ボディの角質ケア しっかりやれば、美白やスリミング効果もUPする!

美白やスリミング効果のある化粧品を使っている場合、ボディの角質ケアをしっかりしていないと、効果が期待できないそう。角質があると、それが邪魔して浸透力を弱めてしまうから。
美白や引き締め効果の化粧品を塗るのなら、まずは溜まった角質を除去してから使った方が良いみたい。

view208

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 角質ケアの利点として、保湿、美白、スリミングといった後のケアの浸透がよくなる点も見逃せません。
    出典 :角質ケアの基本知識と方法 [ボディケア] All About
     

    角質を除去してからスキンケアを使うと、そのスキンケア商品の浸透率が高まるのだそうです。

  • 身体に角質ができる理由

  •  

    肘に角質がたまると、こんな風に黒ずんだりしますよね。

  •  

    膝も黒ずみや乾燥が気になりますよね。

  • ひざやひじは他の肌と比べて毛穴や皮脂腺の数が少なく、汗や皮脂があまり出ないうえに、ほおづえをついたりひざを床につけたりと、日常の動作の中で刺激を受けやすいため、皮膚の防御作用により角質が厚くなる傾向に。結果、ガサガサしたり、ゴワついたり、黒ずみが出やすくなるというわけです
    出典 :角質ケアの基本知識と方法 [ボディケア] All About
     

    摩擦や刺激から守ろうとして、皮膚がごわついてくるのですね。

  • かかとの角質は、理由が3つあります。

  • 靴下やストッキングでの摩擦、素足にサンダルなどで水分が奪われることで、どんどん角質が分厚くなってしまうのです。この古い角質を残したままにしておくと、内側の水分を含んだ新しい細胞が上に上がることができず、乾燥がさらに進み角質が分厚くなってしまうもの。最悪の場合は、乾燥した餅のようにひび割れた状態に
    出典 :角質ケアの基本知識と方法 [ボディケア] All About
     

    2つ目は「乾燥」です。
    かかとの角質は、乾燥も原因なのですね。

  • かかと 水虫は、角質増殖型水虫と呼ばれる別名、角質増殖型足白癬という水虫の種類です。足の裏全体がカサカサし、シワが発生し白い粉が吹いた症状がでたりします。かかと 水虫は、かかとの角質の厚い部分を中心に症状が広がり、乾燥すると、画像のようなひび割れが発生します。
    出典 :水虫は、かかと予防からはじめる
     

    3つ目は「かかと水虫」です。
    かかとの角質は、「かかと水虫」の可能性もあるのです。

  • ボディの角質ケア方法

  • 厚く硬くなっている角質をほぐして落とし、乾燥させないようにすることが大切です。それには、入浴のときに長めに浴槽に浸かり、ひざ・ひじ・かかとの皮膚をやわらかくするとよいでしょう。また皮膚がやわらかな状態になったら、スクラブ入りのボディケアクリームなどを使い、くるくる円をかくようにマッサージすると黒ずんだ角質層が剥がれ
    出典 :角質ケアの基本知識と方法 [ボディケア] All About
     

    くるくる円を描くようにマッサージして、黒ずんだ角質が取れたら、しっとり系クリームやオイルで保湿することが大事だそうです。
    顔のスキンケアをした時、手に残った乳液や美容液を、そのまま肘や膝に塗ってもいいそうです。

  • こんな商品も良いのだとか・・・

  • アロエコラーゲンスクラブ

     

    肌に低刺激の酸で、角質をやさしく取り除きます。

  • 肌にやさしいマルチフルーツエキスや植物性スクラブ成分が、硬くなった角質をやわらかくします。さらにアロエベラエキスの保湿効果で肌もしっとり、ガサガサ感をなくします。
    出典 :かかとのひび割れ、アロエコラーゲンスクラブで解消:かかとのひび割れ 角質除去 きれいな足に
     

    アロエには、肌の健康維持や肌を保護する力があるそうです。

  • ひじ・ひざ・かかと部分だけでなく、ボディに古い角質が溜まっていると、美白、保湿、スリミング剤の浸透が悪くなるといった悪影響が諸々出てくるので、まずは余分なものを落とすことが最優先というわけです。
    出典 :角質ケアの基本知識と方法 [ボディケア] All About
     

    角質が溜まっていると、その他のケアも効果が薄れてしまうのですね。
    無駄にならない様に、ボディの角質ケアはしっかりした方が良さそうです。