高血圧にいい飲み物はこれ!

高血圧にいい飲み物と聞いては試している健康マニアなアナタ。それって本当に効いていますか?身近なところにあって本当に高血圧にいい飲み物をどどんとご紹介します。

view124

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高血圧にいい飲み物は、実はとっても私たちの身近なところにありました。

  • 緑茶は、血圧を上昇させる働きがある酵素を抑制する事が出来ると言われています。
    普段から飲みやすい飲料ですし、コンビニ等でも気軽に購入する事が出来るでしょう。
    出典 :高血圧に良い飲み物を紹介!
     

    えぇ、まさかの緑茶です。日本の心は高血圧にいい飲み物でもあったのです。

  • そもそも高血圧ってどんな人がなりやすい?

  • ■遺伝
    近親者に高血圧の人がいると、高血圧になりやすいと言われます。
    高血圧になりやすい体質は遺伝するということです。
    出典 :高血圧の原因|高血圧の治療改善マニュアル
  • ◇塩分の摂り過ぎ
    高血圧の最大の原因は「ナトリウム(塩分)の摂りすぎ」です。
    塩の主成分であるナトリウムは体内で水分を貯留させるので、血液中の水分量が増えます。
    血液量が増えると血管の内圧が上がり血圧が上昇します。
    出典 :高血圧の原因|高血圧の治療改善マニュアル
  • ◇喫煙
    喫煙は少量であっても百害あって一利なしです。たばこを吸うとニコチンが体内に取り込まれます。
    体内に入ったニコチンは副腎を刺激し、血圧を上げるホルモンを分泌させます。
    出典 :高血圧の原因|高血圧の治療改善マニュアル
  •  

    運動不足や過度の飲酒も血圧を上昇させてしまうようです。適度な運動は精神的にもGOOD!

  • 食生活も大事です!

  • 身近な食品にも注意を向けて!

     

    普段当たり前のように摂取している調味料も取りすぎは塩分過多の原因になります。

  • インスタントラーメンやそばなどの麺つゆやスープ類。
    みそ、しょうゆ、ソースなどの調味料。
    加工食品には意外と塩分が入っています。
    塩辛、干物などの塩蔵品や漬物・佃煮。
    出典 :高血圧の飲み物と食事について
     

    日常的に摂取している食品って意外と盲点になっていませんか?

  • レモンやお酢、香辛料、風味のある、海苔や鰹節などを利用すると塩分が少量でもおいしくいただくことが出来ます。
    特に、お酢は、血液をさらさらにする効果もあるので毎日食べるといいですね。
    出典 :高血圧の飲み物と食事について
     

    そうはいっても、美味しくなければ食事じゃない!一工夫で塩分は抑えられるのですね。ダイエットにもよさげじゃないですか?

  • また、トマトケッチャプは、和食の調味料と比べて塩分は控えめになっていますので、上手に活用すると良いでしょう。
    煮物、味噌汁などは、だしをきかせて塩分を控えめにしていただきましょう。
    出典 :高血圧の飲み物と食事について
  • 高血圧だからといって、特別な飲み物を飲む必要はありませんが
    おススメなのは、お酢が入った飲み物です。
    リンゴ酢、ブドウ酢、もろみ酢、黒酢、など血液をサラサラにしてくれます。
    出典 :高血圧の飲み物と食事について
     

    お酢も最近ではスーパーに行けば、いろんな味の商品が出ていますよね。試してみる価値ありですね。

  • まず、姿勢を正した時に頭のてっぺん中心にある「百会(ひゃくえ)」というツボ。
    この百会というツボは血圧を下げるだけでなく、自律神経を整え、頭痛、不眠などにも有効です。
    出典 :高血圧とツボ | 高血圧のつきあい方
     

    これならテレビ見ながらでもできる~!

  • ほおっておくと怖い、高血圧。

  • ●動脈硬化の促進
    傷ついた血管にコレステロールが付着し、内腔が狭くなって血流が悪くなったり、血の塊(血栓)ができる。すると、脳梗塞や狭心症、心筋梗塞が起こったり、高血圧性網膜症、腎機能低下、腎不全、下肢の動脈硬化がゆっくり進行。
    出典 :高血圧 | 高血圧を放っておくと、どうなるの? : 予防・治療 - セルフドクターネット
  • ●血管の破綻
    高い血圧によって大動脈が急に裂ける。すると、脳出血、クモ膜下出血が突然、発症する。
    出典 :高血圧 | 高血圧を放っておくと、どうなるの? : 予防・治療 - セルフドクターネット
     

    高血圧は「サイレントキラー」と呼ばれているほど、自覚症状がない場合も。不調を見逃して手遅れにならないように、しっかりと身体の声に耳を傾けたいですね。