ウイルス感染症!子供は注意!麻疹!

麻疹のウイルス感染症で、感染力が極めて強いので
死亡してしまう事も!
そんな麻疹をご紹介

view191

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 麻疹とは?

  • 麻疹ウイルスによる急性熱性発疹性のウイルス感染症です。感染力が極めて強く、死亡することもある重症の感染症です。日本を含めた世界保健機関(WHO)西太平洋地域では、2012年までに麻疹を排除することを目標に決めています。
    出典 :麻疹(はしか) - goo ヘルスケア
  • 空気感染、飛沫(ひまつ)感染、接触感染、いずれの方法によっても感染し、好発年齢は1歳代が最も多く、次いで6〜11カ月、2歳の順です。近年、成人麻疹の増加が問題となっており、10〜20代での発症が多く報告されています。
    出典 :麻疹(はしか) - goo ヘルスケア
  • 感染の仕方は?

  • 感染のしかた

     

    「麻疹ウイルス」の感染によって人から人にうつり、39℃以上の高熱が1週間以上続き、紅い発疹が出現、時には合併症で本邦でも死亡することがある小児では重要な急性感染性です。感染性が著しく高く、また、感染するとほとんどの例が発病すると言われています。

  • 特に、冬、春に流行し、乳幼児の発病が目立ちますが、一般に出生後早期(4~6ヶ月まで)は、母胎からの免疫があるため、発病しません。
    出典 :麻疹
  • 症状はどのようになる?

  • 感染して約10日の潜伏期後に、まず熱と鼻水、せき、目やになどかぜと似た症状が出ます。発熱3~4日目から体に赤い発しんが出て、口の中に「コプリック斑」と呼ばれる麻しん特有の白いブツブツがみられます。高熱は7~10日間くらい続きます
    出典 :麻疹(はしか) - Know VPD!
  • ふつうのかぜの熱とはまったく違うので、その間はたいへんつらいものです。熱が下がっても、3日経つまでは登園、登校ができません。麻しんは、年齢にかかわらず重症になることがあります。特に妊娠中は大きな問題になります。
    出典 :麻疹(はしか) - Know VPD!
  • 重症化すると・・・

  • 合併症を起こしやすく気管支炎、肺炎、脳炎などが約30%の人におこり、肺炎や脳炎で亡くなる人も多数います。どの年齢でも重症になります。2001年の流行の時は、約30万人がかかり、80名前後が死亡したと推定されています。
    出典 :麻疹(はしか) - Know VPD!
  • 昔、麻しんは「命定め(いのちさだめ;麻しんにかかったら、生きるか死ぬかわからないということ)」と言われました。医学が進み栄養状態がよくなった現在でも、根本的な治療法がないので「命定め」の病気であることに変わりはありません。
    出典 :麻疹(はしか) - Know VPD!
  • 治療と予防方法は

  • ワクチンを接種して発症そのものを予防することが最も重要です。接種時期は、1歳になったらできる限り早く接種することが望まれます。日本では、2006年からMR(麻疹・風疹混合)ワクチンが広く使用されるようになり、2006年6月からは、1歳児と小学校入学前1年間の幼児を対象とした2回接種制度が始まっています。
    出典 :麻疹(はしか)| 感染症 - Yahoo!ヘルスケア
     

    必ず受けるようにしてくださいね

  • 定期接種に導入される

     

    また、2007年の全国的な麻疹流行は10~20代が中心であったため、国の麻疹対策が大きく変わりました。2008年度から5年間の時限措置として、10代の者への免疫強化を目的に、中学1年生と高校3年生相当年齢の者に対する2回目の予防接種(原則としてMRワクチン)が、予防接種法に基づく定期接種に導入されました。