コレステロール不足とはどういった状態の事なのでしょう?

暴飲暴食、運動不足で高コレステロール状態は万病の元とされています
しかし、コレステロールは不足しても良くないという事はご存知ですか?
もっと厳密に言うと、コレステロールには2種類あり、お互いのバランスが大切なようです

view263

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 低コレステロール状態の症状

  • コレステロールには体内の細胞を作る働きがあります。このコレステロールが減少することによって細胞膜が弱くなります。その結果、脳出血が起こり脳卒中のリスクが高くなります。そのほか、ガンや呼吸器・消化器疾患、うつ病、自殺なども引き起こしやすいとの報告もあり、コレステロールとこれらの病気についての関係が注目を集めています。
    出典 :コレステロールと病気の関係 低コレステロール状態の症状 | コレステロールのこわい話
     

    コレステロールが不足してしまうと活力が削がれてしまうような感じなのでしょうか?

  • これまで高コレステロールの方が心配され、健康のために動物性脂肪を控えることが推奨されてきましたが、コレステロール摂取を減らすと、反対に体内では活性酸素を増やし、老化を促進させていたのです。コレステロールを含む食品を食べることは、肝臓の仕事を助けることにもなり、ひいては活性酸素の発生を抑えることにもなるのです。
    出典 :コレステロールと病気の関係 低コレステロール状態の症状 | コレステロールのこわい話
     

    コレステロール不足は老化の促進にもなってしまうのです

  • また最近では、女性の過剰なダイエットで栄養不足やコレステロールの減少が増えています。低コレステロールについても注意が必要だと言われてきています。
    出典 :コレステロールと病気の関係 低コレステロール状態の症状 | コレステロールのこわい話
  • 低コレステロール血症とは、血液中のコレステロール、中性脂肪、リン脂質の内、一つでも正常値以下になることを言います。低コレステロール血症の場合気をつけなければならないのは、肝機能障害と甲状腺機能亢進症です。
    出典 :コレステロールと病気の関係 低コレステロール状態の症状 | コレステロールのこわい話
     

    コレステロール不足は肝機能に悪影響を与えてしまうのです

  • 2種類のコレステロール

  • コレステロールには、その働きから、LDLコレステロールとHDLコレステロールがあります。「コレステロールが低い」と言っても、どちらのタイプのコレステロールが低いのかによって話は違ってきます。
    出典 :コレステロールが低いとどうなる?
  • コレステロールには、その働きから、 LDLコレステロールとHDLコレステロールがあります。

     

    LDLコレステロールは、体内の各細胞にコレステロールを運ぶ働きを持っています。

    これに対してHDLコレステロールは、身体の各所からコレステロールを回収する働きがありますから、

    このバランスが崩れてLDLが多くなってしまうと
    体内にコレステロールが余ってしまう状態になります。

  • LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が低い場合

  • LDLコレステロールが低すぎると、身体の各所で必要なコレステロールが足りない状態になってしまいます。コレステロールは、細胞膜を安定化させたり、ホルモンやビタミンDを形成したりする上で必要なものですから、コレステロールが慢性的に不足するとカラダの機能にも様々な不調が生じてくるでしょう。
    出典 :コレステロールが低いとどうなる?
     

    悪玉と呼ばれるLDLコレステロールも不足すると身体に不調が生じるのです

  • コレステロールが不足すると・・・

     

    精神的に不安定で暴力行為を起こしやすくなったり、
    鬱(うつ)状態になったりしやすいというデータも!
    これは、コレステロールが低いと、
    「セロトニン」と呼ばれる脳内物質が少なくなるためです

  • HDLコレステロール(善玉コレステロール)が低い場合

  • HDLコレステロールは、体内で余ったコレステロールを肝臓に回収する役目を持っています。余った分を回収するわけですから、LDLに比べると多少多くても問題はないようです。血管壁にへばりついたコレステロールも取り除いてくれるということなので、むしろ、低いほうが問題です。
    出典 :コレステロールが低いとどうなる?
     

    HDLコレステロールが不足すると、動脈硬化などの各種疾患が懸念されるわけです

  • これが一般的に知られている、いわゆる高コレステロール状態です。
    肥満や運動不足が原因となり、動脈硬化などの要因になります

  • HDLコレステロールが低い原因は、食事のバランスや運動不足、肥満、タバコなど。まずは、手っ取り早くウォーキングから始めてみませんか?最も簡単かつ効果的な有酸素運動になりますので、コレステロールの改善効果はもちろんダイエット効果も期待できますよ♪
    出典 :コレステロールが低いとどうなる?
  • 大切なのはHDLとLDLのバランスなのです!

     

    総コレステロール量とHDLコレステロールを調べて、
    HDLが多い分には総コレステロールが高くても問題ないと判断されます。

    HDLコレステロールが低いようなら、
    少し上げて基準値に戻す努力をしましょう!