒褐色の斑状皮疹として初発し、徐々に拡大したあとに盛り上がりを生じてきます。
    末端黒子型  ほくろのがんといえば足の裏や指先が連想されるほど日本では最多病型です。
    出典 :悪性黒色腫 - goo ヘルスケア
  • 症状

     

    表在拡大型
    白人では最も多くみられる病型で、比較的若年者にも生じ背部や下肢などに好発します・・・
    日本でも最近本病型の増加がいわれています
    生活様式の変化やオゾン層破壊に伴う紫外線照射量の増加などが指摘されているようです

  • 結節型  日本では末端黒子型に次いで多い病型であり、しみ出しなどはなくドーム状に盛り上がっています。ほかの3つの病型ではまず表皮に沿って水平方向に、その後垂直方向に増殖していくのに対し、本病型では水平方向の拡大がみられないため、見た目には小さくても意外と進行していることがあります。
    出典 :悪性黒色腫 - goo ヘルスケア
  • 治療法

  • 治療の主体は手術療法です。
    出典 :悪性黒色腫 - goo ヘルスケア
  • 基本的に病期(病気の進み具合)に合った治療方針で行います。
    出典 :悪性黒色腫|慶應義塾大学病院 KOMPAS